「田中一村 新たなる全貌」展開催

記事番号:05043
年月:2010年08月

生前はほぼ無名ながら、歿後にテレビ番組で紹介され一躍脚光を浴びた日本画家田中一村(1908-1977)の回顧展が、21日から9月26日まで千葉市美術館で開催された。奄美大島に在住し、南国特有の動植物を濃密に描いた晩年の作品群に評価が偏りがちだった一村の画業を、初期の作品や資料から検討し再顕彰する企画として注目を集めた。同展は鹿児島市立美術館(10月5日-11月7日)、田中一村美術館(11月14日-12月14日)に巡回した。

登録日: 2014年09月17日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top