東京国際版画ビエンナーレ受賞決定

記事番号:02783
年月:1968年11月

東京国立近代美術館主催の第6回東京国際版画ビェンナーレ展の最高賞である国際大賞(40万円)が5日野田哲也「日記68年8月22日」に決った。東京国立近代美術館賞(30万円)は永井一正、京都国立近代美術館賞(30万円)は西ドイツのアルミール・マビニエール、国際文化振興会会長賞(30万円)がアメリカのジェームス・ローゼンクイストに決定した。審査委員長山田智三郎、審査員はセルツ、サンドベルク他であった。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top