愛知県立芸術大学開校

記事番号:02642
年月:1966年04月

昨年から工事にかかっていた愛知県立芸術大学(上野直昭学長)が名古屋市の中心部から東へ約10粁の静かな丘陵地、愛知県愛知郡長久手村三ケ峯に広がる約33万平方米のキャンパスに立派な校舎が完成した。第一期工事として延べ約2千平方米の講義棟、それに音楽棟として鉄筋二階建の演奏室(3室)と四階建のレッスン室(6室)個人練習室(9室)など延べ約2千平方米。美術棟はアトリエ(8室)と研究室(同)が三むねに分かれ約千2百平方米、4億5千万円がつぎこまれた。この設計には東京芸大の吉村順三教授があたった。平均8.5倍の激しい競争で選ばれた第1回の入学生は、美術学部、音楽学部合わせて158名。その入学式が22日に行なわれた。3年後には600人の学生に、教授、助教授48人、助手18人の全スタッフがそろうことになっている。

登録日: 2014年04月11日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top