国際シンポジウム「紛争と文化遺産-紛争下・紛争後の文化遺産保護と復興-」の開催

最近のイラクでの遺跡破壊状況について講演するイラク考古遺産庁H. O.アルマモリ部長

 文化遺産国際協力センターでは、アフガニスタン、バーミヤーン遺跡での保護活動をはじめとした紛争状況下・状況後において危機に瀕する文化遺産を保護する取り組みを行っています。近年、シリアやイラクなど内戦状況下にある国々での文化遺産の破壊も大きく報じられています。こうした状況を踏まえて、2013年10月の「シリア復興と文化遺産」、2014年6月の「シリア文化遺産の保護へ向けて」に引き続き、国際シンポジウム「紛争と文化遺産-紛争下・紛争後の文化遺産保護と復興-」を2016年1月24日に東京文化財研究所において開催しました。
 今回のシンポジウムでは、アフガニスタンおよびイラク現地において文化遺産保護に取り組んでいる専門家を両国からお招きし、これまでの両国における文化遺産保護活動、現在まさに直面している危機、そして今後求められる国際的な支援についてお話しいただきました。また、アフガニスタン、レバノン、シリア、イラク等における日本人専門家によるこれまでの文化遺産保護活動についても紹介されました。
 当日は100名を超える方々にご参加いただいたほか、各種マスコミにて本シンポジウムでの講演内容が取り上げられ、紛争下における文化遺産保護への関心の高さをうかがわせました。文化遺産国際協力センターでは今後も文化遺産を通じた国際貢献を継続していく予定です。

to page top