第11回バーミヤーン遺跡保存専門家会議

アーヘン工科大学での講義

 東京文化財研究所と奈良文化財研究所は、UNESCO、そして国内外の研究機関と連携して、アフガニスタンにおける文化遺産の保護事業を長年牽引してきました。とくにバーミヤーン遺跡の保護活動は、ユネスコ文化遺産保存日本信託基金「バーミヤーン遺跡保存事業」を核として、アフガニスタン、そして各国の研究機関が協力して実施されており、また東京文化財研究所の運営費交付金による「西アジア諸国等文化遺産保存修復協力事業」においても最も重点的な事業となっています。
 遺跡の保存と活用の方針を議論するための専門家会議が毎年開催されていますが、本年は、ユネスコとアーヘン工科大学との共催で、12月10日から11日にかけて、アーヘン(ドイツ)で開催されました。アフガニスタン、ドイツ、フランス、イタリアの各国、およびUNESCO、ICOMOS、ICCROM、UNOPS等国際機関から専門家が参加し、日本からは、東京文化財研究所、奈良文化財研究所、武庫川女子大学から専門家が参加しました。会議では、壁画の保存や大仏の破片の保護といった継続的な課題に加えて、谷全体に分布する遺跡の現状、道路や空港整備計画についても報告が行われました。さらに、東京文化財研究所と武庫川女子大学が研究協定を結び実施した博物館施設構想についても本会議で青写真を提示し、観光開発と長期的な遺跡保護の両立にむけて、実践的な議論へと進展しました。

/
to page top