東文研総合システム(TOBUNKEN Research Collections)英語版の公開

東文研総合検索英語版

 企画情報部では、当所の資料閲覧室では所蔵する図書情報をはじめ、各研究部門のプロジェクトが作成するデータベースも外部へ公開し、文化財研究に不可欠な研究情報を「東文研総合システム」http://www.tobunken.go.jp/archives/より発信しております。2015年4月30日、「東文研総合システム」の英語版を公開いたしました。ページ右上の「日本語・English」のボタンで、ページを日本語版・英語版に切り替えることが可能です。
 本事業は、イギリス・セインズベリー日本藝術研究所(Sainsbury Institute for the Study of Japanese Arts and Cultures; SISJAC)と共同事業「日本藝術研究の基盤形成事業」(Shaping the Fundamentals of Research on Japanese Art)の成果の一端です。
 今回の英語版公開に伴い、具体的には、以下の点が機能追加されました。
 *「文化財関係文献」(References on Cultural Properties)への「海外関連情報(SISJAC採録)」(Japanese Art Related Information outside of Japan (compiled by the Sainsbury Institute for the Study of Japanese Arts and Cultures))の追加。
  http://www.tobunken.go.jp/archives/文化財関係文献(統合試行版)/
 これまで公開していた美術関係文献ほか5データベースに加えて、今回、SISJACが採録した海外で発表された日本美術関係文献(718件、おおむね本事業の始まった2013年以降発表のもの)が追加されました。
 *「情報の検索」の「近現代美術展覧会・映画祭開催情報」(Information on modern-contemporary art exhibitions and film festival)検索ページの追加。
 http://www.tobunken.go.jp/archives/情報の検索/近現代美術展覧会・映画祭開催情報/
 SISJACが採録した、欧米圏を中心とした海外で開催され、英語で紹介されている展覧会及び映画祭(520件、おおむね本事業のはじまった2013年以降開催のもの)を収録しています。
 なおセインズベリー日本藝術研究所との共同事業は、東京文化財研究所がインターネット上で公開している「美術関係文献データベース」に、SISJACが海外における日本芸術に関する情報を収集して公開することにより、日本国内外における日本芸術研究の基盤形成に貢献することを目的としています。今後、順次データを増やしていく予定ですので、ご活用くださいましたら幸いです。

/
to page top