興亜造形文化連盟結成

記事番号:00782
年月:1942年11月

日華両国の工芸、建築其の他の造形運動の連絡提携を図り、以て中華民国の造形文化を指導振興し、延て東亜諸国の生活文化の連絡に資する為日華両国の工芸家、興亜院、商工省の間に国策的な文化団体結成の計画が進められてゐたが、藤山愛一郎を会長として興亜造形文化聯盟が創立され、四日丸の内大東亜会館に於て結成披露会を行つた。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top