文化財保護委員会委員長の後任決定

記事番号:02268
年月:1961年02月

文化財保護委員会委員長は、昭和35年7月河井前委員長の死去以来、矢代幸雄委員がその職務を代行してきたが、2月20日河原春作が新に文化財保護委員会委員に任命され、更に同24日、文化財保護法第12条第1項の規定により委員長に互選された。河原新委員長は、文部次官、重要美術品等調査委員会々長、文理科大学長、大妻女子大学長などを歴任現在に及んだ。

登録日: 2014年04月11日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top