本データベースは、当研究所が所蔵する中村傳三郎旧蔵資料の目録です。中村は1947年に当研究所の前身である美術研究所に入所した後、1978年の退官まで32年間にわたって日本近代美術、とくに明治以降の彫刻史研究に従事し、また同時代美術の動向調査や批評を展開し、作家の創作活動にも大きく寄与した人物です。

 資料の総数は537点(書架約4.5m)で、1)碌山美術館出版物・碌山美術館関係資料、2)荻原碌山関係資料、3)新海竹太郎関係資料、4)高村光雲・光太郎・豊周関係資料、5)二科会七〇年史関係資料、6)美術研究所・東京国立文化財研究所関係資料、7)開国百年記念文化事業会関係資料、8)「日本金属造形作家展」関係資料、9)その他の資料、10)作家提供資料に分類され、いずれも近現代彫刻史研究の重要な資料です。

about download
categories

番号 資料名 分類1 分類2 注記
A0211 [封筒]児島千代封筒(1983年12月14日鉛筆書き) [白封筒]二科会七〇年史作成関係
A0210 [封筒]田畑一作書簡(1962年3月18日消印) [白封筒]二科会七〇年史作成関係
A0207 [ノート]二科会七〇年史関係昭和56年11月-昭和60年8月 [白封筒]二科会七〇年史作成関係
A0208 [封筒]菊池一雄書簡(1984年4月9日消印) [白封筒]二科会七〇年史作成関係
A0209 [封筒]関きん書簡(1976年7月12日消印) [白封筒]二科会七〇年史作成関係
to page top