大型美術館相次ぎ開館

記事番号:03548
年月:1983年11月

3日東京都八王子市に東京富士美術館(館長宮島宗男)が、13日石川県金沢市に石川県立美術館(館長槻木慶雄)が、18日山口県下関市に下関市立美術館(館長財津永次)が開館した。いずれもゆったりしたスペースを持つ大型館で、東京富士美術館は「近世フランス絵画展」を皮切りに全世界との文化交流を目指し、石川県立美術館は地方色豊かな美術館を理想に掲げ「花鳥風月展」でスタート。下関市立美術館は同地出身の近代日本画家狩野芳崖の顕彰を柱に掲げており、開館展は「海・そのイメージと造形」展。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top