パリからグレー=シュル=ロワンへ

 明治21(1888)年5月、黒田はパリから70キロほど離れた小村グレー=シュル=ロワンを訪れ、以後同地に親しむようになる。この、フォンテーヌブローの森の南端に位置するグレーという村は当時、アメリカや北欧から来た画家たちのコロニー(芸術家村)となっており、黒田ら異邦の画家にとってはなじみ易い環境にあったのだろう。あるいは彼らは、同じくフォンテーヌブローの森に隣接し、ミレーやコローが移り住んだバルビゾンとグレーを重ねあわせていたのかもしれない。黒田も明治23(1890)年夏よりこの村に滞在し、同地を拠点に制作を行うこととなる。


写生帖25号(Grez、夏図構図) / Sketchbook No. 25 (Composition for Summer, Grez)
1892
/ 10.5 x 16.5 cm / 46 枚
KU-c076-25
春霞(下絵) / Study for Spring Mist
1892
/ 14.3 x 32.1 cm
KU-c036
残雪 / Lingering Snow
1892頃
/ 45.7 x 36.7 cm
KU-a114
風景(グレー) / Landscape (Grez)
1892頃
/ 23.5 x 34.8 cm
KU-a022