藤田嗣治追悼展

記事番号:02769
年月:1968年09月

本年歿したレオナルド・藤田嗣治の国際的な回顧展が朝日新聞社の主催で東京・セントラル美術館(7日―10月20日)、京都市美術館(10月24日~11月24日)で開かれた。藤田は近代日本ではじめて国際的な評価をえた作家であったが、1910年の初期の作品から晩年の作品まで122点を展示し、とくにランスのフジタの礼拝堂作品のカラー写真による紹介も行なわれた。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top