最古の源氏物語?風絵発見

記事番号:03545
年月:1983年10月

福井県武生市の旧家に残っていた源氏物語の?風絵が、これまで源氏物語の大作としては最も古いとされていた狩野永徳の天正8年(1580)作の襖絵より2~30年遡る最古のものであることが、美術史家源豊宗ほかの調査により、17日までに明らかとなった。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top