新「晨鳥社」結成

記事番号:00404
年月:1938年11月

西村五雲門下の晨鳥社は五雲急逝の為同画塾解散のやむなきに至つたが、同人協議の結果その精神を体して新に晨鳥社を興し、山口華楊、前田萩邨及び西村卓三の三名を総務とし常務員その他の役員を選任して画壇に活動することになり、十一月九日挨拶状を発した。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top