北斎晩年の肉筆大作「弘法大師修法図」発見

記事番号:03543
年月:1983年10月

空海開創とされ火伏せ大師として知られる東京足立区の西新井大師で、北斎最晩年の肉筆大作「弘法大師修法図」が見つかった。無落款だが、150×240糎の一枚すきの和紙に描かれた大作で、明治期の刊行書に掲載された後埋もれたままになっており、今回北斎研究家永田生慈の指摘によって明らかとなったもの。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top