正倉院展22年ぶりに東京で開催

記事番号:03403
年月:1981年10月

毎年秋に奈良国立博物館で開催されている正倉院展が、本年は昭和天皇の満80歳を記念して22年ぶりに東京で開催され、初公開18点を含む154点が31日から11月25日まで東京国立博物館に展示された。一方奈良国立博物館では、現在東京国立博物館の所蔵となっている法隆寺献納金銅仏57?と付属光背34面が、30余年ぶりに奈良へ里帰りし、これに法隆寺の宝物を加えた「法隆寺献納金銅仏」展が、18日より11月23日まで新館で開催された。また同博物館の本館では、9月から10月にかけてアメリカで行われた「法隆寺宝物展」の国内展が、11月10日から11月23日まで開催され、法隆寺の宝物多数を一度に鑑賞できる好機となった。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top