第三回サンパウロ国際美術展開く

記事番号:01728
年月:1955年07月

ブラジルサンパウロに於ける第三回ビエンナーレ展は二日から開催され、日本からも脇田和山口長男、荒井竜男、岡田謙三植木茂昆野恒恩地孝四郎棟方志功等八作家五〇余点が出品された。なお版画部門で棟方志功の「湧然する女者達々」がメタルルジカ・マタラツツオ賞を受けた。

登録日: 2014年04月11日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top