「模型千円札事件」で美術評論家が特別弁護人に

記事番号:02665
年月:1966年08月

昨年11月1日東京地検から起訴された前衛画家・赤瀬川原平被告の「模型千円札事件」に関する第1回公判が10日午前10時30分から東京地方裁判所第701号法廷で開かれ、この公判には美術評論家・滝口修造、中原佑介が特別弁護人として「芸術表現の自由」をめぐって啓蒙的意見を陳述し弁護した。

登録日: 2014年04月11日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top