「ハイレッド・センター 『直接行動』の軌跡」展の開催

記事番号:05200
年月:2013年11月

9日より名古屋市美術館で「ハイレッド・センター 『直接行動』の軌跡」展が開催された(12月23日まで)。1960年代の高度経済成長期において、高松次郎赤瀬川原平、中西夏之による、既成の芸術の枠組みを遥かに超えて日常性に揺さぶりをかけた行動の軌跡を、当時の文献資料や記録写真を中心に紹介した。同展は渋谷区立松濤美術館(2014年2月11日~3月23日)に巡回した。

登録日: 2016年09月05日
更新日: 2016年09月05日 (更新履歴)
to page top