額田廃寺の発掘調査

記事番号:02546
年月:1964年08月

三重県桑名市の額田廃寺の発掘調査がこの春と夏の2回行われ、その結果、創建は法隆寺よりも早いものと考えられるに至つた。この地にたまたま分譲住宅がつくられることになったために、地元の三重大学、桑名市文化財調査会、及び奈良国立文化財研究所が、世論に訴えて工事を延期させ、この度の発掘調査となったもの。

登録日: 2014年04月11日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top