日本芸術院賞受賞者決定

記事番号:05173
年月:2013年03月

日本芸術院(院長:三浦朱門)は19日、2012年度の芸術院賞受賞者を発表した。第一部(美術)で槇文彦(建築、「名古屋大学豊田講堂」の設計に対して)が恩賜賞・日本芸術院賞を、同部門で能島和明(日本画、日展出品作「鐘巻(黒川能)」に対して)、佐藤哲(洋画、日展出品作「夏の終わりに」に対して)、寺地静人(工芸、日展出品作「富貴想」に対して)が日本芸術院賞を受賞した。

登録日: 2016年09月05日
更新日: 2016年09月05日 (更新履歴)
to page top