新重要美術品認定

記事番号:01048
年月:1948年10月

一〇日開かれた重要美術品等調査委員会で絵画一四件、彫刻七件、文書典籍一一四件、刀剣一七件、刀剣附属小道具一三件、工芸及考古学資料四一件、建造物一七件、合計二二三件の新重要美術品等の認定が可決され、一三日文部省から発表された。新重要美術品には狩野探幽の臨画帖・足利義持の寒山図・本阿弥光悦筆立正安国論などがある。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top