飛鳥寺第二次発掘

記事番号:01852
年月:1956年11月

五月に引続き二○日から開始された飛鳥寺発掘は着々成果をあげ、今回は東金堂、中門、南大門等の規模がほぼ明らかとなつた。

登録日: 2014年04月11日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top