法隆寺で平安後期の「法華曼荼羅」発見

記事番号:03536
年月:1983年08月

昭和の資財帳づくりのため寺宝類の調査が行なわれている法隆寺で、未調査の宝物の中から24日までに、平安時代後期の「法華曼荼羅」をはじめとする貴重な文化財が、奈良国立博物館の調査で次々に明らかとなった。この「法華曼荼羅」は保存も極めてよく、同種のものとしては最古の部類に入る。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top