本データベースは東京文化財研究所刊行の『日本美術年鑑』に掲載された物故者記事を網羅したものです。(記事総数 2,817 件)





稲垣知雄

没年月日:1980/05/14

 国画会会員、日本版画協会名誉会員の稲垣知雄は、5月14日午後4時50分、脳シュヨウのため東京女子医大病院で死去した。享年77。1902(明治35)年9月4日東京に生まれる。1924年に大倉高等商業学校を卒業した後、恩地孝四郎、平塚運一に版画を学び、日本創作版画協会展に出品、この間「乙女橋」「黄色い花」などを発表し、32年同協会会員となった。30年12月、商業美術家協会研究所に入り、修了後図案社を開業、その後京北商業高校、広告美術学校などで教鞭をとった。戦後47年の第21回展から国画会展にも出品し、東京国際版画展やスイス・ルガーノ国際版画展など国際展への出品も多い。国際版画協会の設立メンバーで、主な作品は「歩く猫」(53年)「猫の化粧」(55年)「尾長猫」(58年)など。猫を好んで描いた

上野誠

没年月日:1980/04/13

 日本版画協会理事上野誠は4月13日午後3時15分肝硬変のため千葉県松戸市の東葛クリニックで死去した。享年70。1909(明治42)年6月7日長野県長野市に生まれ、29年長野中学校を卒業、東京美術学校に入学したが、32年に中退、木版画の制作を始めケーテ・コルヴィッツに私淑した。37年国画会第12回展の「石炭を運ぶ人」をはじめ、戦前は国画会版画部に出品した。41年鹿児島の指宿中学教諭となり、以後終戦まで教諭として岐阜県・長野県を移転、その間42年の国展に「戦況ニュース」を出品した。45年新潟県に移り、玩具デザインをするかたわら、48年第2回アンデパンダン展に「自由を求むる労働者」、51年の第4回展に「平和をかたる」等を出品、52年上京して本格的な制作活動に入り、同年第5回アンデパンダン展に「原爆展ポスター画稿」を出品、この頃より戦争や原爆の悲惨さを訴える作品を多く手がけるようになる。57年の第1回展より6回展まで出品した東京国際ビエンナーレ、アンデパンダン展、平和美術展、日本版画協会展などを発表の場として、「ケロイドの脚」(55年)、「焼けた五重塔」(57年)、「ヒロシマ三部作(男・女・鳩)」(59年)、「原子野連作A-H」(68~76年)などを発表、61年には長崎に旅行している。このような作品は海外での評価も高く、59年のライプチヒ国際書籍版画展では金賞を受賞したほか、69年モスクワ、76年ブルガリアで個展を開くなど国際的な活躍をしていた。

星襄一

没年月日:1979/06/17

 日本版画協会会員の木版画家星襄一は、6月17日肺ガンのため千葉県八千代市の自宅で死去した。享年65。1913(大正2)年9月27日、新潟県に生まれ、新潟県立六日町中学校を経て、台南師範学校に入学し渡台、卒業後13年間初等教員をつとめ、終戦後郷里へ帰り生業のかたわら版画独習をはじめ、のち上京し武蔵野美術学校西洋画科に入学、56年42歳で卒業する。卒業後再び版画に復し木版に転じる。日本版画協会展に出品し、49年第17回展で日本版画協会賞を受賞、52年同会会員、63年同会委員となる。52年から国画会展にも出品、56年会員となり、59年第38回展で国画賞を受賞する。この他、60、62、64、66年の東京国際版画ビエンナーレ展に出品、66年ジュネーブ日本現代版画展、オクラホマ美術館日本現代版画10人展、台北国立歴史博物館現代日本版画展、67年日本版画展(東京)、サンパウロビエンナーレ展、68年ロンドン現代版画展、69年現代日本版画アメリカ巡回展、71年ブラッセル現代日本版画展、72年イタリー・カルピ国際木版画トリエンナーレ展、74年ジャパン・アート・フェスティバル、76年ジャパン・アート・フェスティバル、ベルギー現代日本版画展などに出品。また76年自選展(和光)を開催する。 主要出品目録日本版画協会展21回 空と水(A) 25回 たまもの 28回 雪の中で(E) 31回 華(C) 33回 星座二番 34回 春のブランコ(星座№26) 35回 星座№42 36回 星座№5237回 星(B) 38回 風景(A) 39回 地平(A) 40回 空と海 42回 樹(B) 43回 老樹 44回 高い梢(A) 45回 夜景(赤) 46回 枝繁る(青)国画会展31回 極地の時計 32回 雪の卓 33回 たまもの 34回 雪の中で(H) 35回 春の槍 36回 漂(B) 37回 花(D)苑 38回 雪の玉(C) 39回 星座5 40回 春ののろし(星座28番) 41回 草(星座№44) 42回 星座№53 44回 風景 45回 地平(D) 46回 赤い地平線 47回 木の風景(E)

中山正実

没年月日:1979/01/07

 洋画家で壁画を専門とし、またカラー銅板画の草分けとして知られる中山正実は、1月7日心不全のため東京港区の慈恵医大病院で死去した。享年81。1898(明31)年1月3日神戸市に生れ、1919年神戸高等商業学校(現神戸大学)を卒業した。同年東京商大専攻部に学ぶ傍ら、川端画学校で藤島武二の指導を受けた。1921年第3回帝展に「鉱山の夕」が初入選し、24年に渡欧した。パリでアカデミー・グラン・ショミエールに学び、またルーブル美術館で模写をすすめ、サロン・ドートンヌに入選した。翌年壁画研究のためイタリアに旅行し、サロン・ドートンヌに再入選した。27年帰国し、第8回帝展に「古都礼賛」、以後31年まで毎年帝展出品をつづけた。32年神戸商大の壁画を依嘱され、以来壁画制作に専念し、前後6年を費やして神戸商大附属図書館の大壁画「青春」、及同大学講堂壁画三部作「光明、富士、雄図」を完成した。39年橿原神宮外苑大和国史館の壁画「阿騎野の朝」を制作依嘱され、翌年これを完成、更に41年には神戸裁判所調停会館壁画「正義」「平和」を完成した。そのほか銅板画を制作し、わが国でのカラーエッチングの創始者でもある。年譜1898(明治31年) 1月2日神戸市に生まれる。父は播州赤松氏の一族。青年時代に神戸に移り商人となる。1914 独学で油絵を描き、印象派の研究をする。1915 神戸高等商業学校(後の神戸商大)入学、神戸洋画会会員となる。1919 神戸高等商業学校卒業。同年、東京商科大学専攻部に修学の傍ら、川端画学校洋画科に学び藤島武二に師事。1921 第3回帝展に初入選「鉱山の夕」(50号・神戸大学所蔵)1924 1月渡欧、巴里アカデミー・グラン・ショミエールで、佐伯祐三と同時同教室に画技を習練、ルーヴル美術館の名画模写(レオナルド・ダ・ヴィンチ、ジオルジオネ、レンブラント、ルノアール等)。前田寛治、中野和高らと帝展同期の親交が続き、共に日仏フェニックス協会の創立メンバーになる。同年、巴里サロン・ドートンヌに入選「セーヌ河畔の人々」新人最高の栄誉、ラ・ロトンド(第1教室、100号・神戸大学所蔵)に飾られ、巴里の諸新聞で報道。1925 壁画研究のため伊太利各地を巡歴。アッシジでヂオットを模写。同年、巴里に帰来後、ポーランド出身巴里派の異才ユージェヌ・ザックに師事。キスリング、パスキン等を画友に、翌年にかけて、フレスコ壁画の実験・カンヴァス壁画貼付技術(マルフラージ)の実習・銅板画法の受講等。1926 巴里サロン・ドートンヌ再入選「猫と子供等」(30号)。同年12月、巴里郊外オーボンヌ・カトリック教会で、洗礼を受ける。霊名 FRANCOIS1927 帰国、第8回帝展入選「古都礼賛」(500号・神戸大学迎賓室壁画)。1928 第9回帝展入選「新秋」(250号・神戸大学図書館所蔵)。1929 第10回帝展入選「農家の夕」(250号・神戸大学所蔵)。1930 第11回帝展入選「母子像」(戦災消失)。同年、聖徳太子奉讃展入選「冬」(250号・神戸大学図書館所蔵)。1931 第12回帝展入選「幼き霊に捧ぐ」(消失)。1932 神戸商業大学(現・神戸大学)図書館壁画「青春」の制作を委嘱されて、一切の展覧会出品を絶ち、美術団体等に関与せず、壁画の制作に没頭。1935 壁画「青春」を完成(2000号)、その後、直ちに同大学講堂壁画三部作の制作に着手(完成までに満3カ年を要す)。壁画制作の傍ら、エッチングの研究を続け、日本最初のカラーエッチング「信仰への道標」その他を制作。1937 東京大森馬込にアトリエを建設。1938 神戸商業大学(現・神戸大学)講堂壁画完成(2000号)。1939 大和国史館万葉室壁画「阿騎野の朝」を制作。1940 同壁画を完成(スプリット・フレスコ800号)。1941 紺綬褒章を受ける。同年、神戸裁判所調停会館会議室壁画「正義と平和」を完成(フレスコ250号)。1944 第2次世界大戦中、江田島海軍兵学校壁画「海ゆかば」を完成。終戦の翌日、同校校庭にて焼却(スピリット・フレスコ1000号)1945 戦災、神戸楠町のアトリエを作品数百と共に焼失。1946 G.H.Q.通信隊の美術顧問を委嘱される。同隊美術教室教官として、米軍将兵に油絵、リノカット、エッチング等を指導。1947 銀座、資生堂画廊で個展、油絵16点を発表。1946 G.H.Q.副司令アレン将軍、米空軍ヴァンデンバーグ将軍、その他十二将星の肖像制作を委嘱される。1950 壁画切支丹三部作のための試作「殉教」(120号)カトリック美術展に出品。この後、毎年宗教画を同展に出品。1954 彦根市カトリック教会壁画「聖ヨゼフとキリストを中心にした群像」(ケイシンフレスコ)完成。1955 和歌山県新宮市カトリック教会壁画「聖家族」(ケイシンフレスコ)完成。同年、和歌山市カトリック教会壁画「聖母被昇天」(ケイシンフレスコ)完成。1957 カトリック美術展に初めてカラーエッチング十余点を発表。1958 銀座、兜屋画廊で「カラーエッチングと壁画」個展。1959 日本橋、高島屋で「カラーエッチング」個展。1960 日本版画協会会員に推挙され、委員に選ばれる。東京国際版画ビエンナーレ展出品。1961 ニューヨーク国際版画協会(IGAS)に選ばれ、銅版作品「無限への飛翔」100点刊行される。大阪、梅田画廊で銅版画個展。1962 東京国際版画ビエンナーレ展に再び出品。ニューヨークIGASに再び選ばれて、銅版作品「宇宙の花園」200点を刊行。オーストラリヤ、国立ニューサウスウェルス美術館(シドニー)に銅版画「エデンの園」買上げられる。1963 フィラデルフィア美術館、ロックフェラーコレクション等に作品買上げられる。同年夏、日本美術家連名版画工房で銅版技法講習指導。同年11月より、1965年8月末日まで日本版画協会事務所運営を担当する。同協会総務、国際版画ビエンナーレ諮問委員。1964 米国ミネソタ大学美術館、エルキンスパーク美術学校、シラキュース大学アートセンター等に作品買上収蔵。1966 スイス、ルガノ国際版画展出品(4月)、墺、ウイーンで萩原英雄と二人展(5、6月)、墺政府買上。同二人展を西独バイロイトで開く(6月)。京王百貨店で回顧展(6月)、ニューヨークで個展(12月)、ニューヨークIGASより作品刊行第3回目。東京凌霜クラブ開設に際し、神戸大学六甲台図書館壁画「青春」の下絵(250号)を寄贈。1967 日米版画展出品(1月)。アメリカ月刊誌“Together”4月号が作品2点を採用(原色刷2頁と解説)。大阪で個展(5月)。1968 1月3日「古稀」を迎える。伊太利ペッシア市、国際版画展に出品3点、いずれも同市立美術館に収蔵。1969 日本万国博、キリスト教館建築委員。1970 カラーエッチング2点、D・ロックフェラーコレクションに買上げられる。同年、現代宗教美術展(東京渋谷、日動画廊)に、作品10点を出品、そのうちの油絵「殉教」120号-1950年作をローマ法王庁に寄贈。1972 「芸術新潮」に論文「幻の名画を追って十年」を発表(ムリリョ作品「帯の聖母」を発見の記録)。973 壁画修復の新技法を発見・開発して、旧作の神戸大学壁画「青春」を完全修復し、学長より表彰を受く。1974 キリスト教美術協会を結成、同士数名と教派を超えて創立委員となる。銀座日動サロンで発表展。1975 第43回版画展審査委員長、日本版画協会名誉会員。1976 大阪凌霜クラブ開設に当たり、神戸大学六甲台講堂壁画「光明」「雄図」の下絵(計250号)を寄贈。同年11~12月、兵庫県立近代美術館に、戦前作品「猫と子供等」及び戦後作品「黙示録の四騎士」を出品。1977 衆議院25年勤続議員、江田三郎の肖像画制作、2月、国会に納入。(30号F)4月、第45回版画展に多色銅版画大作(80号)「最後の審判」を発表。之れによって5カ年に亘る黙示録連作を完成。1978 5月神戸大学に色彩銅版画140点を寄贈、展覧会6月、神戸「そごう」に於て個展。1979 1月7日永眠(81歳)(年譜資料は遺族作成に拠る。)

深沢史朗

没年月日:1978/04/20

 版画家深沢史朗は、4月20日脳髄膜炎のため東京豊島区の鬼子母神病院で死去した。享年71。明治40年2月26日栃木県那須郡に生まれ、大正15年から昭和5年まで川端画学校に、また昭和2年から同10年まで梅原龍三郎に師事し、国画創作協会に出品、戦後は同34年新樹会に参加し油彩画を発表した。その後版画に転じ、同40年に最初の創作版画の個展を開催、以後版画家として国際展などを中心に制作発表を行った。同41年第5回東京国際版画ビエンナーレ展に「生命の詩その1」他が入選、同44年第8回リュブリアナ国際版画展に「TimeA」を招待出品、翌45年第3回クラコウ国際版画ビエンナーレ展では、招待出品した「Time Ⅸ」がポズナン市賞を受けた。同47年フレッヘン国際版画ビエンナーレ展で4位賞を受賞、またこの年から「Sharaku」シリーズを始めた。この間、現代日本版画展、英国国際版画ビエンナーレ、ウィーン国際版画ビエンナーレ、ビエラ国際賞展などに作品を発表した。没後深沢史朗追悼展(同54年、栃木県立美術館、和光)が開催された。

永瀬義郎

没年月日:1978/03/08

 版画家、洋画家の永瀬義郎は、3月8日直腸ガンのため東京港区の済生会中央病院で死去した。享年87。明治24年1月5日茨城県西茨城郡に生まれ、同42年白馬会原町洋画研究所で長原孝太郎の教えを受けたのち、同44年東京美術学校彫刻科に入学したが程なく中退、のち京都に赴いた。大正2年、文芸雑誌「聖盃」(同年「仮面」と改題)の同人となり、以後表紙絵や挿絵を担当し、また評論を発表した。翌3年には新劇運動に刺激され鍋井克之等と美術劇場を結成し第1回公演を行ったが経営難のため解散した。また独自に版画を研究し、同3年第1回二科展に木版画「愛する少女」等5点が入選、同5年には長谷川潔、広島晃甫と日本版画倶楽部を結成し第1回展を開催した。同7年、国画創作協会第1回展に「潮音」「長閑」を出品、翌8年には日本創作版画協会第1回展に会員として「母と子」(木版)等を出品した。この間、北原白秋、宇野浩二らの童話集等の装幀、挿絵を担当する。昭和2年第8回帝展第二部に版画が受理され「髪」を出品、同4年、第7回春陽会展に「トルコ帽をかぶれる男」(版画)等を出品して春陽会賞を受賞、また同年から同11年まで版画研究のため渡仏した。帰国の後は新樹会展、日展、日本版画協会展等に制作発表同32年には光風会会員となり同展へ出品した他、同年の第1回東京国際版画ビエンナーレに国内委員として「幻想」(木版)、「空飛ぶ童子」(擦版)を出品した。翌34年画業60年記念自選版画展(東京日本橋高島屋)を開き、この年団体を離れて無所属となった。同44年第6回いはらき賞を受賞、同52年には勲四等瑞宝章を受けた。  ◆年譜明治24年(1891) 1月5日、茨城県西茨城郡に永瀬甚五郎、ゑいの五男として生まれる。明治36年(1903) 茨城県立土浦中学校に入学。一級上に石岡出身の洋画家熊岡美彦、後輩に矢口達、高田保等がいた。明治41年(1908) 県立土浦中学校を卒業する。明治42年(1909) この年、白馬会原町洋画研究所に通い長原孝太郎の教えを受ける。明治44年(1911) 東京美術学校彫刻科塑造部予備科に入学。その後退学し、京都に赴き同宿の青木大乗等と親交する。大正2年(1913) 5月頃、文芸雑誌『聖盃』(のち『仮面』と改題)の同人となる。以後『仮面』の表紙絵、挿絵を描き評論を発表する。6月、『聖盃』6月号の表紙絵と裏表紙絵(ヴァラトン作、リイルアダム肖像の模写)を担当し、評論”ビアズレー?を著わす。11月、仮面主催洋画展覧会を東京京橋畔読売新聞社3階にて開き「曇り日」などを出品する。大正3年(1914) 1月頃、新劇運動に刺激され、鍋井克之等と共に美術劇場を結成、宇野浩二もこれに加わる。10月、1回二科展「愛する少女」「宮殿の悲しみ」「母の愛」「T氏の肖像」「さかえ行く肉に抱かれし滅び行く生命」(以上木版)。大正4年(1915) 2月、『仮面』4巻2号に表紙絵「躍進」、扉絵「肉」、裏表紙絵「マスク」を掲載。(発売禁止)2月頃、府下本郷区台町25、鶴栄館に転居する。5月、『仮面』4巻5号に表紙絵「春」、扉絵「乳房の重さ」、口絵別刷「サロメ」、裏表紙絵「櫛持つ女」を掲載。(発売禁止)10月、2回二科展木版「裸体習作」他。大正5年(1916) 11月、日本版画倶楽部第1回展を長谷川・廣島晃甫と三人で、東京万世橋駅楼上レストラン・ミカドで開催。「貌」「母の愛」「夢魔」等を出品。大正7年(1918) 11月、国画創作協会第1回展に「潮音」「長閑」の2点を出品。義朗の印を用いる。大正8年(1919) 1月、日本創作版画協会(以下日創展)の第1回展が東京日本橋三越呉服店で開かれ、会員として「母と児」「王子」「梳る女」(木版)他を出品。3月、新代邦画第1回展に、「三井寺」等を出品。3月、みづゑ第169創作版画号に“版画製作に就いて”を寄稿。5月、日創会大阪展に、「王子」「愛」等を出品。9月、6回日本美術院展「浅間路」。10月、山本県、日本農民美術研究所を設立、同所職員として勤務する。12月8日、栗山いとと結婚する。大正9年(1920) 3月、瞳子社第2回洋画展覧会に小出楢重らと出品。4月、2回日創展に「少女の顔」(木版)「花園」(モノタイプ)他。大正10年(1921) 9月、3回日創展(大阪展のみ)「愛」「裸体A」(以上木版)「筑波道」「水のほとり」(以上モノタイプ)他。大正11年(1922) 2月13日~2月27日、4回日創展、「裸体A」「沈鐘」「祈り」(以上木版)他。「沈鐘」は、魯迅編集の『芸苑朝華』第1期第3輯の『近代木刻選集(二)』に紹介される。この頃、東京府下大森町新井宿1106に住む。2月26日、神戸弦月会主催の創作版画展覧会最終日に“創作版画に就いて”の講演を行なう。8月、日本創作版画協会発行『詩と版画』(季刊誌『版画』改題)刊行。9月、9回二科展「高原初秋」「花」。9月、中央美術8巻9号に“版画芸術の現代的意識”を寄稿。11月、『版画を作る人へ』を日本美術学院から刊行。6版を重ねる。この年、北原白秋の童謡シリーズ(アルス刊)第6輯『きらきら星』の挿絵を描く。大正12年(1923) 2月、白秋童謡シリーズ(アルス刊)第8輯『夕焼小焼』の挿絵を描く。5月、1回春陽会展「花」。6月、5回日創展に「花(二つの性)」「祈り」(以上木版)他。11月1日、高田保と人形劇団「テアトル・マリオネット」を結成。春、下谷区上野桜木町17に転居する。大正13年(1924) 2月、アトリエ創刊号に“簡易な版画の作り方及びその応用”を寄稿。3月、2回春陽会展「花」。この年、宇野浩二著の童話集『天と地の出来事』の装幀及び挿絵を担当。大正14年(1925) 10月、江口換著、童話集『かみなりの子』の装幀及び挿絵を担当。12月、北原白秋作詞成田為三作曲、の民謡楽譜『磯の燕』、アルス社刊の装幀をする。この頃、日本農民美術研究所員として勤める。大正15年昭和元年(1926) 2月、4回春陽会展に「花」2点。4月、府下大森町不入斗大森幼稚園内に転居する。5月、1回聖徳太子奉讃展「花A」「花B」。昭和2年(1927) 2月、7回日創展「蘆の湖遠望A」他。4月、5回春陽会展に「花A」他。8月27日、妻いと没。10月、8回帝国美術院展覧会二部洋画に版画が受理され、「髪」を出品。12月、高田保著、戯曲集『人魂黄表紙』(原始社刊)の装幀と扉絵を担当。この年、アルス大美術講座上巻の版画科を田辺至(エッチング)、戸張弧雁(木版画)、織田一磨(石版画)、永瀬(合羽版その他)で担当。昭和3年(1928) 1月、8回日創展「濃艶(四季四態の内春)」他。1月、アトリエ5巻号に“私のブラック・エンド・ホワイトと金擢の技法に就て”と“版画雑感”を寄稿。2月、デッサン2巻2号に“創作版画と近代生活”を寄稿。2月、河合卯之助らと工房聯盟と設立、美術工芸品の普及をはかる。4月、6回春陽会展「故後藤飛行士の肖像」「演壇に立てるヨネ・ノグチ」他。10月、9回帝展に「花」(版画)。12月、アトリエ5巻12号に“私の使用している木版画材料”を寄稿。この年、アトリエ5巻5号、同6号、同8号に“押入物語”を連載。昭和4年(1929) 1月、9回日創展に「支那人に扮せる草人」。3月、日本創作版画協会同人作品展「ダイビング」他。4月、7回春陽会展「トルコ帽をかぶれる男」「ある日の草人」(以下版画)「花」(油彩)を出品、春陽会賞を受賞。5月20日、版画研究のためにフランス遊学の途に上る。昭和6年(1931) 2月、春陽会会友となる。9月、1回日本版画協会展「エッフェルの塔」「スエズ運河」。昭和11年(1936) 4月頃、フランスより帰国。5月、帰国第1回洋画展(広島、銀座画廊)、「モンスリー公園」(油彩)「クラマール風景(A)」(デッサン)他。昭和13年(1938) 10月2回文展「ピクニック」(版画、無鑑査)。12月、7回日本版画協会展「南仏行進」「物ほし台」「サーカス」(捺擦版)。昭和14年(1939) この年恩地孝四郎、前川千帆とともに陸軍嘱託として1ヶ月間中国に渡る。12月、8回日本版画協会展「少女像(包頭にて)」(布目摺込)。昭和15年(1940) 12月、9回日本版画協会展「母の愛」「姉妹」他。昭和17年(1942) この頃、広島県賀茂郡安芸津町風早に移り住む。昭和21年(1946) 8月、永瀬が会長の芸南文化同人会々誌『芸南文化』が創刊される。昭和24年(1949) 5月、小川二郎訳、『スティヴァンスン童話集』(日本文化協会刊)の表紙・裏表紙・挿絵を描く。昭和27年(1952) 7月、6回新樹会展「裸女昇天」「赤い星」「巴里追想」(以上ポーショアー)を招待出品。10月、8回日展「夏は踊る」。この年、上京し、渋谷区神山町43に住む。昭和28年(1953) 10月、9回日展に「祭壇の処女」(モノポール)。この年、世田谷区に転居。昭和29年(1954) 4月、22回日本版画協会展に「柘榴」「暁の富士」。8月、8回新樹会展に「サーカス夜」他。10月、10回日展に「花よりも生るるもの」。昭和30年(1955) 8月、9回新樹会展「希望」「失意」「原煽の罪」(以上版画)他。10月、11回日展に「団欒」(版画)。この年、世田谷区北沢に住む。昭和31年(1956) 8月、10回新樹会展「かたぐるま」他。10月、12回日展「裸女相対」。昭和32年(1957) 3月、光風会会員となり、43回光風会展に「母と子」「日月」を出品。6月、1回東京国際版画ビエンナーレ展「幻想」(木版)「空飛ぶ童子」(擦版)。7月、11回新樹会展「馬と童子」「裸女四重奏」。11月、13回日展「空に挑む」。昭和33年(1958) 4月、44回光風会展「三つのパネル」。4月、26回日本版画協会展「初夏」。8月、12回新樹会展「女体に咲く花」「野立観音」。11月、1回日展に「裸女三態」。昭和34年(1959) 4月、45回光風会展「花園」「かげろう」。4月、27回日本版画協会展「春を呼ぶ」「花」「幻想A」他。8月、13回新樹会展に「空中に咲く花」「港」。11月、2回日展「北果ての早春」「マリモの幻想」「去りゆく冬」(三部作)。昭和35年(1960) 4月、28回日本版画協会展「月影」「月花」「月光」。4月、46回光風会展「散華」「壁に宿る影」。4月4日、棟方志功・前川千帆ら10名で辻永を顧問として日版会を結成、8月、1回日版会展に「洞窟の処女」(木版)を出品。8月、14回新樹会展に「海の幻想」「光琳追想」。11月、3回日展「東レの父」。11月、2回東京国際版画ビエンナーレ展「自画像」「教会の有る風景」(以上木版)。昭和36年(1961) 4月、47回光風会展「洞窟」「乱舞」。11月、4回日展「受難」。10月、日中文化経済協会の招待で渡台、台湾国立歴史博物館で個展を開催。昭和37年(1962) 4月、48回光風会展「白夜」「屋根裏」。11月、5回日展「暮色」。昭和38年(1963) 4月、49回光風会展「家族」。11月、6回日展「風化」。昭和39年(1964) 4月、50回光風会展「夜の流れ(朝・夕・夜)」(三部作)。11月、7回日展「肩車」。この年、練馬区に転居。昭和40年(1965) 4月、51回光風会展「春風」。11月、8回日展「空のカルカチュア」。昭和41年(1966) 4月、52回光風会展「早春のコスチューム」。11月、9回日展「バレー三態」。昭和42年(1967) 4月、53回光風会展「土より生るるもの」。昭和43年(1968) 4月、54回光風会展「童話の世界」。昭和44年(1969) 4月、光風会55回記念展「かげろう」。4月、永瀬義郎自選版画展(茨城新聞社主催水戸志摩津)。9月、6回いはらき賞を受賞。昭和45年(1970) 7月、画業60年記念自選版画展(東京日本橋高島屋)。この年、無所属となる。昭和46年(1971) 8月、永瀬義郎版画展(愛宕山画廊)。昭和47年(1972) 4月、永瀬義郎展(新宿小田急百貨店)。10月、永瀬義郎黄金の裸女展(愛宕山画廊)。昭和48年(1973) 7月、MESSODOS(メソドス)第6号に-永瀬義郎生涯を語る-“放浪貴族”の連載が始まる。この年、月刊誌『流動』の1月号から12月号の表紙を担当。この年、合成樹脂による原版を作り、水と油の反発を利用した新技法NAGASEP,73(NP)を創り出す。昭和49年(1974) 11月、永瀬義郎新作版画展(銀座、ギャルリー・アイ)。昭和50年(1975) 6月、日本版画史を生きる・永瀬義郎のすべて展(新宿小田急)。昭和51年(1976) 10月、女・おんな・女永瀬義郎版画展(新宿小田急百貨店)。この年、誌画集『もの想う天使』(風書房刊、松永伍一詩、限定20部)、石版画集『おんな』(森出版刊、限定60部)、版画集『女とこども』(風書房刊)を刊行。昭和52年(1977) 4月、誌画集『火の鳥』(ネオアカシヤ刊、松永伍一詩)出版記念展(新宿小田急百貨店)。5月、日本版画史とともに・永瀬義郎版画展(茨城県立美術博物館)。昭和53年(1978) 3月8日、直腸ガンのため東京港区の済生会中央病院で死去(87)。本年譜は、藤本陽子編「永瀬義郎年譜」(「永瀬義郎版画展」図録所収、昭和52年茨城県立美術博物館)を参照した。

古野由男

没年月日:1978/02/05

 版画家、日本版画協会会員、滋賀女子短大教授古野由男は、2月5日呼吸不全のため京都市左京区の京大付属病院で死去した。享年68。明治42年8月18日東京に生まれ、昭和5年1930年協会展に油彩画「雨の上野駅」などが入選、同7年東京美術学校図画師範科を卒業した。卒業の年から同26年まで島根県の旧制中学、新制高等学校に奉職し、同年から同44年までは京都市教育委員会に所属し市立堀川高校、紫野高校で教えたのち教育委員会指導主事を勤めた。この間、京都へ転じた頃から銅版画を始め、同28年浜口陽三、駒井哲郎らと日本銅版画家協会を設立して会員となり、同33年には現代美術家協会会員となる。同35年からは京都銅版画協会を主宰、京都版画家集団の委員長もつとめた。同38年、「SPACE8」で現展委員賞を受賞、同年から同45年まで京都市立美術大学非常勤講師をつとめた。同42年、日本合同版画展(ニューヨーク)に「SPACE11」を出品、翌年の日本人作家展(マドリッド)には「’67 ESPAC 10A」他を出品した。同43年には、京都市文化功労者として表彰され、同45年日本版画協会会員となり、同年から死去まで滋賀女子短期大学教授をつとめた。同49年、パリにおける近代美術展に「和、Peace (a baby)」、「和 Peace (a mother)」を出品。同52年にはアメリカ、カナダ、メキシコを旅行した。また、美術教育への貢献も大きく、同28年から日本美術教育学会会員、同40年から日本美術教育連合会会員であり、同41年にはプラハにおける世界美術教育会議に日本代表として参加した。作品は他に、「SPACE 12」、「W-5希望」など

駒井哲郎

没年月日:1976/11/20

 銅版画家、東京芸術大学教授駒井哲郎は、11月20日肺ガンのため東京築地の国立ガンセンターで死去した。享年56。大正9(1920)年6月14日東京都中央区に生まれた。慶応義塾普通部在学中にエッチング研究所に銅版画の技法を学び、昭和13年東京美術学校油画科に入学、在学中の同16年第4回文展に銅版画を出品入選し、翌17年卒業した。同23(1948)年日本版画協会展に銅版画を初出品して受賞、会員に推され、同25年には春陽会展に初出品受賞、翌26年同会会員になるとともに、この年国際展としては日本が戦後はじめて参加した第1回サンパウロ・ビエンナーレ展に「束の間の幻影」で受賞し、版画家としての地歩を築いた。同27年ルガーノ国際版画展で受賞、パリのサロン・ド・メイに出品、翌28(1953)年浜口陽三らと日本銅版画家協会を設立、同29年3月渡仏しパリ国立美術学校版画科に学び翌年12月帰国した。また同46年には東京芸術大学助教授に就任、翌47年教授となった。鋭い線をもつ独自の技法でわが国銅版画界に新境地をひらいたが、とくに詩画集にすぐれた仕事を残し、安東次男との『人それを呼んで反歌という』などがある。没後その技法を明らかにした『銅版画のマチェール』(美術出版社昭和51年)が刊行された。略年譜大正9年(1920) 6月14日東京都中央区に生まる。大正12年 9月1日関東大震災に会い五反田にあった家へ移る。昭和9年 麹町にあった室内社画廊で、メリオン、ホイッスラー、ムンクなどの銅版画を見る。同所にあったエッチング研究所(西田武雄主宰)で銅版画の技法を習う。昭和13年 慶応義塾普通部卒業。東京美術学校油画科入学。昭和16年 第4回文展に銅版画入選。この頃より麻布桜田町に住む。昭和17年 東京美術学校油画科卒業。昭和18年 東京外国語学校フランス語専修科卒業。昭和19年 平田重雄に建築設計の教えを受ける。応召。昭和20年 復員後、軽井沢の疎開先に落着き、油絵、銅版画を制作。年末から世田谷区駒沢に住む。昭和23年 日本版画協会展に戦中、戦後に製作した銅版画を初出品し受賞、恩地孝四郎らに注目され会員に推挙さる。昭和25年 春陽会展に初出品し受賞。「現代フランス創作版画展」(東京国立博物館)の批評を『みづゑ』に書く。昭和26年 第28回春陽会展に「夜の魚」「人形と小動物」他10点を出品、同会会員になる。第1回サンパウロ・ビエンナーレ展に「束の間の幻影」受賞。第7回サロン・ド・メイ出品。『マルドロールの歌』(ロオトレアモン 青柳瑞穂訳木馬社)の銅版挿絵を制作。昭和27年 第2回ルガーノ国際版画展に出品優秀賞。第8回サロン・ド・メイ「時間の迷路」出品。春陽会「裏庭」他4点出品。実験工房に参加。昭和28年 第2回日本国際美術展、「Radio activity in my room」「エチュード」出品。第2回サンパウロ・ビエンナーレ展に「Poison de la unit」他5点出品。資生堂画廊で銅版画による最初の個展を開催。日本銅版画家協会設立に加わり理事になる。昭和29年 養清堂画廊で個展。3月渡仏、長谷川潔を訪ねる。5月にエドモン・ド・ロチルドコレクションの素描と版画展を見る。パリ国立美術学校のビュラン教室(ロベール・カミ教授)へ入る。昭和30年 レバークーゼン美術館での「パリの日本人画家展」、リュブリアナ国際版画ビエンナーレに出品。12月帰国。昭和31年 第2回現代日本美術展に「作品A、B」を出品。南画廊で個展、久保貞次郎を知る。昭和32年 日本国際美術展に「或る終曲」出品。小山正孝と『愛しあふ男女』(ユリイカ)刊行。昭和33年 現代日本美術展に「夜の森」「樹木」出品。ヨーロッパ巡回日本現代絵画展に「思い出」「束の間の幻影」「樹木」出品。南画廊で個展、安東次男を知る。昭和34年 日本国際美術展に「鳥と果実」を出品しブリヂストン美術館賞を受賞。第5回サンパウロ・ビェンナーレ展に「調理場」他9点出品。渡仏。昭和35年 南画廊で個展。現代日本美術展に「置かれた首」「静物」を出品。安東次男との詩画集『からんどりえ』(ユリイカ)、青柳瑞穂との『睡眠前後』(大雅洞)刊行。昭和36年 日本国際美術展に「二つの円周」、春陽展に、「青い家」出品。昭和37年 東京芸術大学美術学部、多摩美術大学の非常勤講師を委嘱される。フィレンツェ美術アカデミアの名誉会員となる。現代日本美術展に「受難」「晩餐」を出品。昭和38年 10月20日交通事故にあう。日本国際美術展に「版画」を出品。昭和39年 詩画集『距離』(永田茂樹 昭森社)、『断面』(馬場駿吉 昭森社)を刊行。昭和40年 日本国際美術展に「大洪水」出品。昭和41年 詩画集『人それを呼んで反歌という』(安東次男 ギャルリー・エスパース)、『詩集』(福永武彦 麦書房)、『鵜原抄』(中村稔 思潮社)を刊行。現代日本美術展に「食卓にて」「洪水」を出品。昭和42年 日本国際美術展に「孤独」、近代日本の版画展(東京国立近代美術館)に「束の間の幻影」「木ノ葉と飛んでいる鳥」出品。昭和43年 石川淳作『一目見て憎め』(俳優座公演)の舞台装置、衣裳を担当。『エッチング小品集』(版画友の会)を刊行。現代日本美術展に「オーフォルト1、2」を出品。昭和44年 現代日本美術展特別陳列「現代美術20年の代表作」に「森」出品。『季刊芸術』第3号から「銅版画の技法」を書き始める。『野間宏全集』第一巻に銅版画挿絵10点を制作。昭和45年 自由が丘画廊で個展。野間宏『夜のコンポジション』(青地社)、埴谷雄高『九つの夢から』(青地社)、金子光晴『よごれていない一日』(弥生書房)のため銅版画制作。昭和46年 東京芸術大学助教授となる。金子光晴の書画との銅版画展開催(小田急百貨店)。現代日本美術展に「星座A,B,C」出品。昭和47年 東京芸術大学教授となる。昭和48年 自由が丘画廊、渋谷西武百貨店で個展。詩画集『蟻のいる顔』(中央公論社)刊行。『駒井哲郎銅版画作品集』(美術出版社)刊行。昭和50年 7月渡仏、長谷川潔を訪ねる。11月パリのジュンヌ・グラビュール・コンタンポレーヌに招待出品。『恩地孝四郎画集』特製本(形象社)のために銅版画作成。自由が丘画廊で個展開催。昭和51年 11月20日死去。没後『銅版画のマチェール』(美術出版社)刊行。「アトリエC-126プリントショウ-師駒井哲郎に捧ぐ」展が銀座みゆ画廊で開催される。

小野木学

没年月日:1976/08/24

 洋画家、版画家のアート・クラブ会員、小野木学は、8月24日午前3時30分、じん臓がんのため東京・千代田区の九段坂病院で死去した。享年52。小野木学は、大正13年(1924)1月13日東京都杉並区に生まれ、戦中から病弱であったため療養生活にあって絵画を独学独習、昭和28年(1953)第17回自由美術展に初めて作品「民話」を出品入選となった。昭和32年自由美術協会会員に推挙されたが、同38年退会し、以後は主として個展で発表活動をつゞけ、また版画でも国際展に出品授賞するなどの活躍をみせた。沈んだ色彩と簡潔なフォルム、独特の幾何学的な抽象絵画で注目され、また、絵本作家としても知られ、絵本挿画の制作も多いが、文・絵ともに作者の自作による『さよならチフロ』(こぐま社刊)、なかでも『片足駝鳥のエルフ』(ポプラ社刊)は昭和45年度(1970)の第19回小学館絵画賞を授賞した。内外のいくつかの美術館にも作品が収蔵され、今後の活躍が期待されていた。略年譜大正13年(1924) 1月13日、東京・杉並区に生まれる。昭和28年 10月、第17回自由美術展に「民話」入選。大村連、加藤一らとグループ金曜会を結成。昭和30年 10月、第19回自由美術展「説得」出品。昭和31年 5月、村松画廊で第1回個展を開催。5月村松画廊で第2回個展。昭和32年 10月、第21回自由美術展「木馬と少年」、佳作賞を受け、会員に推挙される。昭和33年 8月、第2回シェル美術賞展に入選、佳作賞。10月、第22回自由美術展「装馬」「かほ」昭和34年 6月、村松画廊で第3回個展。10月、第23回自由美術展「戦史」。シェル美術展出品、2等賞をうける。昭和35年 秋山画廊で第4回個展。第4回安井賞展に出品。昭和36年 渡欧。10月、第25回自由美術展「ユニコーン」。昭和37年 渡欧。10月、第26回自由美術展「普通の風景」1、2。駿河台画廊企画展に出品。昭和38年 6月、秋山画廊で第5回展個展。自由美術協会を脱会。グループ金曜会を退会。昭和39年 5月、第6回現代日本美術展コンクール部門に「普通の風景」入選。秋山画廊で第6回個展。この年、埼玉県熊谷市駅前の藤間病院に砂岩によるレリーフの壁画装飾「生成」を制作する。昭和40年 4月、椿近代画廊で早川重章との二人展。7月、秋山画廊で第7回個展。昭和41年 9月、秋山画廊タブローによらない作品展に出品。昭和42年 9月、秋山画廊で第8回個展。昭和43年 7月、秋山画廊で版画展。11月、第6回東京国際版画ビエンナーレ展に「風景―RO」「風景―Y」出品。昭和44年 6月、秋山画廊で第9回個展。この年、第8回リュブリアーナ国際版画ビエンナーレ展に出品、ユーゴスラビア買上げ賞。この年、アメリカ、シンシナティ美術館に作品収蔵される。昭和45年 アメリカ、ロックフェラー財団に作品収蔵される。自作絵本『片足駝鳥のエルフ』(ポプラ社刊)により第19回小学館絵画賞をうける。昭和46年 5月、第七画廊で第10回個展。7月、ギャラリー・ムカイで版画による個展。ブリュッセル現代日本画展に出品。昭和47年 東京国立近代美術館に版画「風景(点)―A」「風景―706」「風景―S.H.I」購入収蔵される。ポンベイ現代日本版画展、ワルシャワ現代日本版画展にそれぞれ出品する。雑誌『群像』の装幀を年間担当する。11月、第七画廊で第11回個展。昭和48年 横浜市民ギャラリー・今日の作家展に出品。11月、みゆき画廊で版画による個展。昭和49年 1月、第七画廊で第12回個展。同月、くぼた画廊で第13回個展“小野木学の軌跡”開催。11月、横浜市民ギャラリー・今日の作家展に出品。同月、アテネ画廊版画グループ展“伍人”に出品。メキシコ現代日本版画展に出品。第6回日本芸術大賞候補にあげられる。昭和50年 1月、第七画廊で第14回個展。3月、九州サン画廊(久留米市)作品展に出品。7月、ギャラリー・ココ、スルガ台画廊のグループ展に出品。10月、大分O.B.S美術サロン作品展に出品。この年、文化庁、熊本県立美術館に作品収蔵される。昭和51年 7月、スルガ台画廊のグループに出品。ベルギー・ゲント現代日本版画展に出品。イタリア・フェラーラ現代版画展(南天子画廊企画)に出品。8月24日、東京・千代田区九段坂病院において死去。

山口源

没年月日:1976/07/15

 版画家、日本版画家協会会員、国画会会員山口源は、7月15日午後11時36分静岡県 沼津市の岩井医院で死去した。享年79。本名源吾。明治29(1896)年10月23日静岡県富士郡(現富士市)田子浦柳島19番地に生まれた。青少年期を台湾で過し、その頃版画家藤森静雄を知ったのが後年版画へ進む機縁となる。大正12年関東大震災後上京し藤森に再会、その後恩地孝四郎の門を叩き、日本創作版画協会展に出品した。戦中から戦後しばらく続いた恩地を中心とする版画家の研究会一木会に加わり、ここで関野準一郎らと知り合った。また、昭和18年日本版会協会会員、同24年には国画会会員となった。同19年10月頃沼津市へ疎開し、晩年に至るまで当地で制作を続け、同31年養清堂画廊での個展以来毎年個展を開催したほか、同33(1958)年3月第5回スイス、ルガノ国際版画展でグランプリ受賞、同年6月スイス、グレンヘンのトリエンナーレで佳作賞を受けるなど、木版による抽象の作風は戦後柔軟な成熟をみせた。代表作に「能役者」(ルガノ、国際版画展、1958)「許容」(グレンヘン国際版画展1958)「熱望」(日本版画協会展、1974)など。

棟方志功

没年月日:1975/09/13

 木版画家で文化勲章受賞者、棟方志功は、9月13日午前10時5分、肝臓ガンのため東京都杉並区の自宅で死去した。享年72歳。棟方志功は、明治36年(1903)、青森市の刃物鍛冶屋の15人兄弟のうちの3男に生まれ、青森市立長嶋尋常小学校を卒業後、給仕の職など働きながら画家を志して大正13年(1924)上京、独学で絵を学んだ。白日会展、帝展などに出品、版画制作へむかったのは、大正14年、川上澄生の版画「初夏の風」をみて感動したことにはじまっている。版画家平塚運一、前田政雄らを知り、春陽会展、日本創作版画協会展、国画会展などに出品したが昭和11年(1936)第11回国画会展に出品した「瓔珞譜大和し美し版画巻」が柳宗悦、河井寛次郎、浜田庄司らの注目を集め、棟方版画の出発点となった。以後、「釈迦十大弟子」(昭和14年)、「鐘溪頌」(昭和20年)、「湧然する女者達々」(昭和29年)などをつぎつぎと発表し、昭和30年第3回サンパウロ・ビエンナーレ展、同31年第28回展ヴェネチア・ビエンナーレ展でそれぞれ版画部門グラン・プリを受賞し、国際的な名声をうるにいたった。その後も、「群生の柵」(昭和32年)、「飛流の柵」(昭和33年)「円空の柵」(昭和36年)、「恐山の柵」(昭和38年)、「大世界の柵、乾」(昭和44年)などを発表し、昭和45年(1970)第11回毎日美術賞、同年、文化勲章を受章し、文化功労者に指定された。昭和38年ころから極度に視覚が弱くなったが、ときに縄文的とか、青森の祭ねぶたのエネルギーとかと評される奔放な作風と旺盛な制作意欲は変ることなく晩年まで続いた。また、独特の文体をもった随想・随筆でも知られた。著書に『板画の話』(宝文館、昭和29年)、『板極道』(中央公論社、昭和39年)ほかがある。棟方志功年譜明治36年(1903) 9月5日、青森市で生まれる。父鍛冶職棟方幸吉、母さだの三男。大正5年 3月、青森市立長嶋尋常小学校を卒業。家業の鍛冶職を手伝う。このころ、凧絵とネブタに熱中し、武者絵を描く。大正9年 10月25日、母さだ死去、享年41歳。この年、青森地方裁判所弁護士控所の給士となる。大正10年 秋、友人松木満史、古藤正雄、鷹山宇一ら3名と洋画の会「青光社」をつくり、第1回展覧会を日本赤十字社青森支部で開く。このころから、松本、古藤両名と「貉の会」をつくり、文学、演劇を研究、『ドモ又の死』の上演、『その妹』の朗読会などを行う。この会は週1回集まり、約1年半続く。大正13年 9月、絵の修業のため上京し、伯母よねの知り合いに当たる渡辺勝兵衛宅に下宿する。毎月、よねと次兄賢三より10円ずつの送金を受ける。大正14年 4月、5回国画創作協会展で川上澄生の版画「初夏の風」を見て感銘を受ける。10月26日、父幸吉死去。享年56歳。油絵「清水谷風景」白日会に入選する。このころから約1年半、紀尾井町の東京教材出版社に勤める。渡辺勝兵衛の紹介で生涯の後援者島丈夫と相識る。昭和3年 春、同郷の先輩下沢木鉢郎の紹介で版画家平塚運一に会い、版画の道に入る。平塚、前田政雄、深沢索一、畦地梅太郎らと刀画房より刊行の版画誌『版』に同人として参加。8回日本創作版画協会展に初めて7点出品し、4点陳列され、自信を得る。6回春陽会展に版画7点を出品、3点入選。10月、油絵「雑園」で第9回帝展に初入選、5年ぶりに帰郷する。「冬の景色」「ボンネットの花売娘」「貴女たち3人」(のち「聖堂に並ぶ3貴女」と改題)「夏衣松の木」(8回日本創作版画協会展) 「聖堂を帰る人々」(のち「貴女ら聖堂を出る」と改題)「星座の絵」「箒星をみる人々」(のち「貴女ら箒星を見る」と改題)(6回春陽会展)昭和4年 中野区の松木満史のアトリエで2人で共同生活に入る。9回日本創作版画協会展に「貴婦人と蝶々7」など3点出品。「貴婦人と蝶々」「花か蝶々か」「星座に命名する二人の女」(9回日本創作版画協会展)昭和5年 4月9日、赤城チヤと結婚。国画会展にはじめて「群蝶」など4点を出品し、入選する。生活費を得るため、四色摺り版画数枚1組の芝居絵「白野弁十郎」を制作、帝劇で販売する。「群蝶」「ベツレヘムに聖堂を観る」「貴女行路」「貴女裳を引く」(5回国画会展)昭和6年 4月、神田鈴蘭通りの文房堂で第1回個展を開く。白日会より油絵「猫と少女」で白日賞を受け、会友に推される。この年、同会を脱会。4月、これまで各展に出品したものより9点を選び収めた処女版画集『星座の花嫁』を、東京・渋谷区代々木山谷の創作版画倶楽部より刊行。6月、郷里青森で長女けよう生まれる。日本創作版画協会と洋画版画会が合併し、日本版画協会となる。9月、その第1回展を開き、「蟹集まる集まる」など5点を出品する。秋、島丈夫の縁で新潟県南蒲原郡の田下家、同県中蒲原郡の長谷川家に滞在する。「禽虫2題」「十和田奥入瀬」(6回国画会展)「蟹集まる集まる」「犬吠崎2題」「十和田」「里芋ばたけ」(1回日本版画協会展)昭和7年 5月、7回国画会展に4点出品、うち「亀田・長谷川邸の裏庭」で国画会奨励賞を受ける。この年、郷里より上京した家族と中野区に住む。「亀田・長谷川邸の裏庭」はボストン美術館、「青森・合浦の公園」はパリ・リュクサンブール美術館の買い上げとなる。日本版画協会2回展に「鯨群がる」「渦巻く鳴門」(のち「竜飛渦巻く」と改題)を出品。この年、日本版画協会会員となる。「合浦・青森の公園」「越後・加茂にての庭」「亀田・長谷川邸の裏庭」「亀田・長谷川邸の内園」(7回国画会展)「鯨群がる」「竜飛渦巻く」(2回日本版画協会展)昭和8年 7月8~10日の3日間、日本赤十字社青森支部で棟方志功後援会主催による個展を開催。10月、長男巴里爾生まれる。白と黒社より『棟方志功画集』を刊行、同じく白と黒社より棟方志功手摺版画集『北方の花』を出版する。7年から8年にかけて、料治熊太編集の二つの版画誌『白と黒』及び『版芸術』に、毎号のように作品が掲載される。「十和田奥入瀬4題」「季節々々の花籠」(8回国画会展)「桃真盛り」「証々寺の庭」「薬師寺の庭」(3回日本版画協会展)昭和9年 堀口大学の『ヴェニュス生誕別冊画譜』9柵を彫り、裳鳥会より刊行する。「海峡寺・桜の庭」「青森・瀬野村の山」「青森・蛸田村の沼」(9回国画会展)「首の鳥」「昔の鳥」(4回日本版画協会展)昭和10年 10回国画会に出品した「万朶譜 146」(7柵)により国画会会友に推される。9月、次女ちよゑ生まれる。「万朶譜」(10回国画会展)昭和11年 3月、ベルリンオリンピック芸術競技に版画「ラジオ体操」「ウオーミングアップ」の2点を出品。4月、11回国画会展に出品の佐藤一英詩「大和し美し版画巻」(20柵)が契機となり、柳宗悦、河井寛次郎、浜田庄司、富本憲吉、水谷良一らの知遇を受ける。夏、河井に招かれ、40日間、京都の河井宅に滞在する。その間、昼は京都の神社仏閣を見学し、夜、河井から経典の講義を受けた。12月発行の雑誌『工芸』71号を棟方志功特集号とし、柳宗悦「棟方のこと」、河井寛次郎「棟方志功君のこと」を掲載して、志功を世に紹介する。この年の暮れ、水谷良一の提唱で棟方志功後援会が発足し、柳、河井、浜田、浅野長量、武内潔真らが会員となる。この年、「『古事記』の神々」を制作する。「瓔珞譜大和し美し版画巻」(11回国画会展)「ラジオ体操」(ウオーミングアップ)(ベルリンオリンピック芸術競技)昭和12年 「華厳譜」(23柵、改刻5、計28柵)、佐藤一英の連詩による拓摺板画「空海頌」(54柵)、同じく佐藤一英の詩「鬼門」をモチーフとした「東北経鬼門譜」を発表する。このころより蔵原伸二郎を通じて、保田興重郎、中谷孝雄、前川佐美雄、淀野隆三らの作家、詩人との交際が始まり、単行本の装幀を手がける。春陽堂の「少年文庫」中、山村暮鳥『鉄の靴』、ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』の挿絵を描く。10月、銀座・鳩居堂で日本民芸館主催「第1回新作展」に「東北経鬼門譜」を出品。「曼陀羅譜そらうみのたたへ版画冊」(12回国画会展)「東北経鬼門譜」(日本民芸館主催第1回新作展)昭和13年 10月、第2回文展に「善知鳥板画巻」(31柵)のうち9点を出品、特選となる。12月、河井寛次郎の紹介で倉敷・大原孫三郎邸の襖に「五智如来」を描く。この年、初めて裏彩色によって柔らかい味わいのある棟方板画の第一作「観音経板画巻」(35柵)を制作し、日本民芸館展に出品する。「開闢譜東北経鬼門版画屏風」(13回国画会展)「善知鳥版画巻」(第2回文展)「観音経版画巻」(日本民芸館展)昭和14年 板画「釈迦十大弟子」(12柵)を制作し、翌年この作品を15回国画会展に出品し、佐分賞を受ける。(なお両端に位置する普賢、文殊の板木のみ戦災で焼失し、戦後改刻する)なお、14回国画会のポスターを会より委嘱されて制作する。「菩提譜観音経版画曼荼羅屏風」(14回国画会)昭和15年 保田興重郎の啓示により、上田秋成の小説『雨月物語』中の一挿話、夢応の鯉魚を板画にした「夢応鯉魚板画柵」(20柵、のち「夢応鯉魚版画巻」と改題)および聖徳太子の遺徳をたたえる「上宮太子版画鏡」(25柵、のち「上宮太子板画巻」と改題)を開板する。「呵呍譜二菩薩釈迦十大弟子版画屏風」(15回国画会展)昭和16年 「門舞男女神人像」(のち「門舞頌」「東西南北頌板画柵」と改題)、「般若心経板画柵」(未完現存20柵)などを発表する。11月、次男令昭生まれる。倉敷市大原邸の襖に倭画「群鯉図」を制作。「閻浮檀金頌門舞男女神人像版画屏風」(16回国画会展)昭和17年 親友蔵原伸二郎の詩「崑崙」を16柵に刻みこんだ「繧繝頌崑崙板画巻」(のち「崑崙頌」と改題)を17回国画会展に出品する。9月、高島屋日本橋店で「棟方志功油絵展覧会」を開催し、「十和田湖神社」など27点出品。12月、この出品油絵のほとんどを収録した唯一の油彩画集『棟方志功画集』が昭森社より発行される。この年も倉敷市大原邸で襖に倭画「華厳壁図」、六曲一双屏風に「連山々図」を描く。富山県西砺波郡福光町光徳寺の襖に「般若心経」を描く。「繧繝頌崑崙板画巻屏風」(17回国画会展)昭和18年 4月、18回国画会展に『コギト』正月号に掲載された保田興重郎の「年頭謹記」をもとに、文字を主体とした「神祭板画巻 167」(18柵)を制作出品したが、不敬を理由に主催者側の手で会期中に撤去される。同月、中野区より渋谷区「雑華山房」(大原孫三郎命名)に転居する。倉敷の大原邸で、六曲一双「群鯉図」「群童図」、六曲一隻「風神雷神図」、二曲一隻「両妃図」を描く。この年、「清浄韻施無畏の柵」「挙身微笑の柵」を制作する。「年頭謹記神祭板画巻屏風」(18回国画会展)昭和19年 「南北頌万朶溟華板画柵」(2柵)を19回国画会展に出品したが、のちに、戦火により焼失したため詳細不明。5月、富山県西砺波郡福光町光徳寺の襖に「華厳松」を描く。このころ宮沢賢治の詩「雨ニモ負ケズ」をもとに13柵の板画を制作したが、現在表紙が見つからないため、作品名は不詳である。河出書房より板画入りの随筆集『板勁』を刊行。「南北頌万朶溟華板画柵」(19回国画会展)昭和20年 4月、富山県西砺波郡に疎開する。5月25日、代々木山谷の雑華山房は空襲のため焼失し、版木のほとんどを失う。年末より、恩師河井寛次郎の仕事を賛美した「鐘渓頌板画巻」(のち「鐘渓頌」と改題)24柵を制作、翌21年秋の第2回日展に出品し、岡田賞を受ける。昭和21年 「愛染品板画巻」(15柵)を戦後第1回日展に出品。5,6月、柳宗悦、河井寛次郎、浜田庄司、外村吉之介らと越中の秘境五箇山などを旅行する。12月、富山県西砺波郡に新居を建て、「愛染苑」と称す。細川書店より『夢応の鯉魚』、大日本板画院より『愛染品』を刊行する。「愛染頌元創炎竜王鏡版画柵」(1回日展)「鐘渓頌公案鯉雨板画経」(2回日展)昭和22年 河井寛次郎の詞による「火の願ひ板画柵」を制作する。福光の光徳寺の依頼により拓摺板画「越中国躅飛山光徳寺梵鐘銘」を開板し、翌年の22回国画会展に出品する。このころ、前田普羅、暁烏敏らと交わる。細川書店より『棟方志功板画集』、西東書店より『火の願ひ』、旺文社より『善知鳥板画巻』英訳本を刊行。「天雲頌音神炎板画柵抜枠六韻」(21回国画会)昭和23年 河童の幻想を物語りにした「瞞着川板画巻」(34柵)、「板経板画柵」(乾・坤2柵、乾巻はいろはのみ30冊、坤巻は34柵、計64柵)を制作する。「釈迦十大弟子」中、板木焼失した文殊・普賢両菩薩を改刻する。10月、天皇の富山ご旅行に際し、新聞「北陸夕刊」の特派記者として随行し、「天皇拝従記」を書く。臼井書房より、『板愛染』、大阪・萌木より『板経板画柵』、北海道・鶴文庫より『鯉雨』を刊行。「越中国躅飛山光徳寺梵鐘銘抜粋拓摺」(22回国画会展)昭和24年 岡本かの子の詩による「女人観世音板両巻」(12柵)「山恩男・海恩女板画柵」などを発表。6月、日本民芸館で「棟方志功特別展」を開き、板画、倭画百余点を展観する。「芸業頌板経右座菩薩」「左弟菩薩」(23回国画会展「女人観世音板画柵」のうち「振向の柵」「仰向の柵」のこと)「万朶譜」外100点余(日本民芸館・棟方志功特別展)昭和25年 前田普羅句集をもとに「栖霞品板画柵」(34柵)「板歎異経・十二芸業仏達板画屏風」(のち浜田庄司を頌して「道祖土頌」と改題)「蒼嚇童女板画柵」(2柵)などを発表する。小品「松河伯」「波乗菩薩」の各柵を制作する。また越中五箇山中の行徳寺の開祖「赤尾道宗臥像の柵」を制作する。「板歎異経十二芸業仏達板画屏風」(24回国画会展)昭和26年 大原総一郎のビニロン開発を讃えた「美尼羅牟頌板壁画」(のち「運命板画柵」と改題)、柳宗悦を讃える「柳仰板画柵」(3柵)、後援者工楽長三郎を頌した「工楽頌両妃散華」(「天妃乾坤韻」ともいう)、石田波郷の句集をもとに「胸形変板画巻」(49柵、昭和32年に『惜命板画柵』と改題して出版)「仔鷹の柵」(のち「鷹持妃の柵」ともいう)などを発表する。フランスのサロン・ド・メイに「鐘渓頌」「運命板画柵」を招待出品する。12月、富山県より東京都杉並区に居を移す。「美尼羅牟頌運命讃板壁画」(25回国画会展)「鐘渓頌」「運命板画柵」(フランス、サロン・ド・メイ)昭和27年 「いろは板画柵」(6曲1双・48柵)「道祖土板画柵」(4柵)、宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ」を板画にした「不来方板画柵」(2柵、のち「不来方の柵」と改題)「御七姫板画柵」などを発表する。2月、河井寛次郎の紹介により五島慶太、高橋禎二郎の知遇を得て、東横渋谷店で「第1回芸業展」を開く。以後、昭和50年まで毎年開催する。(昭和39年より東急日本橋店に移る)4月、スイスの第2回ルガノ国際版画展で、「女人観世音板画柵」が優秀賞を受ける。秋、ニューヨークのウィラード・ギャラリーで、海外での初の個展を開く。5月、日本版画協会を脱会、笹島喜平、下沢木鉢郎らと日本板画院を、また中川紀元、下沢木鉢郎らと日本芸術院を結成する。10月、東横渋谷店で第1回日本板画院展を開催し、ベートーベンの「第九交音曲」をモチーフとした「歓喜頌板画柵」(六曲一双、のち「歓喜頌」と改題)を出品する。毎日新聞社で文化映画「板画の神様」を撮影。「歓喜頌柳仰韻板画柵抜粋屏風」(26回国画会展)(1回板院展)「いろは板画柵」(1回日本国際美術展)「女人観世音板画柵」(スイス、ルガノ第2回国際版画展)昭和28年 「大蔵経板画柵」(2柵、のち「湧然する女者達々」と改題)、愛誦した吉井勇の歌集「流離集」より31首を板画にした「流離抄板画巻抜粋屏風」(のち「流離頌」と改題)を発表する。また敬愛する梅原龍三郎の国画会退会を機に、同会を脱会して、7年ぶり、9回日展に「耶蘇十二使徒板画柵」を出品する。この年から畏友保田興重郎の歌を「炫火頌」として制作し始める。「四神板経天井画柵」(2柵、のち「宇宙頌」と改題)「国想板両柵」(のち「炫火頌」に収録される)「閒風の柵」「太子立の柵」「リラ花の柵」「山路の柵」「秋扇の柵」「四神頌板画柵」「鳥兎頌板画柵」などを発表する。京都の祖国社より文集『板響神』を出版。「流離抄板画巻抜粋屏風」(27回国画会展)「不来方頌大恩世主十二使徒板画鏡柵」(9回日展)「鳥兎頌板画柵」(2回日本国際美術展)昭和29年 100号大の「華狩頌板壁画」(のち「華狩頌」と改題)を制作し、10回日展に発表する。「身沁の柵」「風立の柵」(この2点は「炫火頌」となる「夜橋の柵」「みみずく板画柵」(2柵)などを制作する。5月、1回現代日本美術展に「湧然する女者達々」を出品する。宝文館より『板画の話』、竜星閣より『板歓喜』『板歎異』『流離板画巻』、大阪・萌木より『棟方志功板画小品集』を刊行する。「炫炎頌御華狩舞板画柵」(10回日展)「湧然する女者達々」(1回現代日本美術展)昭和30年 「柳緑花紅頌」「鷹持妃」「鷹と松」、疎開中の自作歌にちなむ「紫袂」をはじめ、「御立仏像」「美業」「炎身」の各柵を制作し、11回日展に「邂逅板画柵」を発表する。7月ブラジルの「第3回サンパウロ・ビエンナーレ国際美術展」に「釈迦十大弟子」「湧然する女者達々」などを出品、版画部門最高賞を受ける。8月、東横渋谷店で、日本民芸館主催、サンパウロ・ビエンナーレ受賞記念「棟方志功板業展」を開催し、代表作200余点を展示する。その出品目録の表紙に「板業韻々の柵」を制作。9月、5回日本板画院展に、山川京子の歌による「山川抄板画柵」、原石鼎の句集による「青天板画柵」(35柵)の抜粋を出品する。銀座・資生堂で油絵の個展を催し、約30点出品する。竜星閣より板画集『湧然する女者達々』を刊行。「一遍頌邂逅板画柵」(11回日展)「柳緑花紅頌屏風」(3回日本国際美術展)「釈迦十大弟子」「湧然する女者達々」(第3回サンパウロ・ビエンナーレ国際美術展)「山川抄板画柵抜粋風炉先屏風」「青天抄板画柵抜粋風炉先屏風」(5回日本版画院展)昭和31年 淡交社の企画で「茶韻十二ヶ月板画柵」(12柵)、谷崎潤一郎の短歌を板画にした「歌々板画柵」(のち「歌々頌」と改題)、『中央公論』連載の小説「鍵」の装幀、挿絵板画「鍵板画柵」(59柵)、草野心平の詩による「山脈板画柵」、江戸川乱歩の小説「犯罪幻想」の挿絵板画「幻想板画柵」(11柵)、12回日展出品作「蒼原板壁画」(のち「蒼原の柵」と改題)、富山県福光町の山河をうたった「竜胆の柵」、そのころの作と思われる「夢殿の柵」「救世観音の柵」などを制作。3月、東横渋谷店で「第5回棟方志功芸業展」を開催。6月、東京国立近代美術館の「世界版画展」に「柳緑花紅頌」を出品。6月、イタリアの「第28回ヴェニス・ビエンナーレ国際美術展」に「柳緑花紅頌」など11点を出品し、国際版画大賞受ける。この年、青森、弘前、八戸、室蘭、京都、徳島等で個展を開催。宝文館より『青天抄板画巻』『板画の道』、河出書房より『板画の肌』、北海道豆本の会より『瞞着川』、講談社より『アートブック棟方志功』を刊行。日展審査員になる。「蒼原板壁画」(12回日展)「釈迦十大弟子」「耶蘇十二使徒」「四神板経天井画柵」「柳緑花紅頌」等11点(第28回ヴェニス・ビエンナーレ国際美術展)「柳緑花紅頌」(東京国立近代美術館世界版画展)「歌々板画柵抜粋屏風」(6回日本板画院展)「十二の仏者達々の柵(「道祖土頌」のこと)「鍵板画抜粋柵」(7回日本板画院展)昭和32年 この年、「鼓笛の柵」、『古事記』をもとに神々の創生をうたった「群生の柵」、柳宗悦の箴言を開板した「心偈頌」(77柵)「追開心経の柵」(16柵、のち「追開心経頌」と改題)を発表する。13回日展に「北脈の柵」を出品。2月から日本民芸館主催の「棟方志功板業展」を大阪、倉敷、松江、福岡、名古屋の各地で開催。同月、三越日本橋店の「現代版画秀作展」に「女人観世音」「鷹持妃の柵」のそれぞれデテールが出陳される。3月、東横渋谷店で「第6回棟方志功芸業展」を開く。4月、佐藤一英らと名古屋紅葉山鉈薬師に案内され、円空作の月光菩薩、十二神将、童子などを見て、感銘を受ける。8月より9月にかけて北海道へ旅行。12月、沖縄タイムスの招きで沖縄旅行、同地で個展を開催する。宝文館より『惜命板画巻』(「胸形変板画巻」の改題したもの)、『歌々板画巻』を刊行。「北脈の柵」(13回日展)「群生の柵」(1回東京国際版画ビエンナーレ展)「歓喜頌」(4回日本国際美術展)「柳緑花紅頌」(8回選抜秀作美術展)「御多福妃・御鷹鼻尊」(8回日本板画院展)「仏誕の柵」「神誕の柵」「鬼誕の柵」(9回日本板画院展)昭和33年 「飛流の柵」(2柵、のち「龍原頌」と改題)「海山の柵」を制作。他に「高館の柵」「雪しんしんの柵」「雲山の柵」、般若心経をバックに彫った「十一面観音の柵」と「聖観音の柵」の二部作、「不動明王の柵」「道神の柵」、江戸川乱歩の挿絵板画「緋薔薇頌」など制作。2月、三越日本橋店での「第2回現代版画秀作展」に「天妃乾坤の柵」(「工楽頌」の別名)が出陳される。3月、ニューヨークの聖ジェームス教会での「現代日本版画展」に「柳緑花紅頌」中の「葦蓮の柵」を出品、1等賞となる。5月、京橋・中央公論画廊でオレンダ人ベン・ヨッペと2人展を開催する。筑摩書房より柳宗悦編『棟方志功板画』、京都・丁字屋より『棟方志功心経柵巻』を刊行。「海山の柵―乾坤なる父母上に捧げる」(1回日展)「飛流の柵」(3回現代日本美術展)「葦蓮の柵」(ニューヨーク・現代日本版画展)「群生の柵」(9回選抜秀作美術展)「湧然する女者達々」「追開心経頌」(日本美術欧州巡回展)「日本の季歌」(「柳緑花紅頌」のこと)(10回日本板画院展)昭和34年 1月、ロックフェラー財団とジャパンソサエティーの招きで、山下汽船山君丸で渡米。ニューヨーク、ボストン、クリーブランド、シカゴ、シアトル、サンフランシスコなど各地の大学で版画の講義と個展を開催し、11月帰国。この間8月中旬からオランダ、フランス、スペイン、イタリア、スイスへ1ヶ月旅行し、パリ郊外オーベルのゴッホの墓を訪れる。6月、ニューヨークにマレー・ジャフ夫妻が「棟方ギャラリー」を設立する。10月、「棟方志功板画欧州主要都府展」の国内展が東京国立近代美術館で開かれ、約2年間ヨーロッパを巡回した。なお、渡米の際、山君丸の船内で後援者水谷良一の病気平癒を祈り、「水谷頌」を開板したほか、多くの作品を制作した。また滞米中、11月より創刊の中央公論社『週刊公論』の表紙(35年4月まで続く)や2回日展出陳の「マンハッタンに立つ」を制作する。他に連作「ホイットマン詩集抜粋の柵」など発表する。青森県第1回文化賞を受賞。えくらん社より「空海頌」を刊行。「摩奈波門多に立ね」(2回日展)「ホイットマン板画の柵」(11回日本板画院展)昭和35年 「狩漁の柵」「鷺畷の柵」「松網の柵」「般若心経板画柵」などを制作。1月より半年にわたってクリーブランド美術館主催の「棟方志功展」がアメリカ各地で開かれる。3月、日展評議員となる。同月、東横渋谷店で帰国記念展を兼ね「第9回芸業展」を開催。この年はじめより眼疾すすみ、秋には左眼ほとんど失明する。大阪・萌木より『妙肌韻板画柵』を刊行。「狩漁の柵」(3回日展)「松網の柵」「鷺畷の柵」(4回日本現代美術展)「丑午の柵」(12回日本板画院展)昭和36年 1月、青森県庁玄関上に板壁画「花矢の柵」を制作。日本国際美術展に「七海の柵」、日展に「円空の柵」などを発表。10月より『中央公論』連載の谷崎潤一郎「瘋癲老人日記」の挿絵板画の制作を始める。3月、「棟方志功芸業展第10回記念展」として障壁画、襖絵を展示。5月、恩師柳宗悦死去。7月、京都・嵯峨の法輪寺より法橋位を受ける。9月、東京・浅草の東本願寺の茶室の襖絵を描く。ブリヂストン美術館で「棟方板画屏風展」をまた神奈川県立鎌倉近代美術館でも屏風展を開催する。この年より『大法輪』誌上に自叙伝「板妙肌」(口述)を連載する。「円空の柵」(4回日展)「七海の柵」(6回日本国際美術展)「鼓妃の柵」(13回日本板画院展)昭和37年 「風舞の柵」(のち「風韻の柵」「渦風の柵」と改題)「巴舞の柵」(のち「巴韻の柵」と改題)「誕生の柵」、日展に「伊我良天神像」(のち「怒天神の柵」と改題)などを発表する。14回日本板画院展に郷土の作家葛西善蔵の歌をもとにした「哀父頌」を、谷崎潤一郎原作の「瘋癲老人日記板画柵」(37柵)を制作する。このころより、小林正一郎の歌による「山懐頌」を制作する。元旦、富山県の真言密宗大本山目石寺より法眼位を受ける。続いて京都嵯峨法輪寺よりも法眼位を再叙位される。5月、東横渋谷店で「第11回棟方志功芸業展」を開催。6月、松江市庁舎市民室に板壁画「鼓笛の柵」(「宇宙頌」と同じもの)を完成、同市公会堂で記念展を開く。7月、外務省の委嘱でローマ日本文化会館へ「華狩頌」「柳緑花紅頌」を送る。大原総一郎がその母寿恵子33回忌追善のため、棟方板画による私家本『大原寿恵子歌集抄』(「大原頌」と改題)を刊行。この年『国際写真情報』に4月より6回にわたり版画の講義を連載する。「伊我良天神像」(5回日展)「風舞の柵」「巴舞の柵」(5回日本現代美術展)「悲しき父」(「哀父頌」のこと)(14回日本板画院展)昭和38年 日展に「貝族の柵」、日本国際美術展に「恐山の柵」を発表する。1月、南米チリで日本大使館主催で「棟方志功展」を開催する。外務省製作の映画「日本美術と工芸」の版画部門を受け持ち、その制作状況を撮影される。つづいて八戸市の郷土芸能えんぶりを見るため帰省する。2月、東京国立近代美術館で現代日本版画名作展が開催され、「天妃乾坤韻」(「工楽頌」の別名)が陳列される。3月、東横渋谷店で第12回棟方志功展開催。このころ、駿河銀行岡野喜一郎頭取より現代の東海道五十三次版画の制作依頼を受け、4月より取材に着手、翌39年3月まで7回の取材旅行を行う。5月、石川県加賀市片山津温泉よしのや旅館の板壁画完成する。11月、倉敷市国際ホテルの大板壁画「乾坤頌―人類より神々へ」(栄航―滋航の2柵、のち「大世界の柵―坤」と改題)が完成する。同月、倉敷市大原美術館に棟方板画館落成する。10月、長野、富山両市で個展を開催。この年、藍綬褒章を受ける。「貝族の柵」(6回日展)「風韻の柵」(14回選抜秀作美術展)「恐山の柵」「巴韻の柵」(7回日本国際美術展)「楽妙の柵」(15回日本板画院展)昭和39年 「道標の柵」「讃々の柵」「天網の柵」「賜顔の柵」などを制作、「東海道棟方板画」62柵を開板する。1月、皇居の御歌会始に招かれる。同月、弘前市民文化会館の緞帳「御鷹を揚げる妃達々」の原板画を作る。2月、伊勢神宮に奉献する倭画「富士山」「不二山」を完成。3月、棟方ギャラリー、東横渋谷店より白木屋日本橋店に移る。同月、虎の門の国立教育会館に「柳緑花紅頌」による板壁画四面完成。4月、「雲をかたどる十二妃達」(横浜新駅用原板画)を作る。首相官邸の貴賓室に「柳緑花紅頌」屏風を制作。10月より翌年3月にかけて朝日新聞社主催の「棟方志功板業代表作展」を東京、名古屋、鹿児島、熊本、広島、大阪、仙台、山形で開催する。中央公論社より自伝『板極道』、朝日新聞社より『東海道棟方板画』を刊行。「賜顔の柵」(7回日展)「道標の柵」(6回日本現代美術展)「湧然する女者達々」(15回選抜秀作美術展)「貝族の柵」(4回東京国際版画ビエンナーレ展)「讃々の柵」(オリンピック協賛展)「釈迦十大弟子」(東京オリンピック芸術展示)「青森の自板像」(16回日本板画院展)昭和40年 「津軽海峡の柵」、草野心平の詩による「富嶽頌」(20柵)、「弁財天妃の柵」などを制作する。他にハワイ、アメリカでの作品「ミキの首飾り」「ミキの耳飾り」「ワイキキ水泳場」「キナ撫子の柵」「胴長妃の柵」などを制作し、東急日本橋店の「滞米展・近作展」に出品する。1月、日本の木版画に尽くした功績により昭和39年度朝日文化賞を受ける。2月、セントルイスのワシントン大学の招きで渡米し、4月まで日本版画を講義する。その間、ダートマス大学より名誉文学博士号を受ける。6月帰国。イタリア芸術院より名誉会員に推される。紺綬重飾褒章を受ける。「津軽海峡の柵」(8回日展)「富嶽頌」(朝日賞受賞記念展)「道標の柵」(16回選抜秀作美術展)「積丹の歌」「揉足の柵」(「キナ撫子の柵」を改題したもの)(17回日本板画院展)昭和41年 日本現代美術展に「乳願の柵」を出品する。倭画「富士十題」などを制作。倉敷・大原美術館「棟方板画館」に出陳するため、「追開東海道棟方板画妙黛屏風」(8曲1双64柵)を完成する。7月14日、脳血栓で倒れる。秋ごろより制作再開。岩崎美術社より草野心平詩、棟方板画による『富士山』を刊行する。11月、河井寛次郎死去。「乳願の柵」(7回日本現代美術展)「追開東海道棟方板画妙薫屏風」(大原美術館棟方板画館陳列)「賜顔の柵」(17回選抜秀作美術展)昭和42年 日本国際美術展に「津軽三味線の柵」(4柵)、日展に「巴礼寿の審判の柵」(のち「審判の柵」と改題)「砂山の柵」「誓刻の柵」などを発表する。日本板画院より名誉会員に推される。10月、アメリカのクリーブランド市のメイ・カンパニー主催による「棟方志功板画屏風形体ワンマンショー」のため渡米。続いてニューヨークのブルックリン美術館、ワシントンのスミソニアン美術館でも展示。翌43年1月末帰国。4月、東京・新宿の紀伊国屋ホールでの劇団民芸公演「ヴィシーでの出来事」(アーサー・ミラー原作)の美術を担当する。「巴礼寿の審判の柵」(10回日展)「津軽三味線の柵」(9回日本国際美術展)昭和43年 日本現代美術展に「手に負う者達々の柵」、日展に「御志羅の柵」(のち「飛神の柵」と改題)を発表。他に「安於母利妃の柵」「立つ者々の柵」「湧く者々の柵」(のち「湧然美神の柵」と改題)「撫生子の柵」「釈迦三尊の柵」「合浦の柵」などを制作。大阪万国博のための大板壁画「大世界の柵」の制作に着手する。7月、大原総一郎死去する。「手に負う者達々の柵」(8回日本現代美術展)「飛神の柵」(11回日展)「ハドソン落日の柵」(18回日本板画院展)昭和44年 日展に「東北風の柵」を出品したほか、「光明の柵」「烏帽子鷹妃の柵」「大世界の柵 乾 」を制作。縦2.4メートル、横13.5メートルの大作で、8月に完成し、翌年3月から開催された大阪万国博の日本民芸館に展示した。2月、青森市名誉市民第1号とその称章を受ける。3月、伏見稲荷大社新儀式殿に七面の倭画大壁画を完成する。6月、アメリカCBC放送の要望により、アポロ11号月着陸宇宙放送のため「月三題」の墨絵半折を描く。10月、青森市文化センターの板壁画「華狩頌」「宇宙頌」の除幕と同館開館記念の「青森名誉市民棟方志功作品展」を開催。同月、朝日新聞社主催による板芸業四十周年記念「棟方志功障壁画展」が東急日本橋店で開かれる。講談社より『棟方志功板画大柵』、弘前・緑の笛豆本の会より『哀しき父と悲しき母の物語』刊行。「東北風の柵」(1回日展)「道標の柵」「海山の柵」(9回日本現代美術展)「円空造仏の柵」(19回日本板画院展)昭和45年 安川電機より委嘱のカレンダー用の「西海道棟方板画」に着手。日展に「第九の祭柵」(「亦楽窓頌板画柵」ともいう)、友人の竹内俊吉のために「竹内俊吉句板頌」などを制作。1月『棟方志功板画大柵』と「板芸業40年記念障壁画展」に対し、第11回毎日芸術大賞を受ける。4月、名古屋・名鉄百貨店で「毎日芸術大賞受賞記念棟方志功展」を開催。6月「西海道棟方板画」(表紙とも13柵)開板。11月3日、文化勲章を受賞、文化功労者に指定される。講談社より『棟方志功芸業大韻』を刊行。「第九の祭柵」(2回日展)「大世界の柵 乾 」(万博日本民芸館展)「釈迦十大弟子」(20回日本板画院展)昭和46年 日展に「八甲田山の柵」「名久井鷹妃の柵」「十三の詩の柵」などを制作する。9月、「続西海道棟方板画」を完成、日比谷公会堂の緞帳原版画「空海頌」、マニラのアジア開発銀行会議室タピストリー壁画の原板画「輝躍の柵」などを制作。2月、沖縄タイムスの招きで沖縄本島、八重山群島に旅行し、沖縄で浜田庄司、芹沢銈介と三人展を開催。5月から朝日新聞社主催の文化勲章受章記念展を東京、大阪、福岡、熊本、青森、名古屋、広島で開催する。8月、陸奥新報社創刊25周年を記念し、「棟方志功ねぶた」(弘前式の扇ねぶた)を作る。10月、東奥日報社制定の第1回佐藤尚武郷土大賞を受ける。10月、九州工業大学明専会館に壁画「安川第五郎翁韻頌図」を制作する。この月から著書『板極道』をもとにしたテレビドラマ「おかしな夫婦」が半年にわたり放映る。「八甲田山の柵」(3回日展)「モウッコ面・大世界の柵」(21回日本板画院展)昭和47年 八曲半双の大作「厖濃の柵」を発表する。2月から3月にかけ、草野心平らとインドを旅行し、この旅行から想を得て、板画「厖濃の柵」、倭画「厖茫濃膿図」、油絵「大印度厖濃図」をはじめ、スケッチを含め百余点を制作する。インド独立25周年を祝して、10月、東急日本橋店で外務省、インド大使館後援で「棟方志功芸業頌厖濃展」を開く。5月、30年ぶりの油絵写生の旅を信州に行い、70余点の作品を得る。6月、四国に取材した「南海道棟方板画」13柵完成。講談社より『大和し美し』を複刻刊行。また、この年同じく講談社より浜田益水の写真集『写真棟方志功』『日本の名画・棟方志功』が刊行された。「厖濃の柵」(棟方志功芸業頌厖濃展)「沙羅苑の柵」「名碑苑の柵」(22回日本板画院展)昭和48年 1月、金沢・三越で「棟方志功芸業展」開催。3月、東急日本橋店で「蘭奢待頌展」開催する。5月、芭蕉の『奥の細道』のあとを東京から北にたどり、青森まで足を伸ばして取材。この旅行での三百余点のスケッチをもとに「奥海道棟方板画」13柵のほか、板画10数点などを制作する。8月、青森に帰り、倭画「八甲田山」連作などを制作、8月末、神戸・湊川神社楠公会館の倭画大壁画を完成する。この年、日展に「華厳経の柵」春夏秋冬4柵を出品、「墨面と板業者の柵」「日本板画碑原校画の柵―地水火空」「殺生石の柵」などを制作する。9月より11月まで文化庁主催の地方巡回美術展(「近代日本の版画展」)に「柳緑華紅頌」と「工楽頌両妃散華」が出陳され、宇都宮、浜松、下館、いわきの各市を巡回。10月、財団法人棟方板画館を設立。東急札幌店開店記念として「宝門加得渡宇頌韻展」を開催。続いて旭川、釧路、阿寒を旅行する。11月、『奥の細道』の後半に当たる羽越地方を取材し、中旬、東急日本橋店で新作による「棟方志功芸業昴展」を開く。春秋社より柳宗悦の偈、棟方板画による『心偈』を刊行。「華厳経の柵」(5回日展)「日本板画碑原校画の柵 327」「千載の柵」「登利加牟渡の柵」(「墨面と板業者の柵」の別名)(日本国際美術展)「柳緑華紅頌」「工楽頌両妃散華」(近代日本の版画展)「佳宵石割桜の柵」(23回日本板画院展)昭和49年 正月全長17メートルの「禰舞多運行連々絵巻」を制作。春、武蔵野を取材し、「むさしのひめかみの柵」「深大寺鐘桜の柵」など20数点を制作、また「『わだはゴッホになる』の柵」を発表。3月、日本放送協会より放送文化賞を受ける。5月、『奥の細道』後半の新潟から大垣まで、芭蕉の足跡を取材。6月、「羽海道棟板画」13柵を制作。東急吉祥寺店開店を記念して「吉祥展」を開催。7月、志功を改め、志昴とする。3月より8月まで毎日映画社制作の記録映画「彫る」の撮影続く。9月、鎌倉市津1182-4(鎌倉山旭ヶ丘)に棟方板画館開館。10月18日渡米。ダラスのサザン・メソジスト大学、ミシガン州のクランブルック美術アカデミー、ニューヨークのジャパンソサエティー、セントルイスのワシントン大学で講演と木版画制作のデモンストレーションを行う。ニューヨークでリトグラフ20数点を制作。この旅の途中、10月末に脳貧血で倒れ、ニューヨークで静養。12月2日帰国し、直ちに慈恵会医科大学付属病院に入院する。12月、志昴を再び志功に改める。この年、日展に「捨身施虎の柵」出品。夏、最後の板画制作品「墓碑銘」を作る。この年、平凡社より『称舞多運行連々絵巻』原寸複刻版を刊行。「捨身施虎の柵」(6回日展)「讃々の柵」(24回日本板画院展)昭和50年 3月、NHK放送開始50周年記念切手「観聞の柵」発行。同月、日展理事、4月、日展常任理事となる。同月、毎日映画社の記録映画「彫る-棟方志功の世界」完成。4月退院、自宅で療養を続ける。5月下旬、旧作「瞞着川板画巻」から13点を選び彩色、51年度安川カレンダーとする。まとまった仕事としては、これが最後の作品となる。9月13日、東京・杉並区の自宅で肝臓癌のため死去。戒名は華厳院慈航真海志功居士。従三位を追贈される。11月16日、青森市市葬。11月17日、青森市に棟方志功記念館が開館。10月31日より6日間、東急日本橋店で昭和42年と49年の2度の滞米中に制作したリトグラフ34点を展示した「棟方志功石版画展」を開催する。この年、集英社より『現代日本の美術・棟方志功』刊行。昭和51年 9月、朝日新聞社より板画の主要作品を網羅した『棟方志功板業集』を刊行。9月10日より年内にかけて棟方板画館、朝日新聞社の主催で「棟方志功展」が東京・名古屋・大阪・京都・横浜・札幌で開催。

中川雄太郎

没年月日:1975/04/10

 版画家中川雄太郎は、4月10日死去した。享年65歳。明治43年静岡市に生れ、県立庵原中学校を卒業した。昭和8年第8回國画会展、同年第3回日本版画協会展より出品し、昭和13年日本版画協会々員となった。昭和18年より同20年迄静岡県清水女子商業学校、並に静岡城内高等女学校図画教員をつとめた。昭和19年より同21年迄静岡県庵原郡西奈村助役に就任し、同22年農地調整法に依り不耕地主より文具小売商に転じた。日本版画協会々員、國画会版画部会員、静岡県版画協会々員、静岡市美術展審査員で、そのほかきつつき会、童土社(静岡)、七凡社(静岡)等にも関係をもつ。なお、戦前には版画誌「ゆうかり」を編集し、著書に「版画手帖」(昭和24年)がある。

前田政雄

没年月日:1974/03/27

 日本版画協会、国画会版画部の会員であった木版画家前田政雄は、明治37年12月4日、北海道函館市に生れた。大正13年川端画学校洋画科を修了し、油絵を梅原龍三郎に、版技術を平塚運一に学んだ。日本版画協会、国画会版画部に作品を発表、昭和5年国際美術協会展で「支笏湖」が受賞、又国画会展では昭和14年「房總海辺」で褒状、翌15年には「黒猫」「大海」で奨学金を受賞している。その他、聖徳太子奉賛展、大調和展、日本水彩画展にも作品を発表していた。自宅は東京都世田谷区。

木和村創爾郎

没年月日:1973/11/06

 木版画家、木和村創爾郎は、明治33年1月松山市に生れた。本名正次郎。大正13年京都市立絵画専門学校を卒業、昭和17年東京に居を移し、翌年から版画に転向し、21年第1回日展に「霊廟好日」、第14回版画協会展に「浅草観音」また20回国画会展に「浅草観音内陣」の版画を出品、版画家として活動をはじめた。以後、毎年日展に出品、また、25年からは光風会展に作品を毎年出品している。33年からは、日展、光風会、日本版画協会の各展覧会が出品の場となっている。44年には2月から11月迄渡欧、巴里に滞在し、ル・サロンに出品し「帝釈峡」が同展で受賞した。45年再び渡仏、ル・サロンで「蝶々夫人の家」で受賞、46年4月3回目の渡欧で、各地を写生し、ル・サロンで「Lopera」が受賞した。47年4回目の渡欧、ル・サロンで「Cast’s Angero」が金賞となり、同展の無鑑査待遇となった。48年、30年に亘る全作品集製作を企画、作製に当り8月刊行となったが惜しくも11月逝去した。自宅は東京都葛飾区。主要作品は、「霊廟好日」(21年)「海辺麦秋」(25年)、「野ばらの園」(26年)、「ステンド・グラス」(31年)、「連峰妙義」(33年)、「帝釈峡」(39年)、「蝶々夫人の家」(41年)「Cast’s Angero」(47年)等。

初山滋

没年月日:1973/02/12

 日本童画家協会会員・日本版画協会名誉会員の初山滋は、2月12日午後0時5分、肺炎のため東京・板橋区の日大板橋病院で死去した。享年75歳。明治30年7月10日東京浅草に生れた。本名繁蔵。浅草田原町田島小学校を卒業、まもなく染物屋に奉公、染物下絵で才能を示し、明治44年井川浩崖に弟子入りして風俗画や挿絵の指導をうけた。大正8年以後、北原白秋、浜田広介、小川未明らの児童文学興隆期に、その童謡・童話集の装釘、挿絵に幻想的抽象的な画風で名声を確立した。また、昭和5年頃から木版画の制作もはじめ、個展や日本版画協会展で作品を発表した。昭和35年には、スイス、ルガノ国際版画展に出品した。42年6月、童画「もず」(至光社絵本)で国際アンデルセン賞の国内賞を受けた。41年には紫綬褒章、45年には勲四等旭日小綬章を受けた。

深水正策

没年月日:1972/10/14

 享年72才。版画家深水正策は1900年9月28日長野県木曽福島の母の郷里で生れた。上智大学中退後アメリカに渡ってコロンビア大学とハーバード大学に学び、またヨーロッパにも渡って6年を過した。太平洋美術会に属する。1957年ごろから10年間余にわたって銀座・渡辺木版画店のサロンで毎月一回版画懇話会を上野誠と主催して版画研究に尽力した。太平洋画会でも版画を指導。主要作品「ピノキオ」(ドライポイント)、「真夏の夜の夢」(エッチング)、「死の灰」「黒い雨」(木版)。他に翻訳および青少年向伝記小説集の著作がある。1967年現在で北多摩郡狛江町狛幼稚園、代々木東京高等服装女学院に勤務。親友には故人となった荻島安二、中村義男がいた。なお、雑誌「全線」第5巻7月号(1964年)に自筆略歴の記載がある。

川上澄生

没年月日:1972/09/02

 国画会会員、日本版画協会会員の木版画家川上澄生は9月1日午後零時40分、心筋こうそくのため宇都宮市の自宅で死去した。享年77才。川上澄生は本名を澄雄、明治28年(1895)4月10日に横浜市に生まれ、青山学院高等科を卒業、同級生に木口木版画家合田清の長男弘一がいた関係で木版画に興味をいだき、中等科卒業のころ木下杢太郎(大田正雄)の戯曲集「和泉屋染物店」の木版12絵(絵・杢太郎、彫、伊上凡骨)に接して木版を試みようと意図し、また同時期には竹久夢二の作品に深く魅了された。大正6年から7年(1917-18)、父のすすめで渡米したカナダのビクトリアからシャトル、アラスカを放浪したが、大正10年、栃木県立宇都宮中学校の英語教師となり、大正13年(1924)第4回国画創作協会に素描を出品、昭和2年(1927)には日本創作版画協会会員となった。また昭和5年(1930)から国画会展に出品を続け、昭和17年(1942)同会同人に推挙されている。昭和2年に発表した作品「青髯」は棟方志功をして版画に志ざさせたとつたえられているが、初期には19世紀西洋風俗を題材としたものが多く、昭和10年代になると新村出著「南蛮広記」などの影響をうけて南蛮紅毛を主題とした作品が現われる。明治開化の情趣、南蛮紅毛の異図趣味をもつ詩的な作風はその自作の詩とともに多くの愛好家に親まれていた。年譜明治28年(1895) 4月10日、神奈川県横浜市に父川上英一郎、母小繁の長男として生まれる。明治34年 東京市牛込区富士見小学校尋常科に入学。明治35年 東京府立青山師範学校附属小学校に転入学。明治40年 青山学院中学科に入学。明治45年 中等科を修了、青山学院高等科に入学、このころ渋谷の合田清の木口木版アトリエをしり版画に興味をいだく。大正5年 青山学院高等科を卒業。友人4人とコーラスグループをつくり、芸術座の舞台裏の合唱、新国劇の手伝いなどをする。大正6年 父の所用もかねてカナダのビクトリアへいき滞在する。大正7年 3月、シアトルへ行き日本人経営のペンキ店に傭われる。アラスカの鮭罐詰工場の製造人夫に契約する。10月、スケッチブック数冊を持ち、帰国する。大正8年 日本看板塗装株式会社に入社、3月退職。日本橋の羅紗問屋暮日商店直輸部に入り、英文手紙などの仕事をする。大正10年 栃木県立宇都宮中学校英語教師に就職、教諭心得。野球部副部長(のち退職するまで野球部長をつとめのちに栃木県中学野球の功労者として表彰された)。大正12年 12月、宇都宮市郊外姿川村鶴田に家屋を新築し、「朴花居」と名付ける。大正13年 11月、第4回国画創作協会展に素描「春の伏兵」を出品。大正15年 3月、第5回国画創作協会展に木版「初夏の風」「月の出」出品。昭和2年(1927) 自画自刻自摺の木版詩画集『青髯』(限定33部、詩4篇を含む)を出版。第6回国画創作協会展に木版画「風船乗り」「秋の野の草」「煙管五本」「蛇苺」を出品。日本創作版画協会会員となる。昭和3年 3月、英語教員の免許を取得、栃木県立宇都宮中学校教諭となる。昭和4年 『春日小品』『夏日小品』(限定50部)、『ゑげれすいろは』(限定50部)。昭和5年 『ゑげれすいろは』(詩、版画二冊、やぽな書房)。昭和6年 『伊曽保絵物語』(未製本)。恩地考四郎、前川千帆らと卓上版画展を開催。この年、日本創作版画協会は日本版画協会と改称。昭和8年 第8回国画会展(以下、国展)に「静物」「陸海軍」出品。版画雑誌『版芸術』第17号川上澄生特集。昭和9年 国展:「本と時計と畑管」。『変なリードル』(版画荘)。昭和10年 国展:「静物A」「静物B」。アルファベット順英単語によせた詩と絵『のゑげれすいろは人物』(版画荘)昭和11年 国展:「人力車二台」「人力車三台」。『少々昔噺』『りいどる絵本』(版画荘)、『ゑげれすいろは静物』(不明)。昭和12年 国展:「裏表」「静物」「和洋風俗着せ替へ人形」。昭和13年 国展:「風景」「風景」。小坂千代と結婚。昭和14年 国展:「とらむぷ絵に寄せて」。『とらんぷ絵』(民芸協会)。2月長男不尽生まれる。昭和15年 国展:「黄道十二宮」「士官一人兵士十八人」。『伊曽保の譬ばなし』『らんぷ』(アオイ書房)。昭和16年 国展:「じゃがたらぶみ」。『じゃがたらぶみ』(民芸協会)、『文明国化従来』(アオイ書房)。昭和17年 国展:「御朱印船」、国画会同人に推挙される。『安土の信長』、『横浜懐古』(民芸協会)、『御朱印船』(日本愛書協会)、『南蛮船記』。2月長女ふみ生まれる。3月栃木県立宇都宮中学校を退職する。木活字の制作をはじめ800字余をつくる。昭和18年 国展:「南蛮船記」「安土の信長」。『しんでれら出世絵噺』(日本愛書会)、『黒船館蔵書票集』(黒船館)、『南蛮好み天正風俗』『いろは絵本』を制作。『幻灯』『南蛮竹枝』『いんへるの』(るしへる版)、『明治少年懐古』(明治美術研究所)、『時計』(日本愛書会)、栃木県警特高係より出頭を命ぜられる。昭和19年 国展:「南蛮国人物図絵」「たばこ渡来記」。『へっぴりよめご』『とらんぷ絵』『山姥と牛方』『黄道十二宮』『蛮船入津』昭和20年 3月、北海道胆振国勇振郡安宅村追分の妻の実家へ疎開、4月次女さやか誕生。6月白老郡に転居。8月、北海道庁立苫小牧中学校嘱託となる。『明治調』(はがき版5葉)。昭和21年 第20回図展:「いんへるの」「西洋骨牌」。『ゑげれすいろは』(富岳本社)、『兔と山猫の話』(柏書店)昭和22年 国展:「にかるの王伝」。『あいのもしり』(憲法記念展出品)、『えぞかしま』『にかるの王伝』、『瓜姫』、『長崎大寿楼』、『横浜どんたく』(日本愛書会)、『二人連』。昭和23年 国展:「ぱんとにんふ」。12月、教え子たちの招請により宇都宮へ帰る。栃木県立宇都宮女子高等学校講師となる。昭和24年 国展:「南蛮人図」。11月、第1回栃木県文化功労章を受賞。昭和25年 『平戸幻想』、『銀めんこ』、『川上澄生作蔵書票作品集』昭和26年 国展:「蛮船三艘」。『はらいそ』。3月アマチュア版画家による純刀会を結成、これを主宰する。昭和25年 国展:「静物」「鶏」。『少年少女』(手彩色木版画と文)。昭和28年 国展:「悪魔も居る」。詩画集『洋灯の歌』、『ゑげれすいろは人物』『新的列子』『ランプ』(竜星閣)。昭和29年 国展:「静物」。『少々昔噺』(竜星閣)。昭和30年 国展:「さまよえるゆだや人」「洋灯と女」。『あだんとえわ』、『あびら川』、『あいのもしり』(札幌青盤舎)。昭和31年 国展:「蛮船入津」。『遊園地廃墟』、『我が詩篇』(竜星閣)。昭和32年 国展:「静物」。昭和33年 国展:「着物だけ」。『えぞがしま』(青盤舎)、『大寿楼』『二人連』(吾八)。昭和34年 国展:「静物」。『伊曽保の譬絵噺』(改版)、『版画』(東峰書院)。2月、出版記念会を開き、白木屋にて川上澄生版画展を開催する。昭和35年 国展:「アマゾン女人図」。『スタンダード第一読本巻一抄訳』(亜艶館)。昭和36年 国展:「美人国」「蘭館散策図」。『雪のさんたまりあ』、『長崎』。昭和37年 国展:「風景的静物」。『ぱんとにんふ』(吾八)、『蛮船入津』。昭和38年 国展:「東印度会社之図」。『瑪利亜十五主義』昭和39年 国展:「南蛮諸国」。昭和40年 国展:「南蛮諸国」。『南蛮諸国、上・下』(吾八)、『青髯』(吾八)、『洋灯と女』(亜艶館)、『アラスカ物語』(日本愛書会)。昭和41年 国展:「偽版えぞ古地図」。『蛮船入津』(中央公論社)、『北風と太陽』(吾八)、『平戸竹枝』。昭和42年 国展:「蛮船」。『新版明治少年懐古』(栃木新聞出版局)、『いまはむかし』(青園荘)、『横浜』(吾八)。11月、勲四等瑞宝章を受ける。昭和43年 国展:「横浜海岸通り」。『明治調十題』(栃木新聞社)。昭和44年 国展:「箱庭道具」。『履歴書』(吾八)。昭和45年 国展:「偽版古地図」、『南蛮調十題』(栃木新聞社)。昭和46年 国展:「泰西人物」。『あだんとえわ』(栃拓)、『澄生全詩』(大雅洞)、『女と洋灯』(栃拓)、『澄生硝子絵集』(吾八)。昭和47年 国展:「絵の上静物」。『街頭人物図絵』(吾八)。4月、妻千代死去する。9月1日死去。美達院光誉彩澄居士。(出品作品:「」、出版:『』)

吉田政次

没年月日:1971/09/19

 日本版画協会会員の木版画家吉田政次は、9月19日午後6時7分、胃ガンのため東京新宿区の東京女子医大病院で死去した。享年54才。大正6年(1917)3月5日、和歌山県有田郡に生まれ、昭和9年(1934)に和歌山県立耐久中学校を卒業し、翌年上京、川端画学校に学び、昭和11年(1936)東京美術学校西洋画科に入学し、昭和16年(1941)に同校を卒業した。翌17年現役兵として中支に派遣され、昭和21年(1946)帰還し、同年東京美術学校研究科に入り、翌22年同科を修了した。昭和24年(1949)日本版画協会第17回展に木版画「働く父子」を出品、以後、毎年出品し、昭和27年同会会員となった。また、昭和25年(1950)、モダンアート協会が創立された第1回展に招待出品、同28年にモダンアート協会会友、翌29年会員に推挙されたが、昭和37年(1962)同会を退会した。両展に作品「静」シリーズ、「空間」シリーズを発表して注目され、昭和30年(1955)スイス・ルガーノ国際版画ビエンナーレ展に出品、31年(1956)スイス・チュリッヒ国際版画展に出品など国際展でも活躍し、昭和32年(1957)東京国際版画ビエンナーレ展において新人賞を受賞、昭和44年(1969)には、スペイン、バルセロナ市で開催された第8回ホアン・ミロ賞国際素描展に「門」を出品して大賞をうけた。作品略年譜昭和24年 「働く父子」昭和24年 「生の果て A、B」昭和26年 「若き交り A~D」「争い」「二人」「バレリーナの夢 A、B」昭和27年 「静 1~6」昭和28年 「静 19~32」昭和29年 「静・残されたもの 51~61」昭和30年 「静・残されたもの 66~68」「清楚(女優S・H嬢の映像)」「清楚(バレリーナM・T嬢の映像)」「団結・友愛・出発・建設」昭和31年 「森の精」「地の泉 1~4」昭和32年 「作品、新しき出発」昭和33年 「雷」昭和34年 「相対性絵画NO.5」「無限NO.2-3」「空間2~8」昭和35年 「静寂」「空間」昭和36年 「空間NO.5」「昔NO.6」昭和38-39年 「空間NO.21~39」昭和40年 「壁の中の白NO.4~5」「空間 50」昭和41年 「壁の中白NO.6」「空間 52」昭和42年 「除夜の鐘NO.1~2」「余韻NO.2」昭和43年 「躍動する心NO.1~5」

勝平得之

没年月日:1971/01/04

 木版画家で、もと日本版画協会会員であった勝平得之(本名・徳治)は、1月4日、胃ガンのため秋田市立総合病院で死去した。享年66才。勝平得之は、明治37年(1904)4月6日、秋田市で代々紙漉と左官を職とする家に生まれた。少年時代は家業を手伝い、後年、その紙に版画を摺ることとなったが、大正10年(1921)に浮世絵版画をみて、版画にひかれ、独習して同年末に墨摺りの木版画をつくり、秋田魁新聞に投稿、発表した。しだいに独学で多色摺り木版技術を習得し、秋田十二景の連作に着手、昭和3年(1928)、第8回日本創作版画協会展に「外濠夜景」「八橋街道」二点が入選した。 このころ木村五郎について木彫技術を学び、秋田風俗人形、秋田犬などを製作して生計をたてながら木版画をつくり、以後、卓上社版画展(昭和4~5)、日本版画協会展(昭和6年以後)、国画会展(昭和6~18)、光風会展(昭和9~31)、帝展・文展(昭和6年以後)にそれぞれ出品した。終始、郷土秋田の風物・風俗を題材として地方色豊かな作品をつくり、昭和26年秋田市第1回文化賞、昭和29年秋田魁新聞社文化賞、昭和37年河北文化賞をうけた。代表作に、つぎのようなものがある。「秋田十二景」(12枚、昭和3~13)、「千秋公園八景」(8枚、昭和8~12)、「秋田風俗十態」(10枚、昭和10~13)、「秋田風俗十題」(10枚、昭和14~18)、「花四題・春夏秋冬」(昭和13~14」、「農民風俗十二ケ月」(12枚、昭和24~26)、「米作四題」(昭和24~27)、「舞楽図八部作」(8枚、昭和18~24)、「祭四題」(昭和30~31)、「花売風俗十二題」(12枚、昭和35~34)、出版物に、「秋田風俗版画集」「秋田郷土玩具版画集」「雪橇」、「花の歳時記」「秋田歳時記」などがある。

河野薫

没年月日:1965/12/07

 国画会会員、日本版画協会会員河野薫は12月7日肺ガンのため逝去した。享年49才。大正5年8月12日小樽市に生まれる。油彩、版画ともに殆ど独修で、日本版画協会、国展に版画を出品し、29年に日本版画協会会員に、また国画会では33年会友に、36年会員に推挙された。略年譜大正5年(1916) 8月12日小樽市に生まれる。昭和19年 日本版画協会展初入選(木版画)。昭和27年 国画会展に初入選。昭和29年 日本版画協会会員に推挙される。昭和30年 国画会第29回展で木版画「郷愁」「海の幻想」が国画会賞受賞。昭和31年 現代日本版画展出品(木版画・セリグラフ)。昭和32~33年 オレゴン東西展、ニューヨーク、シカゴ、コロンボ、ユーゴスラビア各地の展覧会、スイス、グレンヘン・トリエンナーレ展等に出品。33年国画会会友となる。昭和34年 東京養清堂画廊の他シァトル、シカゴで個展をひらく。日本版画協会展「白と黒」「突進」。昭和36年 国画会会員に推される。昭和37年 国画会36回展「椿(F)」、オーストラリヤ、ニューサウズウェールズ美術館主催の同国内巡回日本現代版画展に出品。昭和38年 国画会37回展「おとずれ」。昭和39~40年 外務省によるデンマーク、スエーデン、イタリーにおける現代日本版画展出品、又40年にはクアラルムプールの現代日本版画展出品。12月7日逝去。

to page top