新京美術院の催

記事番号:00857
年月:1944年07月

新京美術院は日本美術文化の紹介のため昨年青竜社員の日本画制作を満州に紹介したが、第二回として現代日本油絵技術の趨勢を紹介することになり、和田英作藤田嗣治等二十数名に依嘱した新作を送り、七月から新京哈爾賓で展示会を催した後、関東軍に納めることとなつた。なお同院は四月初旬第三回留日研究生の成績展示会を催し、それらの作品も満州に送って七月から新京、哈爾賓、奉天、大連の諸都市を巡回展示することになつた。 小室翠雲金山平三中沢弘光梅原竜三郎安井曽太郎南薫造朝倉文夫平櫛田中

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top