文展・帝展時代

 明治40(1907)年、日本初の官立展である文部省美術展覧会(文展)が開設される。フランスのサロンを手本とした同展の発足に際し、黒田清輝は建白書を文部省に提出、審査員の選考に当たるなど大きく関与した。開設後も審査員を歴任し、大正8(1919)年文部大臣の管理下に帝国美術院が創設されると会員に任命、同11(1922)年には院長となり美術行政家としての役割を担うことになる。その他にも洋画家として初めての帝室技芸員を復命(明治43(1910)年)し、大正9(1920)年には貴族院議員になるなど、その後半生はもっぱら公人として多忙な日々を送っている。


其日のはて(下絵)二枚 / Studies for The End of the Day
1914
/ 各22.0 x 14.5 cm
KU-c012
其日のはて(下絵)二枚 / Studies for The End of the Day
1914
/ 各22.0 x 14.5 cm
KU-c012
其日のはて(下絵)二枚 / Studies for The End of the Day
1914
/ 各22.0 x 14.5 cm
KU-c013
其日のはて(下絵)二枚 / Studies for The End of the Day
1914
/ 各22.0 x 14.5 cm
KU-c013
雲(6枚組)1 / Clouds (Panel one of six)
1914/1921
/ 26.0 x 34.5 cm
KU-a066-01
雲(6枚組)2 / Clouds (Panel two of six)
1914/1921
/ 26.0 x 34.5 cm
KU-a066-02
雲(6枚組)3 / Clouds (Panel three of six)
1914/1921
/ 26.0 x 34.5 cm
KU-a066-03
雲(6枚組)4 / Clouds (Panel four of six)
1914/1921
/ 26.0 x 34.5 cm
KU-a066-04
雲(6枚組)5 / Clouds (Panel five of six)
1914/1921
/ 26.0 x 34.5 cm
KU-a066-05
雲(6枚組)6 / Clouds (Panel six of six)
1914/1921
/ 26.0 x 34.5 cm
KU-a066-06
跡見刀自肖像下絵 / Study for Portrait of Lady Atomi
1915
/ 34.5 x 26.0 cm
KU-a110
鎌倉にて(小壺にて) / At Kamakura (Kotsubo)
1915
/ 14.0 x 18.0 cm
KU-a070-01
自画像 / Self-portrait
1915
/ 38.5 x 32.5 cm
KU-a107
松方公肖像下絵 / Study for Portrait of Marquis Matsukata
1915頃
/ 81.0 x 61.0 cm
KU-a102
鎌倉にて(菜種) / At Kamakura (Rapeseed)
1916
/ 14.0 x 18.0 cm
KU-a070-02
海辺の夏草 / Summer Grass at the Seashore
1916
/ 27.0 x 35.2 cm
KU-a076
茶休みの構図 / Composition of Recess
1916
/ 35.5 x 26.0 cm
KU-a067
西郷南洲翁像 / Portrait of General Saigo Takamori
1916
/ 38.2 x 29.4 cm
KU-c043
ラファエル・コラン像 / Portrait of Raphaël Collin
1916
/ 21.8 x 14.4 cm
KU-c061
風景 / Landscape
1917
/ 14.0 x 18.5 cm
KU-a119-01