「ラファエロ」展の開催

記事番号:05169
年月:2013年03月

2日より国立西洋美術館で「ラファエロ」展が開催された(6月2日まで)。イタリア・ルネサンスを代表する画家ラファエロ・サンツィオの日本で初めての展覧会で、「大公の聖母」(フィレンツェ、パラティーナ美術館蔵)をふくむ23点のラファエロ作品、およびその師と継承者の作品が展示された。なお同展の他にも、「レオナルド・ダ・ヴィンチ展 天才の肖像」(東京都美術館、4月23日~6月30日)、「ミケランジェロ展 天才の軌跡」(福井県立美術館、6月28日~8月25日。国立西洋美術館、9月6日~11月17日)が「日本におけるイタリア2013」の一環として開催された。

登録日: 2016年09月05日
更新日: 2016年09月05日 (更新履歴)
to page top