本データベースは、当研究所が所蔵する中村傳三郎旧蔵資料の目録です。中村は1947年に当研究所の前身である美術研究所に入所した後、1978年の退官まで32年間にわたって日本近代美術、とくに明治以降の彫刻史研究に従事し、また同時代美術の動向調査や批評を展開し、作家の創作活動にも大きく寄与した人物です。

 資料の総数は537点(書架約4.5m)で、1)碌山美術館出版物・碌山美術館関係資料、2)荻原碌山関係資料、3)新海竹太郎関係資料、4)高村光雲・光太郎・豊周関係資料、5)二科会七〇年史関係資料、6)美術研究所・東京国立文化財研究所関係資料、7)開国百年記念文化事業会関係資料、8)「日本金属造形作家展」関係資料、9)その他の資料、10)作家提供資料に分類され、いずれも近現代彫刻史研究の重要な資料です。

about download
categories

番号 資料名 分類1 分類2 注記
A0217 [封筒]美術研究所岡畏三郎書簡(5月10日) [白封筒]東京国立文化財研究所
A0218 [資料]『日本美術年鑑』復活のお報せ [白封筒]東京国立文化財研究所
A0219 [資料]「近藤光紀」物故記事原稿 [白封筒]東京国立文化財研究所
A0216 [リーフレット]第2回魚々会展 1963.10.7-12 中央公論画廊 [白封筒]東京国立文化財研究所
A0213 [リーフレット]黒田清輝展出品目録 [白封筒]黒田清輝展―2015年10/8[…]
A0214 [写真]集合写真1枚 [茶封筒]○東文研での写真
A0215 [封筒]中村室長殿 [白封筒]東京国立文化財研究所
A0212 [リーフレット]黒田清輝展案内 [白封筒]黒田清輝展―2015年10/8[…]
to page top