神戸須磨離宮公園現代彫刻展

記事番号:02775
年月:1968年10月

神戸市、日本美術館企画協議会、朝日新聞社主催のビェンナーレ形式の第1回野外彫刻展が1日より11月10日まで須磨離宮公園で開かれた。出品者は招待制で今年の課題は「夜(光)と彫刻」「風と彫刻」「水と彫刻」で33名の作家が出品し、会場構成大高正人、照明藤本久徳が担当し、大賞は飯田善国の「ミラー・オン・ザ・コンストラクション」に与えられた。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top