丹下健三にIOCから授賞

記事番号:02554
年月:1964年10月

IOC(国際オリンピック委員会)のブランデージ会長は、東京オリンピックの代々木総合体育館の設計者丹下健三に「オリンピック・デイプロマ・メリット」(功績者証)を贈ると19日発表した。なお東京都に「オリンピック・カップ」、日本オリンピック委員会に「ボナコツサ伯トロフィー」を同時に贈ると発表し、異例の同時三賞を贈るに価いした本大会の準備、運営面の功績をたたえると共に、とくに芸術展示の成功を激賞した。

登録日: 2014年04月11日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top