西寺跡の発掘調査

記事番号:02511
年月:1963年12月

奈良国立文化財研究所が12月、京都市南区唐橋にある西寺の第3回発掘調査を行なつた結果、規模、伽藍の大きさ、創建時代において、東寺とほぼ同じであることが確認された。

登録日: 2014年04月11日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top