文展・帝展時代

 明治40(1907)年、日本初の官立展である文部省美術展覧会(文展)が開設される。フランスのサロンを手本とした同展の発足に際し、黒田清輝は建白書を文部省に提出、審査員の選考に当たるなど大きく関与した。開設後も審査員を歴任し、大正8(1919)年文部大臣の管理下に帝国美術院が創設されると会員に任命、同11(1922)年には院長となり美術行政家としての役割を担うことになる。その他にも洋画家として初めての帝室技芸員を復命(明治43(1910)年)し、大正9(1920)年には貴族院議員になるなど、その後半生はもっぱら公人として多忙な日々を送っている。


平河町庭 / Garden in Hirakawa-cho
1917
/ 14.0 x 18.5 cm
KU-a119-02
鎌倉にて / At Kamakura
1917
/ 14.0 x 18.5 cm
KU-a119-03
栗拾い / Gathering Chestnuts
1917
/ 98.3 x 67.0 cm
KU-a077
鎌倉にて(初更の田舎) / At Kamakura (Countryside in early evening)
1918
/ 14.0 x 18.0 cm
KU-a070-03
温室花壇 / Greenhouse and Flower Beds
1918
/ 44.3 x 59.4 cm
KU-a080
写生帖19号 / Sketchbook No. 19
1918
/ 10.8 x 18.2 cm / 20 枚
KU-c076-19
/ Storm
1919
/ 26.3 x 34.1 cm
KU-a083
木村翁肖像 / Portrait of Mr. Kimura
1919
/ 79.5 x 64.3 cm
KU-a128
冬枯 / Winter Scenery
1919
/ 46.0 x 38.2 cm
KU-a082
夕の原 / Field in the Evening
1919
/ 13.6 x 18.0 cm
KU-a120-02
夕の景 / Landscape in the Evening
1919
/ 13.6 x 18.0 cm
KU-a120-01
夕の梨畑 / Pear Garden in the Evening
1919
/ 13.6 x 18.0 cm
KU-a120-03
(Le Modele)モデル習作 / Model
1919
/ 29.7 x 23.0 cm
KU-b087
写生帖36号 / Sketchbook No. 36
1919
/ 10.9 x 18.3 cm / 31 枚
KU-c076-36
案山子 / A Scarecrow
1920
/ 26.1 x 34.8 cm
KU-a081
夕月 / Evening Moon
1920
/ 26.0 x 34.7 cm
KU-a084
/ Flowers
1920
/
KU-a131
森の夕日 / The Evening Sun in a Forest
1920頃
/ 33.8 x 23.7 cm
KU-a099
つつじ / Azalea
1921
/ 26.7 x 35.2 cm
KU-a085
山つつじ / Rhododendrons
1921
/ 28.0 x 38.5 cm
KU-a086