日独文化協定公布

記事番号:00407
年月:1938年11月

日独両国間の文化的協力に関する協定が十一月二十五日東京で調印され同二十六日附官報を以て公布された。協定は左の四条よりなる。 第一条 締約国ハ其ノ文化関係ヲ堅実ナル基礎ノ上ニ樹立スル為努力スベク相互ニ右ニ付最モ緊密ナル協力ヲ為スベシ 第二条 締約国ハ前条ノ目的ヲ達成スル為学術、美術、音楽、文学、映画、無線放送、青少年運動、運動競技等ノ方面ニ於テ両国ノ文化関係ヲ組織的ニ増進スベシ 第三条 前条ノ規定ノ実施ニ必要ナル細目ハ締約国ノ権限アル官憲間ニ於テ協議決定セラルベシ 第四条 本協定ハ署名ノ日ヨリ之ヲ実施スベク締約国ノ一方ハ十二月前ノ予告ヲ以テ本協定ヲ廃棄スルコトヲ得  尚調印と同時に発表された外務省声明によれば、本協定に即応し両国の権限ある官憲に於てとりあへず協議方考慮せらるべき事項は左の通りである。  一、日独文化聯絡協議会設置、二、文化施設の維持、拡充、三、学校教員の任命、四、政府派遣留学生に対する便宜供与、五、教授学生交換、六、青少年団による交驩、七、独逸における日本の学校及日本に於ける独逸の学校に対する好意的措置、八、図書雑誌交換l、九、芸術文化交換、一〇、映画交換、一一、交換放送、一二、運動競技等による交驩

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top