空チユーブ献納

記事番号:00283
年月:1937年12月

鈴木千久馬の主宰する四元荘では美術家報国運動として絵具の空チユーブを集めてゐたが、南京陥落を一段落として之を打切り、全国洋画家百六十四名から集つた五十三貫余の売上総額五百五十余円を、十二月十一日陸軍省に献納した。

登録日: 2014年04月11日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top