日本建築学会大賞決定 

記事番号:03317
年月:1980年05月

1980年日本建築学会大賞は福山敏男(「日本建築史の研究による建築学および関連史学への貢献」)が受賞、また1979年度日本建築学会賞第一部(論文)には加賀秀治、筧和夫、狩野芳一、中沢康明、野中泰二郎が決定した。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top