中国の絵画展

記事番号:03475
年月:1982年10月

ボストン美術館、フリア・ギャラリーと並びアメリカでの東洋美術部の充実を誇るクリーブランド美術館、ネルソン・ギャラリーから、それぞれ183件、98件の作品を借りて東京国立博物館で催された「中国絵画展」(5日―11月7日)は周代から清代までの中国絵画の流れを概観させ、殊に宋代以降の展観は日中の絵画評価の違いを暗示し、見ごたえのあるものとなった。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top