工芸美術輸出報国会結成

記事番号:00478
年月:1939年04月

優れた工芸品の輸出振興による報国を目的とし、大阪の工芸作家らによつて工芸美術輸出報国会が結成され、四月十七日創立総会が行はれた。発起人は山本笙園、黒岩淡哉、越田尾山、中島豊次、島野三秋、大国寿郎、安原祥窓、入江来布、杉田禾堂、柴崎風岬の十名、会員約三十名である。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top