法隆寺国宝保存委員会委員決る

記事番号:01132
年月:1949年09月

昭和九年以来の法隆寺国宝保存事業部は失火を機会に改められ、民間団体である法隆寺国宝保存委員会に一切がまかせられることとなつた。二八日同会委員として藤島亥治郎村田治郎上野直昭藤田亮策有光次郎が決定し、一〇月一日より発足。委員長は有光次郎、顧問として伊東忠太細川護立羽田亨があげられた。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top