彫刻の森美術館開かれる

記事番号:02819
年月:1969年08月

神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平に建設中であった財団法人彫刻の森美術館(会長植村甲午郎)がこのほど完成し、8月1日午後2時半、開館式が行なわれた。山の斜面を切り開いた3万3千平方メートルの敷地を造成、彫刻家井上武吉、設計家古島一雄両氏の協力設計による屋外展示場と室内展示館を中心とした彫刻公園で、開館記念展として国内外の作家の招待・コンクールによる「第1回現代国際彫刻展」と、「日本にあるヨーロッパ近代彫刻展」が開催され、国際展部門の最高大賞に堀内正和作<立方体の二等分>、準大賞にアメリカ在住の女流作家エスコバー・マリソール作<三つの大像>が選ばれた。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top