「安井記念賞」設定

記事番号:01857
年月:1956年12月

安井曽太郎の業績をながく記念する事業の一つとして、「安井曽太郎記念賞」が設定された。これには、安井曽太郎遺作展の純益の一部が当てられるもので、優秀作品を発表し将来有望とみられる新進洋画家一名に対し、正賞時計一個、副賞二○万円が贈られる。来年から実施され、故人の命日の一二月一四日に受賞者を発表し、運営は日本美術家連盟会長前田青邨、国立近代美術館々長岡部長景ほか六名の運営委員があたり、受賞者選考には別に選考委員をきめる。

登録日: 2014年04月11日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top