本データベースは東京文化財研究所刊行の『日本美術年鑑』に掲載された物故者記事を網羅したものです。(記事総数 2,850 件)





奥村土牛

没年月日:1990/09/25

 現代日本画壇の最長老で文化勲章受章者奥村土牛は、9月25日午後6時8分、脳梗塞のため東京都港区の虎の門病院で死去した。享年101。明治22(1889)年2月18日、東京京橋に出版社藍外堂を営む奥村金次郎、たまの長男として生まれ、本名義三。32年日本橋区城東尋常小学校尋常科を卒業し高等科に進むが、病弱のため1年で中退。同38年16才の時、梶田半古の画塾に入門し、塾頭だった小林古径の指導を受ける。翌39年日本美術院の名で開催された日本絵画展覧会に「菅公の幼時」が入選し、40年東京勧業博覧会にも「敦盛」が入選した。また41年、42年の巽画会展でともに褒状を受賞する。45年逓信省の為替貯金局統計課に勤務し、ポスターや統計図、絵葉書などを描き、5年のあいだ勤務した。この間、43年に文芸雑誌『白樺』が創刊されてから毎号愛読し、セザンヌやゴッホ、ゴーギャンら後期印象派に大きな影響を受けた。また22才頃から再び健康状態がすぐれなかったこともあり、以後約10年間にわたって執ようなまでの写生に励む。その成果を、大正6年父の朝陽舎書店からスケッチ集『スケッチそのをりをり』として出版。またこの年、生年の干支「己丑」と『寒山詩』の「土牛、石田を耕す」にちなんで、父から「土牛」の号を与えられ、これが、のちの土牛の芸術的姿勢を貫くことになる。同6年半古が没したのちは古径に師事し、9年から2年ほど古径宅に住み込みで指導を受けた。同10年から新人の登龍門であった中央美術社展、翌11年から日本美術院試作展に入選を続け、12年日本美術院研究員となる。13年には中央美術社第5回展で「家」が中央美術賞を受賞、15年春ごろから速水御舟の研究会に出席し、刺激を受けた。そして昭和2年第14回再興院展に「胡瓜畑」が初入選。この時土牛は38才で遅咲きのデビューであったが、翌3年第15回院展「雨趣」、4年第16回「蓮池」、5年第17回「枇杷と少女」を出品、同4年日本美術院院友、7年同人となる。昭和に入り、古径の画風を思わせる大正期の線的要素の強い画風から豊かな色彩の表現へと移行し、16年第28回院展に戦前の代表作「遅日」を出品する。戦後はそれはさらにふくよかさを増し、28年第38回院展「聖牛」、バレリーナ谷桃子をモデルにした31年第41回「踊り子」、32年第42回「浄心」、代表作の34年第44回「鳴門」、47年第57回「醍醐」、52年第62回「吉野」、53年第63回「僧」、55年第65回「浄心」と、創作意欲は衰えることを知らなかった。まさにその歩みは、雅号のように、また著書の自伝『牛のあゆみ』のように着実な前進を続け、描くことのみに専心した人生は、晩年「画聖」とも言われた。晩年は富士山を多く描き、平成2年第75回院展「平成の富士」が絶筆となった。昭和10年帝国美術学校(現武蔵野美術大学)教授、19年東京美術学校講師、23年武蔵野美術大学講師、26年同大学教授、24年女子美術大学教授に就任。また22年日本芸術院会員、37年文化功労者、55年東京都名誉都民となり、37年文化勲章を受章。日本美術院でも33年監事および評議員、34年理事となり、53年から理事長をつとめていた。 略年譜明治22年2月18日、東京市京橋区に、出版社藍外堂を営む奥村金次郎(28歳)・たま(27歳)の長男として生まれる。本名義三。明治32年 10歳3月、日本橋区城東尋常高等小学校尋常科を卒業、高等科に進むが、健康に恵まれず、1年で中退。明治38年 16歳9月、父の仕事上の知人で梶田半古門下山下某の紹介で牛込矢来町の半古塾に入門。主に塾頭格小林古径の指導を受ける。明治39年 17歳3月、日本美術院の名で開かれた日本絵画展覧会に「菅公の幼時」入選。明治40年 18歳3月、東京勧業博覧会に「敦盛」入選。明治41年 19歳4月、巽画会第8回展に妹をモデルにした「少女」と「ゆく春」出品、「ゆく春」は褒状。明治42年 20歳6月、巽画会第9回展に「とりこ」出品、褒状受賞。明治45・大正元年 23歳7月、逓信省為替貯金局統計課に勤務。ポスターや統計図、絵葉書などの絵を描く仕事を5年ほどつづける。大正6年 28歳11月、木版スケッチ集「スケッチそのをりをり」を父の藍外堂改め朝陽舎書店から出版。この時、生年の干支と「寒山詩」中の「土牛、石田を耕す」に因んだ「土牛(とぎゅう)」の号を父から与えられる。大正9年 31歳この年より2年程、東京府荏原郡馬込村に新築の小林古径の画室に留守番役を兼ねて住込み、古径の傍らで指導を受ける。大正10年 32歳5月、中央美術社第2回展(上野公園竹之台陳列館)に「乙女椿」入選。大正11年 33歳3月、日本美術院第8回試作展(三越)に「トマト畑」入選。6月、中央美術社第3回展(三越)に「白牡丹」「慈姑」入選。大正12年 34歳3月、日本美術院第9回試作展(上野公園竹之台陳列館)に「柿」出品。6月、中央美術社第4回展(上野公園竹之台陳列館)に「犢」出品。9月1日、関東大震災で京橋区中橋和泉町の自宅焼失、スケッチ、下図、作品などすべて灰燼に帰す。この年、日本美術院研究会員となる。大正13年 35歳3月、日本美術院第10回試作展(三越)に「冬池」出品。6月、中央美術社第5回展に「初夏菜果」と「家」出品、「家は」中央美術賞受賞。大正14年 36歳2月、日本美術院第11回試作展(竹之台陳列館)に「鶴見風景」出品。5月、第6回中央美術展に会友として「柿」「麻布南部坂」出品。大正15・昭和元年 37歳2月、第7回中央美術展(日本美術協会列品館)に「鳩」「枇杷」出品。5月、第1回聖徳太子奉讃展(東京府美術館)に「牛」出品。春頃から小林古径の紹介で速水御舟の研究会に出席する。昭和2年 38歳2月、日本美術院第12回試作展(東京府美術館)に「冬」「秋刀魚」出品。3月、第8回中央美術展(東京府美術館)に「少女」出品。9月、日本美術院第14回展覧会(以下院展と略)に「胡瓜畑」初入選。昭和3年 39歳2月、日本美術院第13回試作展に「鴛鴦」「冬池」出品。4月、第9回中央美術展(東京府美術館)に「風景」出品。9月、第15回院展(東京府美術館)に「雨趣」出品。昭和4年 40歳4月、第10回中央美術展に「白梅」出品。9月、第16回院展に芝公園で取材した「蓮池」出品、日本美術院々友に推挙される。11月、小林古径の媒酌により徳島生まれの森仁子と結婚。昭和5年 41歳3月、第2回徳聖太子奉讃美術展に「雁」出品。9月、第17回院展に「軍鶏」「枇杷と少女」出品。昭和6年 42歳9月、第18回院展に「鴉」出品。昭和7年 43歳6月、日本美術院同人に推挙される。9月、第19回院展に堀切菖蒲園で取材した「菖蒲」出品。昭和8年 44歳9月、第20回院展に「孤猿」出品。昭和9年 45歳3月、日本美術院第18回試作展に「鳶」出品。9月、関尚美堂によって九皐会が組織され、会員に迎えられる。昭和10年 46歳3月、日本美術院第19回試作展に「朝顔」出品。9月、第22回院展に「野辺」出品。10月、帝国美術学校(現・武蔵野美術大学)日本画科主任教授となる。昭和11年 47歳2月、第1回帝国美術院展覧会で「鴨」が推奨第1位、後に政府買上となる。5月、第2回九皐会展(東京美術倶楽部)に「餌」「烏賊」出品。9月、第23回院展に「兎」出品。昭和12年 48歳3月22日、父金次郎逝去(77歳)。9月、第24回院展に「仔馬」出品。昭和13年 49歳9月、第25回院展に「鵜」出品。この年より酒井三良としばしば写生旅行を行なう。昭和14年 50歳2月、太田聴雨、酒井三良と京都に小林柯白を訪ね舞妓や大原女を写生する。3月、青丘会第4回新作日本画展(高島屋主催)に「大原所見(八瀬の牛)」出品。9月、第26回院展に「晴日」出品。11月、奥村土牛・金島桂華新作画展(日本橋三越)に「貂」「早春」等を出品。昭和15年 51歳1月、年を越した風邪から肺炎を併発、臥床半年に及び、その後熱海来の宮山王ホテルで静養。この間紀元2600年奉祝展出品のため湯河原遊園地のロバを写生するが、完成せず、翌年の院展に出品。昭和16年 52歳6月、酒井三良と東北旅行。9月、第28回院展に「遅日」出品。10月、第4回新文展審査員に任命される。以後、第6回まで審査に当る。昭和17年 53歳9月、第29回院展に「真鶴」出品。昭和18年 54歳4月、文部省、情報局、大政翼賛会支援のもとに社団法人日本美術報国会結成準備委員会が開かれ委員に任命される。昭和19年 55歳6月、東京美術学校日本画科講師となる。10月、文部省戦時特別美術展覧会に「信濃の山」出品、文部省買上となる。この年、戦争が苛烈になり、家族を長野県南佐久郡臼田町に疎開させる。昭和20年 56歳2月18日、母たま逝去(83歳)。5月25日、東京大空襲で自宅焼失。東京美術学校も休校状態になったため長野の家族のもとに疎開。昭和21年 57歳9月、第31回院展に菅平あたりの雪山風景に取材した「雪の山」出品。同月、文部省主催第2回日本美術展覧会(日展)審査員に任命される11月、第1回日本美術院小品展(日本橋三越)に「山葡萄」出品。昭和22年 58歳3月、第2回日本美術院小品展に「牛」出品。4月、帝国芸術院会員に推薦される(帝国芸術院はこの年12月に日本芸術院と改称)。9月、第32回院展に「緋鯉」出品。昭和23年 59歳3月、第3回日本美術院小品展に「静物」出品。4月、兼素洞主催清流会が発足、会員に迎えられ、その第1回展に「鯉」出品。9月、第33回院展に「新秋」出品。11月、三越主催彩交会が発足、会員に迎えられ、その第1回展に「南瓜」出品。この年、武蔵野美術大学日本画科講師となる。昭和24年 60歳4月、清流会第2回展に「蛤」出品。同月、女子美術大学芸術学部教授となる(昭和55年まで)。6月、第5回日展審査員に任命される。9月、第34回院展に「白日」出品。昭和25年 61歳4月、第5回日本美術院小品展に「上高地」出品。9月、第35回院展に「軍鶏」出品。昭和26年 62歳9月、第36回院展に「仔山羊」出品。11月、7年ぶりに疎開先の信州から帰京、杉並区永福町に居を構える。12月、東京芸術大学(旧東京美術学校)講師を辞任。武蔵野美術大学教授となる。昭和27年 63歳4月、第7回日本美術院小品展に「三彩壷」出品。9月、第37回院展に「花」出品。昭和28年 64歳1月、第4回秀作美術展(日本橋三越)に「花」(前年作)選抜出品。以後、ほとんど毎回選抜される。3月、安田靫彦の推薦で多摩美術大学日本画科教授となる。5月、第2回日本国際美術展(東京都美術館)に「静物」出品。9月、第38回院展に「聖牛」出品。11月、中央公論社画廊で素描展開催。昭和29年 65歳9月、第39回院展に「舞妓」出品。12月、三越50周年記念奥村土牛展(日本橋三越)開催、「古九谷」等を出品。昭和30年 66歳1月、奥村土牛新作展(大阪三越)開催。3月、日本美術院回顧展(銀座松阪屋)に「菖蒲」(昭和7年作)、「遅日」(昭和16年作)出品。5月、奈良に旅行し醍醐寺、薬師寺、秋篠寺、西芳寺などの古刹を尋ね、仏像や古建築をみてまわる。7月、第7回清流会展に「水蓮」出品。9月、第40回院展に「城」出品。昭和31年 67歳5月、第2回現代日本美術展(東京都美術館)に出品(作品名不明)。以後、第9回までほとんど毎回出品。7月、朝日新聞社主催、デッサン・シリーズ第2回奥村土牛素描展(銀座松屋)開催。9月、第14回院展に「白鳥の湖」を演ずるバレリーナ谷桃子をモデルとする「踊り子」出品。昭和32年 68歳4月3日、恩師小林古径逝去(74歳)。同月、第12回日本美術院小品展に「茶室(素描)」出品。5月、第4回日本国際美術展(東京都美術館)に「静物」出品。9月、第42回院展に「浄心」出品。昭和33年 69歳4月、第13回日本美術院小品展に「舞妓(素描)」「古楽面(素描)」出品。5月、日本美術院は財団法人に改められ監事及び評議員に推される。7月、清流会第10展に「泰山木」出品。9月、第43回院展に「那智」出品。昭和34年 70歳1月、日本美術院理事となる。7月、清流会第11回展に「金鯉」出品。9月、第44回院展に「鳴門」出品。昭和35年 71歳5月、朝日新聞社主催、名作シリーズ第3回奥村土牛自選展(銀座松屋)開催、大正13年から昭和35年に至る作品47展が出品される。12月、玄皎会第5回展に「椿」出品。昭和36年 72歳4月、第16回日本美術院春季展に「静物」出品(昭和34年より小品展を春季展と改称)。4月、歌舞伎座緞帳「泰山木」の下絵を制作。7月、清流会第13回展に「舞妓」出品。9月、第46回院展に「蓮」出品。11月、白寿会第14回展に「静物(スペイン・タラベラ鉢)」出品。この年、「八重桜」を宮内庁に献上。昭和37年 73歳4月、第17回日本美術院春季展に「夏」出品。7月、彩交会第15回展に「シャム猫」出品。11月3日、文化勲章受章。昭和38年 74歳3月、雨晴会第8回展に「精進湖」出品。4月、第18回日本美術院春季展に「舞妓(素描)」出品。9月、第48回院展に「茶室」出品。同月、本間美術館(酒田市)で奥村土牛自選小品展開催。昭和39年 75歳5月、彩交会第17回展に「スコッチテリヤ」出品。6月、清流会第16回展に「閑日(ポメラニアン)」出品。9月、第49回院展に「室内」出品。昭和40年 76歳6月、清流会第17回展に「桜島」出品。9月、東京国立近代美術館・朝日新聞社主催、院展芸術の歩み〈戦前〉展に「胡瓜畑」(昭和2年作)、「菖蒲」(昭和7年作)、「遅日」(昭和16年作)、出品。同〈戦後〉展(銀座松阪屋)に「踊り子」(昭和31年作)、「鳴門」(昭和34年作)、「室内」(昭和39年作)が出品される。昭和41年 77歳3月、第21回日本美術院春季展に「花」出品。武蔵野美術大学、多摩美術大学教授を辞任。5月、毎日新聞社主催、第7回現代日本美術展(都美術館)に「鵜」出品。6月、彩交会第19回展に「シルバータービー」出品。7月、山種美術館竣工記念展に「三彩鑑賞」出品。9月、第51回院展に「稽古」出品。昭和42年 78歳1月から朝日新聞連載の、大佛二郎作「天皇の世紀」挿画を5人の画家と交代で担当。3月、第22回日本美術院春季展に「志野」出品。9月、第52回院展に「門」出品。昭和43年 79歳4月、第23回日本美術院春季展に「照瑞尼」出品。5月、素描集出版記念奥村土牛素描展(日本橋三越)開催、「土牛素描」(中央公論美術出版)の原画と新作素描合わせて約60点出品。9月、第53回院展に「鹿」出品。昭和44年 80歳3月、春光会第1回展(小田急)に「牡丹」出品。4月、第24回日本美術院春季展に「漢壷」出品。6月、清流会第21回展に「初夏の花」出品。9月、第54回院展に「朝市の女」出品。昭和45年 81歳9月、第5回院展に「大和路」出品。10月、秋田美術館で奥村土牛自選展開催。12月、奥村土牛〈天皇の世紀〉原画展(銀座吉井画廊新館)開催。同月、中央公論秋季展に「富士」出品。昭和46年 82歳3月、第26回春の院展(昭和45年より春季展を春の院展と改称)に「佳代」出品。狭心症や前立腺の病気で秋の院展は不出品。11月、神奈川県文化財協会・朝日新聞社主催、奥村土牛自選展(横浜高島屋)開催。昭和47年 83歳4月、第27回春の院展に「揺籃」出品。この春、岡山から四国を巡り、さらに京都の御室、奈良、吉野を訪ねる。7月、雨晴会第17回展に「遼壷」出品。8月、「日本美を描く」展(日動サロン)に「今井(奈良県)」「今井(素描)」出品。9月、第57回院展に「醍醐」出品。同月、開館20周年記念「現代の眼-近代日本の美術から」展(東京国立近代美術館)に「城」(昭和30年作)、「鳴門」(昭和34年作)、「茶室」(昭和38年作)、「桜島」(昭和40年作)が出品される。11月、奥村土牛新作展(日本橋三越)に「富士」「筑波」「榛名富士」「洛北の家」等出品。昭和48年 84歳3月、東京国立近代美術館評議員会評議員となる。4月、第28回春の院展に「仔牛」出品。5月、奥村土牛展(渋谷東急本店)開催、約80点が出品される。9月~10月、日本経済新聞に「私の履歴書」が連載される。昭和49年 85歳1月、奥村土牛素描展(銀座松屋)に近作から自選した15点出品。3月、第1回椿会美術展(資生堂ギャラリー)に「猫」出品。4月、第29回春の院展に「薄紅梅」出品。5月、現代日本画の10人展(山種美術館)に「揺籃」(昭和47年作)、「醍醐」(昭和47年作)、「仔牛」(昭和48年作)、「醍醐の桜(素描)」が選抜出品される。9月、第59回院展に「輪島の夕照」「閑日」出品。同月、自伝『牛のあゆみ』が日本経済新聞社から出版される。同月、奥村土牛の画室-近作素描-展(資生堂ギャラリー)に「シャム猫」「舞妓」等未発表の鉛筆淡彩素描画11点出品。昭和50年 86歳4月、第30回春の院展に「ガーベラ」出品。6月、雨晴会第20回展に「水芭蕉」出品。7月、「海を描く」現代絵画コンクール展(新宿伊勢丹)に「房州鴨川」を招待出品。9月、第60回院展に「谷川岳」出品。同月、日本経済新聞社主催、院展60年の歩み展(三越)に「醍醐」(昭和47年作)が出品される。昭和51年 87歳3月、第31回春の院展に「早春」出品。4月、第2回現代日本画の10人展(山種美術館)に「輪島の夕照」(昭和49年作)、「閑日」(昭和49年作)、「薄紅梅」(昭和49年作)、「谷川岳」(昭和50年作)、「ガーベラ」(昭和50年作)が選抜出品される。5月、第3回椿会美術展に軽井沢で取材した「白樺」出品。6月、雨晴会第21回展に「鹿」出品。7月、山種美術館開館10周年記念日本画新作展に「山中湖富士」および素描3点出品。9月、第61回院展に「北山杉」出品。昭和52年 88歳4月、奥村土牛作品と素描展(兼素洞)に「双鶴」等本画4点、素描11点出品。5月、奥村土牛素描-中国古代青銅その他-展(吉井画廊)に24点出品。9月、第62回院展に「吉野」出品。昭和53年 89歳4月、第3回現代日本画の10人展(山種美術館)に「北山杉」(昭和51年作)、「吉野」(昭和52年作)、「犀尊素描」(昭和52年作)、「須菩提立像素描」(昭和52年作)、「石楠花」(昭和52年作)が選抜出品される。5月、第5回椿会美術展に「黒牡丹」出品。同月、日本美術院理事長に任命される。9月、第63回院展に「僧」出品。11月、日本放送出版協会、奥村土牛素描集発刊を記念して奥村土牛素描展(日本橋高島屋)を開催、引き続き京都にて開催。昭和54年 90歳1月、富士素描展(銀座松屋)開催、本画2点、素描12点を出品。3月、山種美術館・日本経済新聞社主催 特別展「奥村土牛」(山種美術館)開催。大正13年から昭和53年までの作品70点、素描25点が出品される。4月、第34回春の院展に「牡丹」出品。同月、第1回日本秀作美術展(日本橋高島屋)に「僧」(昭和53年作)選抜出品。以後、現在までほとんど毎回選抜される。5月、武蔵野美術大学資料図書館にて奥村土牛素描展開催。昭和55年 91歳3月、第35回春の院展に「花」出品。4月、第4回現代日本画の10人展(山種美術館)に「黒牡丹」(昭和53年作)、「僧」(昭和53年作)、「瓶花」(昭和54年作)、「舞妓」(昭和54年作)が選抜出品される。5月、奥村土牛自選素描展(横浜高島屋)開催。9月、第65回院展に「姪」出品。10月1日、東京都から名誉都民の称号を贈られる。昭和56年 92歳2月、日本経済新聞社主催、奥村土牛展(日本橋三越)開催。6月、浜田庄司を偲び、土牛雅心会開催(横浜高島屋)、土牛の上絵、島岡達三の作陶で、茶碗、花瓶、絵皿など約60点を出品。9月、第66回院展に「海」出品。昭和57年 93歳3月、日本経済新聞社主催、奥村土牛の素描-巨匠と舞妓展(日本橋高島屋)開催。素描30点出品。同月、第37回春の院展に「アンスリューム」出品。4月、第5回現代日本画の10人展(山種美術館)に「姪」(昭和55年作)、「海」(昭和56年作)が選抜出品される。9月、第67回院展に「富士宮の富士」出品。昭和58年 94歳4月、山種美術館・山陽新聞社共催、奥村土牛-その人と芸術-展(岡山天満屋)開催、約70点出品。9月、第68回院展に「聖」出品。昭和59年 95歳4月、第39回春の院展に「京の筍」出品。9月、第69回院展に「犢」出品。昭和60年 96歳4月、第40回春の院展に「富士」出品。9月、第70回院展に「吉野懐古」出品。同月、日本美術院・日本経済新聞社共催、再興院展70年の歩み展(日本橋三越)に「鳴門」(昭和34年)が出品される。同月、横浜市・横浜市教育委員会・奥村土牛素描展実行委員会主催、奥村土牛自選素描展(横浜市民ギャラリー)開催。10月、山種美術館・西武美術館・日本経済新聞社主催、奥村土牛展-清冽な精神、心の日本画(有楽町アート・フォーラム)開催、約50展出品。昭和61年 97歳4月、第41回春の院展に「芦の湖より見たる富士」出品。6月、土牛の書展(日本橋壷中居)に書26展出品。9月、第71回院展に「登り窯」出品。昭和62年 98歳2月、白寿記念奥村土牛展(山種美術館)開催。平成2年 101歳9月26日 死去。(『白寿記念 奥村土牛展』カタログより、山種美術館、昭和62年)

吉岡堅二

没年月日:1990/07/15

 東京芸術大学名誉教授の日本画家吉岡堅二は、7月15日午前11時35分、急性心不全のため、東京都東大和市の自宅で死去した。享年83。明治39(1906)年10月27日、東京市本郷区に吉岡華堂、常子の次男として生まれる。父華堂は、寺崎広業門下の日本画家で、のちに大阪芸術大学教授となった染色家吉岡常雄は実弟である。大正10年京華商業学校を中退し、父と広業門で同門の野田九浦に入門、その画塾居仁洞で学ぶ。翌11年中央美術社第3回展に「たそがれ」が入選。また14年には油彩で自画像を描くなど、洋画も吸収しつつ、同15年第7回帝展に「松上白鶴」が初入選する。昭和5年第11回帝展「奈良の鹿」、8月同第14回「小憩」はともに特選を受賞した。しかし、昭和6年の第1回独立美術協会展におけるフォーヴ的な傾向に大きな刺激を受けたころから、日本画の革新へと大きく転回し、同9年2月、まず青龍社を脱退した福田豊四郎らと美術人社を結成、季刊の『美術人』(翌年の第3号で終刊)を刊行する。次いで同年6月、福田豊四郎、小松均らと山樹社、さらに岩橋英遠らと新日本画研究会を結成。13年には新日本画研究会のメンバーを中心として新美術人協会を結成し大胆なフォルムを見せる14年第2回展「馬」、樺太旅行から取材した15年第3回「氷原」などを発表する。また師九浦の塾展煌土社展にも、昭和10年第1回「熱帯植物と蟻」、14年第5回「駱駝」などを出品、若手作家らによる昭和の日本画革新運動の中心的作家の一人として活躍する。戦後、昭和23年、山本丘人、上村松篁らと「世界性に立脚する日本絵画の創造」をうたって創造美術を結成。24年同第2回展「湿原」により26年毎日美術賞、25年第3回「楽苑」により翌年芸能選奨文部大臣賞を受賞した。26年同会が新制作派協会に合流し新制作協会日本画部となってからは同会に出品、35年第24回「化石化する鳥」、38年第27回「鳥の棲む遺跡」、47年第36回「双龍屏風」などを発表し、45年第34回展出品作「鳥碑」により翌年日本芸術院賞を受賞した。49年同会日本画部会員により創画会が結成されて以後は同会に出品し、戦前戦後を通じて昭和の日本画革新運動の中心で活躍した。この間、昭和14年日本大学講師(~18年)、17年自由学園講師(~34年)、34年東京芸術大学教授(~44年)となる。また昭和15年法隆寺金堂壁画模写に従事し(~17年)、42年にも同金堂壁画再現模写に従事(~43年)。41年には東京芸術大学中世オリエント遺跡学術調査団としてトルコのカッパドキアを調査している。 年譜明治39年(1906)10月27日 東京市本郷区に日本画家・吉岡華堂の次男として生まれる。父の生家は京都の西洞院に代々続いた染物屋、梅原龍三郎生家の呉服屋の下請仕事などをしていたという。母・常子も京都出身で後年押絵を内職とし個展を開催するほどであった。大阪芸術大学教授で染色家の吉岡常雄は弟、他に兄1人、姉1人、妹2人の6人兄弟であった。大正4年9歳この年、父の神経痛療養のため一家で熱海に転居。大正6年 11歳2月27日 熱海で父・吉岡華堂逝去(42歳)。熱海より東京市麹町区に転居、富士見小学校入学。その後牛込区津久戸町(現・新宿区)に転居。区立津久戸小学校に転校、俳優の滝沢修と同級生になる。この頃から母は父方の叔父の経営する染物工場の東京出張所をかねた悉皆屋のような仕事を始める。大正8年 13歳2月 父の師である寺崎広業没(53歳)。3月 東京市牛込区津久戸小学校を卒業。4月 東京市本郷区(現・文京区)の京華商業学校入学。これは絵描きにしないための周囲の判断により決められたということで、堅二自身は簿記、算盤などに全然興味がわかなかったという。大正10年 15歳春頃、京華商業学校中退。彫刻家を志望するが、山崎朝雲に相談し画道に進むこととなり、母に伴われて、父と寺崎広業門で同門であった野田九浦の居仁洞画塾に入門、通いの書生となる。当時の塾の玄関子に佐野五郎、先輩に中谷光炎、恩田得寿、武田一路など。ここでは日本画修業の合間に油彩画も試みる。大正11年 16歳6月 中央美術社主催日本画第3回展に「たそがれ」入選。初の展覧会入選作である。大正12年 17歳9月 師九浦に従い千葉の館山に避暑中震災にあう。こののち生活のため一家でしばらく天婦羅屋を始める。大正13年 18歳6月 中央美術社主催日本画第5回展に「竹と鳩」入選、百円で売約となり、これでラジオの部品を買って夢中で組み立てる。大正14年 19歳3月 東京放送局がラジオの試験放送開始、7月より本放送開始。この年、油彩による「自画像」制作。大正15・昭和元年 20歳10月 帝国美術院美術展覧会(以下帝展と略称)に「松上白鷺」初応募で初入選。この頃から京都、奈良にしばしば遊ぶようになり、多くの社寺の美術品を見て廻り、特に桃山障屏画の豪快な美にひかれる。昭和2年 21歳10月 第8回帝展に「棕櫚」入選。昭和3年 22歳10月 第9回帝展に「白孔雀」入選。昭和4年 23歳10月 第10回帝展に「薫風」入選。昭和5年 24歳10月 第11回帝展でそれまでの自然主義的描写を一擲した新感覚の「奈良の鹿」が竹内栖鳳の強い支持を得、特選受賞。この時の特選受賞者の祝賀会で、同時に特選となった福田豊四郎、小松均を知る。11月 日本のフォーブの団体といわれる独立美術協会が里見勝蔵、林武、三岸好太郎らによって設立され、翌年1月第1回展開催、大いに感激し刺激をうける。この頃から山登りを始める。昭和6年 25歳10月 第12回帝展に「椅子による女」を無鑑査出品、モデルは新婚の妻・奈良江、服は作家みずからデザイン縫製したという。昭和7年 26歳3月 日本画会第10回展(東京府美術館)に「静物」出品。10月 第13回帝展に「草に憩う三人の少女」入選。この頃東京都本郷区に住む。昭和8年 27歳10月 第14回帝展で「小憩」が伊東深水の強い支持を得、2度目の特選受賞。モデルは堅二の妻とその友人、背景のバルコニーは当時借りていた洋画家高崎剛の留守宅(文京区大塚)。この作により堅二は新時代傾向を代表する新鋭作家と目されるようになった。この年、青龍社筆頭社人・福田豊四郎、青龍社脱退。その相談にのり、かつ堅二、豊四郎、小松均に洋画家も交えた横につながる新ゼネレーションの勉強会を計画するが、洋画家の不参加で一時挫折。昭和9年 28歳2月 福田豊四郎、森白甫、竹原嘲風、太田聴雨、横尾翠田、小林三季、森田沙伊、四宮潤一と美術人社を結社。3月 美術人社より季刊『美術人』を『阿々土』誌主筆となる涛川薫の助けを得て発刊、7月に2号、翌年2月に3号を刊行して終わる。5月 小松均が『美術人』同人に加わる。6月 福田豊四郎、小松均と山樹社結成、銀座松坂屋で第1回試作展開催。これは異なった性格の三作家が自由勝手に研究をし、試作的作品各自約10点を発表するという形で行われたもので、堅二は「母子」「登山具」「冬山」「降る雪」「飛ぶ蝶」「果物」「シャボテンと蛾」「花」「白い花」「芍薬」など10余点出品。同月頃、吉岡堅二、福田豊四郎、岩橋英遠、酒井亜人らが中心となり新日本画研究会結成。7月 東京、京都の同志17名による新日本画研究会第1回展(神田東京堂画廊)に「花による蛾」ほか出品。9月 関尚美堂によって九皐会が組織される。会員は堅二、太田聴雨、奥村土牛、高橋周桑、田中青坪、常岡文亀、寺島紫明、溝上(小倉)遊亀、森白甫の9名、徳岡神泉、山口華楊が参加。10月 第15回帝展に「海浜」無鑑査出品。この頃さかんに南アルプスをはじめ方々の山に登る。この年の初め頃に武蔵野に転居、アトリエを建てる。昭和10年 29歳2月頃 初めて速水御舟宅訪問、夕方から深夜まで日本画壇の動向についての話をきき興奮して帰途につく。御舟は翌月急逝(40歳)、大いに失望する。4月 山樹社と新日本画研究会が合同する。5月 第1回九皐会展(日本橋高島屋)に「飛ぶ蝶」「黒い蝶」出品。5月 野田九浦塾展である煌土社展の第1回展(日本橋白木屋)に「熱帯植物と蛾」出品。6月 第2回山樹社・新日本画研究会合同展開催(銀座松坂屋)、「熱帯樹」「花」「野草」「椅子による」を出品。ひきつづき同展を京都大丸で開催。京都若手画家に刺激を与え、西山英雄、曲子光男、浜田観、下川千秋、井上和雄ら艸児社結成。この頃からカメラに興味をもつ。昭和11年 30歳5月 第2回九皐会展(この回より東京美術倶楽部)に「春の夜」「春の旦」「初夏」出品。同月 第2回煌土社展に「麦の風」出品。春、谷川岳登山。7月 新制作派協会結成。この会の会員と盛んに交流するようになり大いに刺激され、勇気づけられる。11月 文部省美術展覧会招待展に赤城の放牧馬に取材する「高原白夜」出品。昭和12年 31歳4月 第3回九皐会展に「初夏の花」出品。5月 第3回煌土社展に「暖室」出品。同月 新日本画研究会第3回展に「馬」出品。この回より小松均脱退し、会員は堅二と福田豊四郎中心に他は新人ばかりとなる。10月 第1回文部省美術展覧会(以下新文展と略称)に「馬」出品、評判となる。昭和13年 32歳2月 堅二、豊四郎ら新日本画研究会会員を中心に、日本画のアヴァン-ギャルド運動と呼ばれる新美術人協会結成、新時代と共に成長する作家の協力を求めるため公募展形式にすることを決定。5月 第4回九皐会展に「夜桜」「春雨」出品。この回より福田豊四郎参加。同月 第1回新美術人協会展(東京府美術館)に「乳牛」出品。第1回展への作品搬入数は95点、陳列は64点と記録されている。6月 土田麦僊遺作展(東京府美術館)で「妓生」素描に感心する。7月 第4回煌土社展(上野日本美術協会)に「牛」出品。9月 従軍画家となり豊四郎と華北、華中の戦線にむかい、翌年1月帰国、そのため文展不出品であったが、この間大連(現・旅大)、新京(現・長春)の商工会議所で2人展開催。なおこの時の足どりはほぼ次のようであり、大同石仏第二窟三階菩薩像など多くの写生を残している。大連-奉天-新京-哈爾賓-吉林-斉々哈爾-洮南-奉天-熱河の承徳-北京-○○の航空隊-北京-天津-済南-青島-上海-九江-安慶-蕪湖-南京-蘇州-上海-大連。昭和14年 33歳1月 中国より帰国。2月 柳亮の新構想によりつくられた日本大学芸術科学園美術科の日本画講師に福田豊四郎とともになる。4月 第五回煌土社展に「駱駝」、「雲崗石窟(素描)」、「雲崗石仏(素描)」、「閘北戦趾(素描)」を出品。5月 第5回九皐会展に「月」「雑木」「畑」出品。6月 第2回新美術人協会展に「馬」出品。7月 陸軍美術協会、朝日新聞社共催聖戦美術展(東京府美術館)審査員をつとめ、油彩画「爆撃用意」出品。同月 関尚美堂新作画展に「山鳩」出品。10月 第3回新文展に千葉県銚子の犬吠崎に取材する「涛」出品。同月 白日荘新作画展に「柿紅葉」出品。12月 法隆寺壁画保存調査会で壁画模写の実施を決定、四大壁、四小壁を4班で担当することとなる。各班主任は中村岳陵(1号大壁)、入江波光(6号大壁)、橋本明治(9号大壁)、荒井寛方(10号大壁)。昭和15年 34歳2~4月 トナカイに興味を抱き単身で樺太(現・サハリン)旅行する。5月 第6回九皐会展に「雉子」出品。同月 第3回新美術人協会展に樺太に取材する「氷原」出品。6月 青丘会々員となり第5回青丘会展(日本橋高島屋)に「竹叢」出品。なお同会の会員は他に溝上(小倉)遊亀、奥村土牛、徳岡神泉、山口華楊、太田聴雨。同月 法隆寺金堂壁画模写中村岳陵班助手に新井勝利、真野満とともに決定。9月 法隆寺金堂壁画1号大壁「釈迦浄土変」、5号小壁「菩薩思惟像」の模写開始、昭和17年まで続く。昭和16年 35歳1月 九皐会解散を決定。3月 関尚美堂主催第2次尚絅会展(日本橋東美倶楽部)に「丹頂」出品。同月 第6回煌土社展に「馴鹿」出品。4月 第6回青丘会展に「花と蝶」出品。5月 橋本多聞堂日本画鑑賞会(日本橋東美倶楽部)に「烏骨鶏」出品。同月 第4回新美術人協会展に「群」出品。同月 大日本航空美術協会結成、吉岡堅二、福田豊四郎ら参加。7月 第2回聖戦美術展(上野日本美術協会)審査員をつとめ、「雨中急迫」「マレーの敵軍航空基地爆撃」出品。同月 新美術人協会小品展開催(銀座資生堂)。8月 第4回新文展審査員を委嘱される。9月 第1回航空美術展(日本橋高島屋)審査員をつとめ「群像」出品。10月 第4回新文展に京都西芳寺に取材する「苔庭」出品。10~11月 ハノイ、サイゴン、ユエ、ハイフォンで仏印巡回日本絵画展が開催され「芙蓉」出品。昭和17年 36歳3月 日本画家報国会主催軍用機献納作品展(日本橋三越)に「雉子」出品。4月 第7回青丘会展に「鹿」出品。5~8月 陸軍省より陸軍作戦記録画制作のためジャワに派遣される。この間小磯良平から油彩画の手ほどきをうけ油絵を制作。5月 煌土社献納画展(銀座菊屋画廊)に「白梅」出品。同月 第5回新美術人協会展開催。9月 新美術人協会小品展開催(銀座資生堂)。12月 第1回大東亜戦争美術展に「カリジャティ西方の爆撃」特別陳列。この年から昭和34年まで自由学園の美術担任講師をつとめ、絵画のみでなく、木工、陶芸、漆、染色、織物など広範なジャンルの美術教育を行う。昭和18年 37歳2月 第2回尚絅会展(銀座資生堂)に「水辺」出品。3月 陸軍美術展(日本橋三越)に「猛追」出品。5月 第8回煌土社展(銀座松坂屋)に「渓間新録」出品。同月 第8回青丘会展に「爽夏」出品。6月 日本大学芸術科学園美術科閉止に伴い同校講師辞任。同月 第6回新美術人協会展に油彩の「蘭印軍兵器参考図」「同」と南方に取材した淡彩小品「カリヂャイ飛行場」「バリ島水浴場」「同」「ソロの街」「ジャワの踊り」「同」出品。昭和19年 38歳3月 陸軍美術展(東京都美術館)に「小田軍曹機の体当り敢行よく船団を救う」出品。5月 第7回新美術人協会展開催。8月 都下北多摩郡に転居、戦後にかけて庭に畑をつくり、ヤギ、ニワトリ、キジなどを飼い、新たな自然の魅力に気づく。11月 文部省主催戦時特別美術展覧会開催、昭和12年以降の特選受賞者以上の招待展となり「ブラカンマティ要塞の爆撃」が陸軍省より特別出品される。12月 戦争記録画制作のため2度目の招集をうけ、田村孝之介ら5人で台湾経由マニラにむかい、米軍のマニラ進入(翌2月3日)直前に田村孝之介と帰国。昭和20年 39歳4月 戦争記録画展(東京都美術館)に昭和19年度陸軍作戦記録画(高千穂降下部隊レイテ敵飛行場を攻撃す」展示。7月 母・常子逝去。8月15日 ポツダム宣言受諾、第2次世界大戦終了。昭和22年 41歳4月 新美術人協会解散。5月 東京都・朝日新聞社共催新憲法実施並びに東京都美術館開館20周年記念現代美術綜合展覧会(東京都美術館)に「柿若葉」出品。6月 第10回青丘会展に「柿紅葉」出品。6月 尚美展に「筍」出品。8月 文部省主催第3回日本美術展覧会(以下日展と略称)審査員に選ばれる。山本丘人、上村松篁とこの審査を大いに慨嘆、これが創造美術結成の直接的原因ともなる。10月 第3回日展に「尾瀬沼畔」出品。この頃から尾瀬にとりつかれ、しばしば出かけるようになる。この頃、日本画滅亡論、日本画第二芸術論などが唱えられる。昭和23年 42歳1月 福田豊四郎、山本丘人、上村松篁らと世界性に立脚する日本画の創造を期し創造美術を結成。他の創立会員は橋本明治、加藤栄三、高橋周桑、菊池隆志、向井久万、奥村厚一、秋野不矩、沢宏靭、広田多津、なお新美術人協会の全員も参加。5月 朝日新聞の連載予定小説『グッドバイ』(太宰治著)の挿画担当となるが、6月13日、著者自殺のため中止。かわって平林たい子『地底の歌』の挿絵担当。9月 第1回創造美術展(東京都美術館)に「果樹」「柿」出品。昭和24年 43歳1月 法隆寺金堂壁画焼損。5月 第1回創造美術春季展(丸善)に尾瀬に取材する「巣立」出品。9月 第2回創造美術展に尾瀬に取材する「湿原」出品。昭和25年 44歳5月 第2回創造美術春季展に尾瀬に取材する「くさむら」出品。9月 第3回創造美術展に「楽苑」出品。この頃、創造美術の運営に苦慮する。昭和26年 45歳1月 第2回秀作美術展(朝日新聞社主催)に「くさむら」(前年作)選抜出品。同月 「湿原」に対し第2回(昭和25年度)毎日美術賞受賞。5月 「楽苑」に対し昭和25年度芸能選奨美術文部大臣賞受賞。第3回創造美術春季展に「ふくろう」出品。7月 槐風会に「おしどり」出品。9月 創造美術、新制作派協会と合体し、新制作協会日本画部となる。第15回新制作協会展(東京都美術館)に「水禽屏風」出品。なお橋本明治、加藤栄三が脱会。10月 第1回サンパウロ・ビエンナーレに「くさむら」(昭和25年作)出品。昭和27年 46歳4月 新制作協会日本画春季展(日本橋三越)に「雉子」出品。5月 第1回日本国際美術展(毎日新聞主催)に「鳥」出品。6月 第26回ヴェニス・ビエンナーレに「水禽屏風」(前年作)出品。同月 パリで開催の20世紀芸術展に「草の葉」出品。9月 第16回新制作協会展に「雉子」出品。昭和28年 47歳4月 新制作協会日本画春季展に「母子猫」出品。同月 東西新作日本画50人展(池袋西武)に「芥子」出品。5月 第2回日本国際美術展に「朱鷺」出品。同月 第2回インド国際現代美術展(全インド美術工芸協会主催)に「鷺」出品。7月 新制作協会東京日本画部研究会展(松屋)に「とき」出品。9月 第17回新制作協会展に「群鶴」出品。11月 新橋演舞場の「東をどり」で高見順作・西川鯉三郎振付「扇の人」の舞台装置を担当。この頃から盛んに壁画、レリーフ、緞帳、舞台装置などを手がけるようになる。昭和29年 48歳4月 新制作協会東京日本画展(銀座松屋)に「くじゃく1・2羽か」出品。6月 新制作協会会員展に「餌」出品。同月 高島屋によって小倉遊亀、山本丘人との三人展である鼎会創設され、その第1回展に「かわはぎ」「あじ」「いか」「魚」「五位」「雉子」出品。9月 第18回新制作協会展に「くじゃく」出品。昭和30年 49歳2月 19人の作家-戦後の絵画・彫刻展(国立近代美術館)に「湿原」(昭和24年作)「くさむら」(同25年)「水禽屏風」(同26年)「雉子」(同27年)「くじゃく」(同29年)出品。3月 新制作協会日本画部春季展(日本橋高島屋)に「鷺」出品。4月 食堂の壁画「飛翔」を制作した神奈川県庁分庁舎竣工。5月 第3回日本国際美術展に「浮遊」出品。6月 第2回鼎会展に「浮遊」「くさむら」出品。9月 第19回新制作協会展に「水鳥屏風」出品。この年、明治座緞帳の原画「くじゃく」制作。昭和31年 50歳1月 第7回秀作美術展に「水鳥屏風」(前年作)選抜出品。4月 新制作協会日本画部春季展に「啼く」出品。5月 第2回現代日本美術展(毎日新聞主催)に自宅で飼っていた東天紅に取材する「暁」出品。6月 第3回鼎会展に「かわせみ」出品。9月 第20回新制作協会展に「くじゃく」出品。昭和32年 51歳2月 山本丘人・上村松篁・吉岡堅二3人展(村越画廊)に「朱鷺」「おしどり」出品。4月 新制作協会日本画部春季展に「烏骨鶏」出品。5月 第4回日本国際美術展に着物のかすり模様からもヒントを得た「群鶏」出品。5月 第1回土燿会展(中央公論画廊)に「浮遊」出品。6月 新制作協会日本画展に「竹」出品。6月 第4回鼎会展に「二羽の鷺」「黒チャボ」「駆ける雉」出品。7月 毎日新聞社主催現代美術10年の傑作展に「湿原」(昭和24年作)出品。9月 第21回新制作協会展に「水鳥」出品。この年、第3回インド国際現代美術展に「くさむら」(昭和25年作)「浮遊」(同30年)出品。昭和33年 52歳2月 第2回丘人・松篁・堅二三人展に「花」「烏骨鶏」出品。3月 高島屋美術部50年記念日本画展に「竹叢」出品。3月 関尚美堂主催第2次九皐会第1回展(壷中居)に「花」出品。4月 新制作協会日本画部春季展に「鳥の顔」出品。4月からイタリア・ドイツ・フランスなど5カ国、11都市巡回のヨーロッパ巡回日本現代絵画展に「暁」(昭和31年作)出品。5月 第2会土燿展に「山鳩」出品。5月 彩尚会展(壷中居)に「菖蒲」出品。6月 第5回鼎会展に「鴨」「朝顔」「鷺」出品。7月 第1回孔雀展(ヤナセ・ギャラリー)に「白桃」出品。9月 第22回新制作協会展にアオサギを描く「飛翔」出品。同月 東西大家日本画新作展(日本橋白木屋)に「落葉」出品。11月からオーストラリア5都市、ニュージーランド4都市巡回のオーストラリア・ニュージーランド巡回日本現代美術展に「水鳥」(昭和32年)出品12月 ピッツバーグ現代絵画彫刻国際展(カーネギー・インスティテュート)に名古屋コーチンを描く「群鶏」出品。同月 尚美展(大丸東京店)に「飛翔」出品。同月 東京芸術大学美術学部助教授を内諾。この年、大阪毎日会館壁画「くじゃく」制作。皇居謁見室のために「雉子」制作。ワシントンの日本大使館に「鴛鴦」制作。昭和34年 53歳1月 戦後の秀作展(国立近代美術館)に「くさむら」(昭和25年作)出品。2月 第3回丘人・松篁・堅二三人展に「冬の竹」「飛翔」出品。同月 第2回九皐会展に「花」「水禽」出品。3月 1月に退官した前田青邨の後任として東京芸術大学美術学部助教授となり、12月教授となる。4月 新制作協会日本画部春季展に「飛び立つ」出品。5月 第5回日本国際美術展に「飛び立つ」出品。同月 第3回土燿会展に「洋蘭」出品。同月 彩尚会展に「蘭花」出品。6月 第3回丁酉会に「白桃」出品。同月 悠々会展(壷中居)に「蘭花」出品。7月 第2回孔雀会展に「新竹」出品。9月 第23回新制作協会展に合板(ホモゲンホルツ)を使い新しい試みをした「鶴」を壁画試作として出品。同月 銀二会展(一哉堂)に「朝顔」出品。10月 第6回鼎会展に「花(一)」「花(二)」「馬」(素描2点)出品。昭和35年 54歳2月 第4回丘人・松篁・堅二3人展に「アマリリス」「ばら」出品。5月 訪中日本画家代表団に参加、約1カ月中国旅行。この間北京の動物園で、もはや絶滅同然といわれ化石でしか見られないと思っていたノガンを見て衝撃をうける。また北京・上海で開催の現代日本画展に「雉子」(昭和27年作)「群鶏」(同28年)「水鳥屏風」(同30年)出品。7月 第3回九皐会展に中国に取材する「天壇」(素描)「長城の嶺」(素描)出品。8月 訪中日本画家代表団中国スケッチ展(日本橋三越)に出品。9月 第24回新制作協会展に、北京動物園のノガンに取材する「化石化する鳥」出品。10月 第7回鼎会展に「天壇」「崇文門」出品。この年、新築の東宮御所玄関屏風「飛翔」制作。神奈川県立近代美術館蔵「飛翔」制作。昭和36年 55歳1月 読売新聞社主催今日の日本画展(池袋西部)に自選の「雉子」(昭和27年作)「水鳥」(同32年)「群鶏」(同)出品。2月 第5回丘人・松篁・堅二3展に「春雉」「静物」出品。4月 新制作協会日本画部春季展に「金色の屋根」出品。5月 第6回日本国際美術展に「2羽の鳥」出品。6月 第8回鼎会展に「孔雀」出品。7月 第4回孔雀会展に「花をもる」出品。9月 第25回新制作協会展にエジプトの小彫刻にヒントを得る「桃花鳥」出品。10月 朝日新聞社主催スケッチ展シリーズ第40輯・吉岡堅二素描展(銀座松屋)に昭和13、35年の中国スケッチ、昭和17年の南方スケッチを含む39点出品。この年、東京文化会館緞帳原画「唐獅子」制作。ミカド(赤坂)の壁掛「くじゃく」制作。昭和37年 56歳1月 第1回新松会展(銀座松阪屋)に「静物」出品。2月 中央公論画廊10周年記念展に「蘭花」出品。3月 新制作協会日本画部春季展に「水紋」出品。同月 第3回令月会展(粟津画廊)に「アマリリス」出品。5月 第5回現代日本美術展に「かなしき鳥」出品。6月 第9回鼎会展に「鷺」出品。6月末からインド、イラン、イラク、エジプト、モロッコ、スペイン、オランダ、フランス、スイス等に旅行、8月帰国。7月 第5回孔雀会展に「洋蘭」出品。9月 青桐会展(渋谷東横)にアッシジの風景スケッチ2点出品。同月 第26回新制作協会展不出品。12月 尚美日本画展(中央公論画廊)に「香る花とインコ」出品。昭和38年 57歳1月 第2回新松会展に「黒いバラ」出品。2月 峭々会展(日本橋白木屋)に「ガラス器と花」出品。同月 第4回令月会展に「ガラス器と罌粟」出品。5月 第2回凱風会展(村越画廊)に「花壷」出品。6月 第10回鼎会展に「花菖蒲」出品。6月 第7回土燿会展に「鳥」出品。8月 第6回九皐会展に「秋果」出品。9月 第27回新制作協会展にイラクのクテシフォン遺跡で見た鸛の群に取材する「鳥の棲む遺跡」出品。10月 西村画廊開設1周年記念展に「花菖蒲」出品。12月 尚美日本画展に「蘭花」出品。この年、久留米市の石橋文化センターのために「飛翔」制作。明治座緞帳原画「花火」制作。名古屋御園座緞帳原画「くじゃく」制作。ホテル新潟の広間ステージに「鶴」、食堂壁画に「くじゃく」制作。昭和39年 58歳3月 新制作協会日本画部春季展に「不死鳥」出品。6月 第11回鼎会展に「孔雀」出品。同月 第3回凱風会展に「花の中の鳥」出品。8月 第7回九皐会展に「花」出品。9月 第28回新制作協会展に「太陽と不死鳥」出品。11月 第2回岬会展に(孔雀画廊)に「紅梅」出品。昭和40年 59歳2月 4回凱風会展に「紅梅」出品。3月 新制作協会日本画部春季展に上野動物園で写生した「ふさホロホロ鳥」出品。同月 第6回令月会展に「ジンジャーとインコ」出品。同月 第9回土燿会展に「紅梅」出品。6月 第8回九皐会展に「ひなげし」出品。同月 第1回樗会展(鼎会を改編・日本橋高島屋)に「浮遊」出品。8月 第7回煌土社展にアッシジの丘など滞欧スケッチ4点出品。9月 第29回新制作協会展に「鳥碑(一)」出品。10月 高島屋増築記念現代美術展に「紅梅」出品。11月 薔薇会展(資生堂ギャラリー)に「孔雀」出品。12月 尚美日本画展(壷中居)に「椿」出品。昭和41年 60歳2月 第5回凱風会展に「孔雀」出品。3月 第7回令月会展に「ばら」出品。4月 三渓洞50周年記念展に「飛翔」出品。6月 第2回樗会展に「翔鶴」出品。6月~10月 第1次東京芸術大学中世オリエント遺跡学術調査団々員としてトルコ・カッパドキアに派遣され、同地の中世キリスト教洞窟修道院壁画「怪獣文」「栄光のキリスト」「大天使ミカエル」「大天使ガブリエル」を模写。このため第30回新制作協会展に不出品。11月 薔薇会展に「薔薇」出品。昭和42年 61歳3月 法隆寺金堂壁画再現模写が安田靫彦、前田青邨、橋本明治、吉岡堅二の4班14名により始まる。吉岡班は1号大壁「釈迦浄土変」、5号小壁「菩薩思惟像」、7号小壁「観世音菩薩像」を担当。吉岡班助手は稗田一穂、麻田鷹司。6月 中世トルコ洞窟壁画展(日本橋三越)に模写9点出品。同月 第3回樗会展に「鮎」出品。9月 第31回新制作協会展不出品。10月 吉岡堅二トルコ素描展開催(銀座松屋)、現地の風物スケッチ30数余点出品。昭和43年 62歳3月 法隆寺金堂壁画再現模写完成。5月 第3回新松会展に「孔雀」出品。5月~10月 第2次東京芸術大学中世オリエント遺跡学術調査団々員として、再びトルコ・カッパドキアに派遣され、同地の壁画「マギ(東方の三博士)」「キリスト伝」「エジプトへの避難」模写。このため第32回新制作協会展不出品。11月 金堂壁画再現記念法隆寺幻想展(彩壷堂)に金堂第1号壁の天人をテーマとする「飛祥天」出品。12月 中央公論秋季展に「流紋」出品。昭和44年 63歳3月 令月会展に「銀化壷と花」出品。4月 第4回新松会展に「かとれあ」出品。5月 妻・奈良江約10年の闘病ののち逝去。6月 第8回銀二会展に「鮎」出品。同月 第6回凱風会展に「鮎」出品。同月 第5回樗会展に「砂漠を飛ぶ」出品。9月 第33回新制作協会展に「神の手」出品。11月 尚美日本画展に「ギヤマンと花」出品。12月 中央公論秋季展に「菊」出品。同月 東京芸術大学美術学部教授退官。昭和45年 64歳5月 新制作協会日本画部春季展に「頚飾のロバ」出品。6月 第12回九皐会展に「瓶花」出品。同月 第6回樗会展に「鉄線花」「漢壷菊」出品。8月 第9回銀二会展に「胡蝶蘭」出品。9月 第34回新制作協会展に「鳥碑(2)」出品。同月27日 昭和5年以来の盟友福田豊四郎逝去(65歳)。12月 中央公論秋季展に「流紋」出品。昭和46年 65歳3月 令月会展に「ローマ壷と薔薇」出品。5月 新制作協会日本画部春季展に「田計里」出品。同月 「鳥碑(2)」に対し第27回(昭和45年度)日本芸術院賞受賞。8月 東京芸術大学主催トルコ中世壁画展開催(東京・大阪高島屋)、41、43、45年東京芸術大学中世オリエント遺跡学術調査団模写班によるカッパドキア壁画模写展示。9月 第35回新制作協会展に「飛天」出品。昭和47年 66歳5月 新制作協会日本画部春季展に「鴻の棲む村」出品。6月 第8回樗会展に「巣立」出品。7月 第14回九皐会展(中央公論画廊)にカッパドキアに取材する「ヒアシンスの教会」出品。8月 第10回銀二会展に、アンカラ博物館の古陶写生を出品。9月 第36回新制作協会展に、昭和35年中国旅行の折、北京の北海公園で見た陶板の九龍壁にヒントを得た「双龍屏風」出品。昭和48年 67歳6月 第9回樗会展に「孔雀」出品。7月 第15回九皐会展に「芥子」出品。9月 第37回新制作協会展に「孔雀」出品。同月 第11回銀二会展「薔薇」出品。同月 第1回玄輝会展(内山画廊)に「飛び立つ」出品。11月 第10回凱風会展に「浮遊」出品。昭和49年 68歳5月 新制作協会日本画部春季展に「翔」出品。同月 令月会展に「鉄線花」出品。同月 新制作協会日本画部会員全員退会、新たに創画会結成。6月 第10回樗会展に「翡翠」出品。7月 第16回九皐会展に「ギヤマンと鉄線」出品。同月 第1回皎志会展(内山画廊)に「孔雀」出品。8月 第12回銀二会展に「芥子」出品。9月 第1回創画展(東京都美術館)に、アオサギを描く「月明」出品。12月 中央公論秋季展に「薔薇」出品。昭和50年 69歳4月 第1回春季創画展(日本橋高島屋)に「磯」出品。同月 令月会展に「胡蝶蘭」出品。9月 第17回九皐会展に「洋蘭」出品。10月 第2回創画展に、北京動物園で見たノガンをテーマに「野火」出品。11月 第12回凱風会に「蘭花」出品。12月 中央公論秋季展に「蘭」出品。昭和51年 70歳3月 令月会展に「浮遊」出品。4月 第2回春季創画展に「白鷺」出品。4月に行われる薬師寺金堂再建落慶式のため、本尊前の四柱を飾る手描きの幡(四帳=弥勒・阿弥陀・釈迦・薬師)制作。7月 山種美術館開館十周年記念日本画新作展に「浮遊」出品。同月 第13回銀二会展に「胡蝶蘭」出品。8月 第3回皎志会展に「月下美人」出品。10月 第3回創画展に「炎上」出品。同月 新橋駅構内東海道本線新橋地下駅開業記念のステンドグラス原画「くじゃく窓」制作、完成。昭和52年 71歳4月 朝日新聞社主催で初の回顧展、吉岡堅二展(日本橋高島屋・京都高島屋)開催。大正14年から昭和51年までの自選作品41点と「鯱屏風」「唐獅子屏風」出品。同時に吉岡堅二新作展開催(高島屋画廊)、新作「啄」「枯雪」「汀」「菊」「月下美人」「胡蝶蘭」「花を盛る」「虞美人草」、素描「胡蝶蘭」「シンビジウム」「鉄線花」の11点出品。5月 海外と文化を交流する会主催オーストラリア巡回記念現代日本画巨匠25人展(日本橋三越)に「おしどり」出品。この作品はオーストラリアに寄贈、シドニー、キャンベラなど主要都市美術館で公開後、メルボルン美術館に収められる。7月 第14回銀二会展に「鶺鴒」出品。10月 第4回創画展に「雪」出品。同月 限定版「吉岡堅二画集」を朝日新聞社より刊行。昭和53年 72歳4月 第4回春季創画展に「黒鳥」出品。10月 第5回創画展に「黒鳥屏風」出品。昭和54年 73歳4月 読売新聞社主催第1回日本秀作美術展に「黒鳥屏風」(前年作)選抜出品。同月 第5回春季創画展に「雁」出品。7月~9月 中国の北京、ハルピン、上海で開催された現代日本絵画展に「枯雪」(昭和52年作)出品。10月 第6回創画展不出品。昭和55年 74歳4月 第6回春季創画展に「大同石仏」出品。10月に行われる東大寺大仏殿落慶法要のため、64年ぶりに新調される幡(大幡一対、庭幡20枚)を弟の吉岡常雄(染色家)と協力して製作。10月 第7回創画展に昭和13年中国雲崗石窟寺に約1週間滞在した折の写生をもとに制作した「雲崗大露仏」出品。昭和56年 75歳1月 現代日本画素描集18「吉岡堅二-中亜風物-」を日本放送出版協会より刊行。素描展-中亜風物-(日本橋高島屋)開催、素描集「吉岡堅二-中亜風物-」の原画75点と本画2点出品。3月 第3回日本秀作美術展に「大同石仏」(前年作)選抜出品。4月 勲3等に叙され瑞宝章授与される。同月 第7回春季創画展に笹五位鷺と枯ヨシをテーマに描く「孤」出品。4月~5月初め 洋画家・向井潤吉と中国旅行、主に龍門で取材。10月 第8回創画展に中国龍門の大廬遮那仏と立像に取材する「龍門幻想」出品。11月 ドバイ、モロッコ、スペイン、オランダ、フランスなどに約2週間旅行。昭和57年 76歳9月 日中国交正常化10周年を記念して開催の読売新聞社主催中国を描く現代日本画展に「大同石仏」(昭和55年作)「龍門幻想」(前年作)と素描3点出品。10月 第9回創画展に「荒磯」出品。12月 「現代日本画全集11吉岡堅二」を集英社より刊行。昭和58年 77歳3月 第9回春季創画展に「花実鳥」出品。4月 第5回日本秀作美術展に「荒磯」(前年作)選抜出品。5月~6月 硬膜下血腫のため入院。10月 第10回創画展に「蘆雁」出品。11月 胆嚢炎のため入院。昭和59年 78歳3月 第10回春季創画展に「木の葉梟」出品。6月 第6回日本秀作美術展に「蘆雁」(前年作)選抜出品。同月 病気療養のため第11回創画展不出品。第12回展も不出品。昭和61年 80歳3月 第12回春季創画展に「天壇残照」出品。10月 第13回創画展に「翔」(前年作)出品。昭和62年 81歳3月 ヘルニア手術のため入院。5月 第9回日本秀作美術展に「翔」(前年作)選抜出品。10月 手の負傷のため第14回創画展不出品。昭和63年 82歳1月より毎月「婦人之友」表紙絵原画制作。4月~5月 山種美術館・朝日新聞社共催「吉岡堅二-新日本画のパイオニア」展開催(山種美術館)。大正14年より現在に至る作品65点、法隆寺金堂壁画模写2点、カッパドキア壁画模写7点および写生、下図等出品。(『吉岡堅二展-新日本画のパイオニア』カタログより抜枠、山種美術館、昭和63年)

堀井香坡

没年月日:1990/04/18

 日本画家堀井香坡は、4月18日午後8時14分、老衰のため京都市左京区の松ケ崎病院で死去した。享年93。明治30(1897)年3月9日京都市に生まれ、本名清太郎。大正4年京都市立美術工芸学校を卒業後、京都市立絵画専門学校に進み、同7年同校を卒業する。菊池契月に師事して、大正4年第9回文展に「ねがひ」が初入選。同6年第11回文展にも「雷鳴」が入選し、帝展には第2回よりほぼ毎年出品した。大正9年第2回「鷺娘」、10年第3回「異端の女」、11年第4回「春宵」、13年第6回「童女」、15年第7回「太夫」、昭和2年第8回「山姥」と、大正期の京都画壇に特有の官能性をいくぶんおびた女性像を描く。昭和3年第9回「百万」、4年第10回「夕凪」が連続して特選を受賞、昭和期に入って師契月風の端正な美人画を描くようになる。5年の第11回帝展より無鑑査出品し、6年第12回「夏日遊戯」、8年第14回「夏日清遊」などを出品し、「南島暮色」を出品した9年第15回帝展で審査員をつとめている。また18年第6回新文展「傘蓋行道」、19年戦時特別展「将軍閑日」などの歴史画も発表。戦後は昭和25年第6回日展からしばしば招待出品し、31年第12回日展「熊野」などを出品。日展への出品は、昭和42年の第10回新日展「舞妓」が最後となった。悠采会、菊重社などに所属し、古美術の収集にも関心を持っていた。

北澤映月

没年月日:1990/04/07

 美人画家で知られる日本美術院評議員の女流画家北澤映月は、4月7日午後2時41分、肺炎のため神奈川県川崎市の柿生病院で死去した。享年82。明治40(1907)年12月9日京都市下京区に生まれ、本名智子、のち嘉江。京都市立第二高等小学校6年の時に父が死去し、大正11年同校卒業後、画家を志し、翌12年上村松園に師事する。昭和7年松園の紹介により土田麦僊に入門、映月の号を受け、その画塾山南塾で学ぶ。同11年春、第1回改組帝展に「祇園会」が初入選するが、同年6月、師麦僊が死去。その後、13年第25回再興院展に「朝」を初出品し入選、以後院展に連年出品する。15年第27回院展に「婦人」を出品して院友となり、翌16年には同第28回院展で「静日」が日本美術院賞第三賞を受賞、小倉遊亀に続く女性2人目の同人に推挙された。戦後21年第31回に「文五郎の人形」を出品し、その後現代的な女性風俗を扱った作品に移行、35年第45回「舞妓」、36年第46回「花と舞妓」(文部省買上げ)、40年第50回「三人のモデル」、41年第51回「A夫人」などを発表する。また、大磯の安田靫彦邸に通った写生による39年第49回「錦の紅梅」なども出品。そして、45年第55回「ねねと茶々」は内閣総理大臣賞、細川ガラシャと淀君を題材にした55年第65回「朱と黒と」は文部大臣賞を受賞、歴史画にも秀作を残した。このほかにも48年第58回「想(樋口一葉)」、49年第59回「焔(八百屋お七、朝顔日記深雪)」、51年第61回「近松の女(おさんと小春)」、52年第62回「寂光(淀どの)」など、晩年は文学や歌舞伎などに取材した歴史人物画を多く制作した。この間、35年住みなれた京都から東京に転居し、翌36年から日本美術院評議員をつとめる。秋の院展には、61年第71回「緑蔭」が最後の出品となった。 院展出品歴昭和13年 第25回 朝昭和14年 第26回 待月昭和15年 第27回 婦女昭和16年 第28回 静日 日本美術院賞 第三賞 同人推挙昭和17年 第29回 好日昭和18年 第30回 新果昭和21年 第31回 文五郎の人形(酒屋のお園)昭和22年 第32回 婦二題昭和23年 第33回 緑衣昭和24年 第34回 小憩昭和25年 第35回 母の日昭和26年 第36回 二面像昭和27年 第37回 道成寺昭和28年 第38回 白川学園の子供達昭和29年 第39回 花昭和30年 第40回 婦女曼荼羅昭和31年 第41回 二婦人昭和32年 第42回 羅昭和33年 第43回 壷と坐婦昭和34年 第44回 花と実昭和35年 第45回 舞妓昭和36年 第46回 花と舞妓昭和37年 第47回 花の中昭和38年 第48回 彩裳昭和39年 第49回 錦の紅梅昭和40年 第50回 三人のモデル昭和41年 第51回 A婦人昭和42年 第52回 或る日の安英さん昭和43年 第53回 きもの昭和44年 第54回 蘆刈の佳人昭和45年 第55回 ね々と茶々 内閣総理大臣賞昭和46年 第56回 華昭和47年 第57回 女人卍(にょにんまんじ)昭和48年 第58回 想(樋口一葉)昭和49年 第59回 焔(八百屋お七 朝顔日記深雪)昭和50年 第60回 江戸と上方昭和51年 第61回 近松の女(おさんと小春)昭和52年 第62回 寂光(淀どの)昭和54年 第64回 一途昭和55年 第65回 朱と黒と 文部大臣賞昭和56年 第66回 綵裳(さいしよう)昭和57年 第67回 朧(憩の阿国)昭和58年 第68回 彩華昭和59年 第69回 華と花昭和60年 第70回 叢昭和61年 第71回 緑陰

小松均

没年月日:1989/08/23

 仙境の画人小松均は、8月23日午後4時10分、急性心不全のため、京都市左京区の自宅で死去した。享年87。明治35年(1902)1月19日、山形県豊田郡に、曹洞宗延命寺住職小松梅男を父に生まれる。本名匀。幼時に父を失い、大正8年上京、川崎市の洋服店で働く。いったく帰京したのち、翌9年再び上京。新聞配達のかたわら、同年川端画学校に入学、岡村葵園に学ぶ。大正12年中央美術展に「嫁して行く村の乙女」が入選し、翌13年第4回国画創作協会展に「晩秋の野に死骸を送る村人たち」が入選、奨学金を受けた。これを機に土田麦僊の知遇を得、同14年京都の東山に転居、麦僊の山南塾に入塾する。また東山洋画研究所でデッサンを学び、宮本三郎らを知る。この頃から内貴清兵衛の援助を受け、15年の第5回国画創作協会展にも「秋林」「夕月」を出品、国画賞を受賞し会友となる。しかし、昭和3年国画創作協会日本画部が解散となり、同部会員が新たに結成した新樹社に参加した。この間、昭和2年大原に転居、翌3年の「八瀬」など、大原に取材した作品を描き始める。同4年第10回帝展に「渓流」が初入選し、この頃より水墨画を描き始めた。翌5年第11回帝展で「櫟林」が特選を受賞。一方、院展には、大正14年の春季展に「倉のある雪の日の子守子」が入選していたが、秋季展では、同じく昭和5年第17回院展に「もや」が初入選。以後、帝展、院展の双方に出品する。9年第21回院展にも「緑蔭」を出品したが、同年福田豊四郎、吉岡堅二らと山樹社を結成、以後公募展出品を暫時中止する。12年には津田青楓らと墨人会を結成。また、11年には、内貴清兵衛の紹介で横山大観、小林古径を知った。14年より再び院展に出品し、16年には新文展にも出品しているが、17年第29回院展に「黒牡丹」を出品。以後院展にのみ出品し、戦後21年第31回院展で「牡丹」が日本美術院賞を受賞、同人に推挙された。大原で自給自足の生活をしながら、大原の自然を題材に制作。40年第50回院展「吾が窓より(夏山)」が文部大臣賞を受賞する。43年山形美術館で個展開催後、翌年から郷里の自然に取材した最上川シリーズを開始。44年第54回院展「最上川(三ケ瀬、渦巻、はやぶさ)」、45年同第55回「最上川源流」、46年第56回「栗の花さく最上川」、48年第58回「最上川難所、三ケ瀬・碁点」、49年第59回「春の最上川」と出品し、このシリーズによって、50年芸術選奨文部大臣賞を受賞した。54年第64回院展「雪の最上川」は内閣総理大臣賞となる。また52年第62回院展「富士山」以降の富士山シリーズ、58年第68回「岩壁」以降の岩壁シリーズなどを発表。墨を主体に、細かく、しかし綿々と描き込み積み上げていく画風は、素朴さと大地のエネルギーを伝える力強さに溢れ、“大原の画仙”と称された。55年郷里大石田町の名誉町民、61年文化功労者となる。また画塾甲辰会を主宰し、『おのれの子・作品集』(43年)『おのれの子・素描集』(46年)などの著書を残している。 略年譜明治35年 1月19日、山形県豊田郡に小松梅男、フヨの長男として生まれる。父は曹洞宗延命寺の住職であったが、均の生後1年余で死去したため、山形県白鳥村で農業を営む母方の伯父、細谷金四郎宅に母子は身を寄せる。母は均の8歳の時再婚、均はその後も細谷家で養われた。大正3年 白鳥小学校を卒業し、富並尋常高等小学校に入学。往復16キロの山路を学校に通う。大正5年 富並尋常高等小学校を卒業し、伯父の農業を手伝う。大正8年 この頃、川崎市に出、洋服屋の小僧となる。のち東京・神田の書籍店、菊屋に移る。この頃から画学生に憧がれたが一旦帰郷し、下駄屋に丁稚奉公する。大正9年 再び上京し、万玄社に勤め、新聞配達をするかたわら、画家を志して川端画学校に通って岡村葵園に学ぶ。画学校の友、藤井茂樹(無縁寺心澄)の水彩の直感的写生を見て野獣派の描法を日本画に取り入れることによって、新しい日本画を創るヒントを得る。大正13年 6月、第5回中央美術展に、再婚の際の母の姿をテーマに「嫁して行く村の乙女」を出品し、入選する。第5回帝展に「姐妃」を出品したが落選する。11月、第4回国画創作協会展に、父の死を追想して描いた「晩秋の野に死骸を送る村人たち」を出品して入選する。大正14年 京都に移り、土田麦僊の山南塾に入る。東山洋画研究所でデッサンを学ぶ。宮本三郎、橋本徹太郎らを知る。この頃から、土田麦僊の紹介で、京都の実業家で美術に理解の深かった内貴清兵衛の援助を受ける。2月、第11回日本美術院試作展に「倉のある雪の日の子守子」が入選する。大正15年 3月、第5回国画創作協会展に「秋林」「夕月」を出品し、奨学金を受け、会友となる。昭和2年 4月、第6回国画創作協会展に「花(一)」「花(二)」を出品。昭和3年 4月、第7回国画創作協会展に「雪」「八瀬」を出品。7月、国画創作協会日本画部解散。11月、福田豊四郎、吉岡堅二らとともに新樹社を設立する。昭和4年 6月、第1回新樹社展に「秋野」を出品。10月、第10回帝展に「渓流」を出品し入選する。この頃から水墨画を試みる。昭和5年 6月、第2回新樹社展に「薄」を出品。10月、第11回帝展に「櫟林」を出品し、特選となる。昭和6年 9月、第18年院展に「鯰」「牛」を出品。10月、第12回帝展に「山路」を出品し入選する。昭和7年 10月、第13回帝展に「花の森」を出品。昭和8年 10月、第14回帝展に「洛北早春」を出品。昭和9年 9月、第21回院展に「緑蔭」を出品し、この後一時公募展への出品を停止する。昭和10年 満州に渡る。昭和11年 6月、土田麦僊没。内貴清兵衛の紹介で、横山大観、小林古径に会う。昭和12年 津田青楓、中川一政、矢野橋村、菅楯彦らと墨人会を結成し、6月25日~7月4日、第1回展を大阪・朝日会館で開催。昭和13年 傷病兵慰問のため、中国に渡り、上海・鎮江・蘇州・杭州・南京を巡る。福田豊四郎、吉岡堅二と三樹社を結成、のち会名は新美術人協会と改名され、太田聴雨、森田沙伊、横尾深林人らも参加する。昭和14年 ★々人と号す。11月、麦僊の山南塾再興を企て、山南会をおこす。昭和15年 法隆寺金堂壁画模写事業が始まったのに刺激され、仏画の大作制作を志す。昭和17年 9月、第29回院展に「墨牡丹」を出品。昭和18年 9月、第30回院展に「牡丹」(2点)を出品。10月、第6回新文展に「雪後」を出品。昭和19年 「蓮池」「大原女少女」を描く。黙音洞人と号す。昭和20年 仏画の大作を描き続けながら、終戦を迎える。昭和21年 9月、第31回院展に「牡丹」を出品。谷中の日本美術院で描く。日本美術院賞を受け、同人となる。昭和22年 9月、第32回院展に「花菖蒲」を出品。昭和23年 9月、第33回院展に「山三題」を出品。昭和24年 9月、第34回院展に「松」を出品。昭和25年 9月、第35回院展に「神津島の娘」を出品。昭和26年 9月、第36回院展に「蓮」を出品。昭和27年 9月、第37回院展に「大原の春」を出品。昭和28年 9月、第38回院展に「花(一)(二)」を出品。昭和29年 9月、第39回院展に「裸婦素描(一)(二)」を出品。昭和30年 9月、第40回院展に「即現婦女身」を出品。昭和32年 9月、第42回院展に「夏山」を出品。昭和33年 9月、第43回院展に「夏の大原」を出品。他に「東尋坊」を描く。昭和34年 5月、第5回日本国際美術展に「岩山の月」を出品。9月、第44回院展に「鯉」を出品。昭和35年 9月、第45回院展に「雄島岩壁」を出品。「不動尊(青)」を描き始める。昭和36年 9月、第46回院展に「藤間美知踊る幻お七・三態」を出品。昭和37年 9月、第47回院展に「白日夢」を出品。昭和38年 9月、第48回院展に「はぢらひ」を出品。昭和39年 9月、第49回院展に「雪壁」を出品。昭和40年 9月、第50回院展に「吾が窓より(夏山)」を出品。文部大臣賞受賞。昭和41年 9月、第51回院展に「戸隠の春」を出品。昭和42年 9月、第52回院展に「蓬莱峡全図」を出品。昭和43年 9月、第53回院展に「池の朝(鯉)」を出品。昭和44年 9月、第54回院展に「最上川(三ケ瀬、鍋巻、はやぶさ)」を出品。最上川連作を始める。昭和45年 9月、第55回院展に「最上川源流」を出品。昭和46年 9月、第56回院展に「栗の花咲く最上川」を出品。昭和47年 9月、第57回院展に「鯰の池」を出品。他に「三十六童子」を描く。昭和48年 9月、第58回院展に「最上川難所(三ケ瀬・碁点)」を出品。画業50年記念展を大阪阪神百貨店で開催。他に「吾が家への道」を描く。昭和49年 9月、第59回院展に「春の最上川」を出品。他に「白糸の滝」「黒富士」を描く。昭和50年 9月、第60回院展に「吾が窓より(大原春雪)」を出品。最上川シリーズで芸術選奨を受賞。この頃、「舞妓」「牡丹」「鯉図」を描く。昭和51年 9月、第61回院展に「吾が窓より(田園の夕暮)(田園の朝)」を出品。昭和52年 9月、第62回院展に「富士山」を出品。他に「赤富士(一)(二)」を描く。昭和53年 9月、第63回院展に「赤富士」を出品。小松均展を東京、京都大丸で開催。他に「七媛富士」を描く。昭和54年 9月、第64回院展に「雪の最上川」を出品。内閣総理大臣賞受賞。昭和55年 9月、第65回院展に「豊茂富士」を出品。昭和56年 9月、第66回院展に「大原早春」を出品。小松均展を高知県立郷土文化会館で開催。昭和57年 9月、第67回院展に「白富士図」を出品。昭和58年 9月、第68回院展に「岩壁」を出品。昭和59年 画業65年記念、小松均展を神戸大丸、新潟伊勢丹、仙台十字屋で開催。9月、第65回院展に「大原風景」を出品。昭和60年 9月、第70回院展に「岩山雲烟図」を出品。他に「岩山」を描く。昭和61年 6月、自然への感応・15年の足跡 小松均展を東京池袋、西武アート・フォーラムで開催。(小松均展図録 1986年 池袋西武アート・フォーラムより抜粋)

中島清之

没年月日:1989/07/07

 日本美術院理事の日本画家中島清之は、7月7日午前8時55分、急性肺炎のため東京都渋谷区の石山病院で死去した。享年90。明治32(1899)年3月8日、京都山科に生まれ、本名清。別号御龍。大正5年横浜に移り、翌6年から昭和2年まで横浜火災保険会社に勤務した。大正5年松本楓湖の安雅堂画塾に入門し、同13年第11回院展に「桃の木」が初入選、昭和3年第15回院展に「秋」が再入選し、日本美術院院友となる。以後院展に出品し、また昭和元年より山村耕花、18年より安田靫彦に師事した。この間、昭和12年第24回院展の「古画」、14年同第26回「黄街(歌手、曲芸、門、露台、床屋、八卦、室内)」、17年第29回「おん祭(春日若宮、献鳥、御間道御神幸、馬長稚児、射手稚児、細男舞、大太鼓)」が、いずれも日本美術院賞を受賞。戦後も連年出品し、25年第35回院展「方広会の夜」が再び日本美術院賞を受賞、27年同人に推挙された。また16年より東京高等工芸学校で教え、27年には東京芸術大学講師となり、31年退官した。37年渡欧し、インド、中近東、エジプト、モロッコなどを巡遊。翌年帰国し、同年の第48回院展にその旅行に取材した「石の町」「チグリス河畔」を出品、同年日本美術院評議員となる。さらに43年第53回院展で「天草灘」が文部大臣賞を受賞し、53年には日本美術院の理事に就任した。また44年横浜市民ギャラリーで回顧記念展を開催し、45年横浜市文化賞、51年神奈川県文化賞を受賞。このほか、現代日本美術展、日本国際美術展などにも出品し、52年から翌年にかけて、横浜の三渓園臨春閣の襖絵31面を制作している。 院展出品歴大正13年 第11回 桃の木昭和3年 第15回 秋昭和5年 第17回 夏畑/庫裏昭和6年 第18回 京の店(其1・其2・其3)昭和7年 第19回 春日野昭和9年 第21回 花に寄るフランス猫昭和12年 第24回 古画(日本美術院賞第2賞)昭和13年 第25回 ゆあみ昭和14年 第26回 黄街(1歌手)(2曲芸)(3門)(4露台)(5床屋)(6八卦)(7室内)(日本美術院賞第3賞)昭和15年 第27回 初夏の花(1菖蒲)(2牡丹)(3芍薬)昭和16年 第28回 演舞昭和17年 第29回 おん祭(1春日若宮)(2献鳥)(3御間道御神幸)(4馬長稚児)(5射手稚児)(6細男舞)(7大太鼓)(日本美術院賞第3賞)昭和18年 第30回 平城宮の或日昭和21年 第31回 晴雪昭和22年 第32回 和春昭和23年 第33回 残照昭和24年 第34回 茶室(1)(2)昭和25年 第35回 方広会の夜(日本美術院賞(白寿賞))昭和26年 第36回 明けの街・暮るゝ里昭和27年 第37回 古代より(1)(2) 同人推挙昭和28年 第38回 雲昭和29年 第39回 内海昭和30年 第40回 流れ(A)(B)昭和31年 第41回 浄瑠璃昭和33年 第43回 賢者昭和34年 第44回 梅川昭和35年 第45回 顔昭和36年 第46回 山湖昭和38年 第48回 石の町/チグリス河畔昭和39年 第49回 川風昭和40年 第50回 当麻寺中之坊昭和41年 第51回 朝のしゞま昭和42年 第52回 奥山三題(A)(B)(C)昭和43年 第53回 天草灘(文部大臣賞)昭和44年 第54回 早苗昭和45年 第55回 椿笑園の主人達昭和46年 第56回 足摺昭和47年 第57回 阿波土産昭和48年 第58回 喝釆昭和49年 第59回 塑像昭和50年 第60回 緑扇昭和51年 第61回 凍夜昭和52年 第62回 雷神昭和53年 第63回 若草昭和54年 第64回 薮昭和55年 第65回 二人(左)(右)昭和56年 第66回 富士

西山英雄

没年月日:1989/01/21

 日本芸術院会員の日本画家西山英雄は、脳出血のため1月21日午前5時55分、京都市下京区の武田病院で死去した。享年77。明治44年(1971)5月7日、京都市伏見の袋物問屋の長男として生まれる。14歳の時、伯父西山翠嶂に入門し、その画塾青甲社で学ぶ。京都市立絵画専門学校に入学し、在学中の昭和6年第12回帝展に「静物」が初入選。9年第15回帝展で「港」が特選となるなど、頭角を現わす。11年京都市立絵画専門学校を卒業し、以後も官展に出品、次第に風景画を多く手がけるようになる。14年第3回新文展「雪嶺」、18年同第6回「薄暮」などを出品したのち、戦後、22年第3回日展で「比良薄雪」が再び特選となった。25年第6回日展「桜島」、32年同第13回「岩」などを発表し、33年第1回新日展で「裏磐梯」が文部大臣賞を受賞。力強く壮大な構想力の山岳風景を描く”山の画家”として知られた。35年中国に旅行し、同年の第3回新日展に「天壇」を出品、翌36年これにより日本芸術院賞を受賞する。古城シリーズも発表し、また晩年は活火山をスケッチして巡り、51年第8回改組日展「薩摩」、55年同第12回「阿蘇颪」などを発表した。33年日展評議員、44年同理事、54年参事、60年常務理事となっている。この間、29年から44年まで京都学芸大学(現京都教育大学)教授、47年から52年まで金沢美術工芸大学教授(のち名誉教授)として、後進の育成にあたった。また、青甲社幹部をつとめていたが、33年翠嶂の死去に際してはこれを継がず、青甲社は解散となった。49年京都市文化功労者、55年日本芸術院会員となり、60年京都府特別文化功労賞を受賞する。このほか、48年、読売新聞に連載された司馬遼太郎の小説「播磨灘物語」の挿画約200点による「挿画原画展」を開催している。画集に『西山英雄画集』(57年)、著書に『日本画入門』がある。 帝展・新文展・日展出品歴 昭和6年 第12回帝展 静物昭和8年 第14回帝展 曇日昭和9年 第15回帝展 港(特選)昭和11年 文展監査展 廃船昭和12年 第1回新文展 内海風景昭和14年 第3回新文展 雪嶺昭和15年 2600年奉祝展 駱駝昭和16年 第4回新文展 火山の夕昭和17年 第5回新文展 征馬昭和18年 第6回新文展 薄暮昭和21年 第2回日展 聖丘昭和22年 第3回日展 比良薄雪(特選)昭和23年 第4回日展 海潮(委嘱)昭和24年 第5回日展 霞澤岳(委嘱)昭和25年 第6回日展 桜島(審査員)昭和26年 第7回日展 室戸(審査員)昭和27年 第8回日展 夕映(委嘱)昭和28年 第9回日展 山湖(委嘱)昭和29年 第10回日展 外海府(審査員)昭和30年 第11回日展 桜島昭和31年 第12回日展 剣岳(委嘱)昭和32年 第13回日展 岩(審査員)昭和33年 第1回新日展 裏磐梯(文部大臣賞、評議員)昭和34年 第2回新日展 桜島(評議員)昭和35年 第3回新日展 天壇(評議員、審査員)昭和36年 第4回新日展 聖堂の月(評議員)昭和37年 第5回新日展 火山島(評議員、審査員)昭和38年 第6回新日展 アクロポリスの丘(評議員)昭和39年 第7回新日展 剣(評議員)昭和40年 第8回新日展 朝映桜島(評議員)昭和41年 第9回新日展 九竜壁(評議員)昭和42年 第10回新日展 磐梯(評議員)昭和43年 第11回新日展 桜島朝暉(評議員、審査員)昭和44年 第1回改組日展 ペンニヤの丘(理事、審査員)昭和45年 第2回改組日展 富士西湖(理事)昭和46年 第3回改組日展 さい果て(審査員)昭和47年 第4回改組日展 樹林富士昭和48年 第5回改組日展 エアーヅ・ロック(理事、審査員)昭和49年 第6回改組日展 グランドキャニオン(理事)昭和50年 第7回改組日展 白夜(理事、審査員)昭和51年 第8回改組日展 薩摩(理事)昭和52年 第9回改組日展 曜(理事、審査員)昭和53年 第10回改組日展 薩摩雪(理事、審査員)昭和54年 第11回改組日展 野火(参事、審査員)昭和55年 第12回改組日展 阿蘇颪(参事)昭和56年 第13回改組日展 火焰山(理事、審査員)昭和57年 第14回改組日展 残照(理事)昭和59年 第16回改組日展 室戸(理事)昭和60年 第17回改組日展 噴炎(理事、審査員)昭和61年 第18回改組日展 あける桜島(理事)昭和62年 第19回改組日展 雷鳴紫禁城(理事、審査員)昭和63年 第20回改組日展 桜島と連絡船(理事)

池田遥邨

没年月日:1988/09/26

 旅を愛し漂泊の画人といわれた文化勲章受章者の日本画家池田遥邨は、9月26日午前零時55分、急性心不全のため京都市上京区の相馬病院で死去した。享年92。明治28(1895)年11月1日、池田文四郎、鹿代の長男として岡山県浅口郡に生まれ、本名曻一。45年大阪に出て松原三五郎の天彩画塾に入塾、洋画を学ぶ。大正3年第8回帝展に水彩画「みなとの曇り日」が初入選、以後も水彩を描き続ける。一方、この間大正2年小野竹喬を識り、同7年より独学で日本画を研究。同7年第12回文展に6曲1双の屏風「草取り」を出品するが落選する。これを機に、翌8年竹喬を頼って京都に出、竹内栖鳳の画塾竹杖会に入塾する。知恩院に仮寓しながら、「遥村」と号し、同8年の第1回帝展に日本画「南郷の八月」が入選した。引続き、9年第2回帝展に「湖畔残春」が入選。翌10年京都市立絵画専門学校に入学し、この頃よりムンク、ゴヤらの影響を受ける。同年「颱風来」を制作し、12年には鹿子木孟郎とともに関東大震災後の東京を写生。翌13年第5回帝展に大震災を生々しく描写した「災禍の跡」、14年第6回帝展に「貧しき漁夫」など、社会派的な作品を出品するが、ともに落選した。また13年京都市立絵画専門学校を卒業後、同校研究科へ進み、15年修了。13年帝展落選後、1年間の放浪の旅に出、昭和3年には安藤広重の版画に傾倒し東海道を踏破する。同4年にも日本全国を旅行し、それぞれ同7年「東海道五十三次図会」、9年「日本六十余州名所図会」の作品にまとめあげた。この間、昭和3年第9回帝展「雪の大阪」、5年同第11回「鳥城」がともに特選を受賞。次いで7年第13回帝展「大漁」、9年第15回「浜名湖今切」など、独特の鳥瞰図法による明るい色彩の画風へと移行する。戦後、26年第7回日展「戦後の大阪」など一時抽象風の作品を描いたのち、単純化された画面構成の象徴的作風へ移行。34年第2回新日展出品作「波」により、翌年日本芸術院賞を受賞。さらに45年第2回改組日展「寥」、47年同第4回「囁」など、縹渺な作品を制作する。晩年は俳人種田山頭火の世界を好んで題材とし、59年第16回日展「うしろ姿のしぐれてゆくか山頭火」などを発表した。また、昭和11年より24年まで京都市立絵画専門学校(のち京都市立美術専門学校)で教え、11年上村松篁らと水明会、12年浜田観らと葱青社を結成。28年には自ら画塾青塔社を組織し、後進の指導にあたった。27年日展参事、33年同評議員、49年参与、52年顧問に就任。47年初の京都府美術工芸功労者、48年京都市文化功労者となり、58年京都府文化賞特別功労賞を受賞。51年日本芸術院会員、59年文化功労者となり、62年文化勲章を受章した。このほか、48年より奈良教育大学で講師として教え、55年作品、スケッチ489点を倉敷市に寄贈した。著書に53年『池田遥邨随筆』、作品集に48年『池田遥邨画集』などがある。 年譜明治28年 11月1日、鐘ケ淵紡績工務係技手をつとめる池田文四郎と鹿代の長男として岡山県に生まれる。本名、曻一。生まれて間もなく、父の転勤で大阪府北河内郡に一家は移住する。明治31年 この頃、父の転勤に伴い大阪市の天満橋筋あたりに移住する。明治33年 父の転勤に伴い、福岡県大牟田に移住する。明治35年 4月、大牟田尋常小学校に入学する。明治36年 父の転勤に伴い、一家で上海に渡り、本願寺経営の開導小学校2年生に転校する。明治37年 父が鐘ケ淵紡績から福島紡績大阪本社に転じたため日本に帰り、父の姉がいた大阪・堺市に移住、南旅篭尋常小学校3年生に転校する。明治39年 4月、堺市宿院尋常高等小学校に入学する。明治42年 父が福島紡績福山工場長として転勤したため、一家で広島県福山町に移り、福山尋常高等小学校4年生に転校する。明治43年 3月、福山尋常高等小学校を卒業する。4月、広島の中学校を受験の日、スケッチに出かけて試験を放棄する。初夏、忠田嘉一の紹介で、単身大阪に出て松屋町にあった松原三五郎の天彩画塾に入り、洋画の勉強を始める。大正2年 この年、福山で、水彩画約30点による初めての個展を開催する。小野竹喬と出会う。大正3年 10月、第8回文展に水彩画「みなとの曇り日」が初入選。大正5年 10月、兵役中、第10回文展に水彩画「衛戌病院」を出品したが落選。大正7年 10月、日本画に興味を持って独学で制作した、六曲一双屏風「草取り」を第12回文展に出品したが落選。大正8年 4月、小野竹喬をたよって京都に出て竹内栖鳳の画塾〈竹杖会〉に入り、知恩院崇泰院に仮寓する。〈遥村〉と号す。10月、第1回帝展に日本画「南郷の八月」を出品し入選。大正9年 10月、第2回帝展に「湖畔残春」が入選。大正10年 1月、小野竹喬の仲人で真塚品子と結婚する。4月、京都市立絵画専門学校別科に入学し、あわせて京都市立外国語学校仏文科(夜間)にも通う。この頃から、ムンクやゴヤの影響を受ける。10月、第3回帝展に「枯れつつ夏は逝く」を出品したが落選。この年、第1回芸術院展に「颱風来」が入選。京都で初めての個展(京都府図書館)を開催。大正11年 3月、朝鮮・慶州、満州・ハルビンに旅行する。10月、第4回帝展に「風景」が入選。この年、京都市立外国語学校を中退する。大正12年 9月、鹿子木孟郎とともに関東大震災後の東京をスケッチしてまわり、約400枚を描く。この年、四国を旅行。大正13年 3月、京都市立絵画専門学校を卒業し、さらに研究科へ進む。10月、第5回帝展に大震災跡に取材した「災禍の跡」を出品したが落選。大正14年 10月、第6回帝展に「貧しき漁夫」を出品したが落選。大正15年昭和元年 3月、京都在住の岡山県出身の画家、小野竹喬、鹿子木孟郎らと〈烏城会〉を結成、発会式を挙げる。京都市立絵画専門学校研究科を修了。5月、第1回聖徳太子奉讃美術展に「林丘寺」が入選。この頃から画号を〈遥村〉から〈遥邨〉に改める。10月、第7回帝展に「南禅寺」が入選。昭和2年 10月、第8回帝展に「華厳」が入選。昭和3年 4月、東海道写生旅行を決行。10月、第9回帝展に「雪の大阪」が入選、特選となる。昭和4年 6月、パリ(6/1~7/25)及びブリュッセルで開催の日本美術展に「雪の日」を出品。10月、第10回帝展に「京の春宵」を無鑑査出品。昭和5年 3月、2回目の東海道写生旅行をする。第2回聖徳太子奉讃美術展に「錦小路」を出品。7月、翌年1月からベルリンで開催予定の日本美術展国内展に「鴨川春宵」を出品。10月、第11回帝展に「烏城」が入選し、特選となる。昭和6年 3月、帝展推薦となる。8月、10月から11月にかけてアメリカ・オハイオ州トレドで開催予定の日本画展国内展に「閑居」を出品。10月、第12回帝展に「祇園御社」を出品。この年、「東海道五十三次図絵」を完成。昭和7年 10月、第13回帝展に「大漁」を出品。昭和8年 5月、竹杖会ただ一度の塾展となった竹杖会大研究会が開催され、「鴨川」を出品。10月、第14回帝展に「巨椋沼」を出品。 昭和9年 10月、第15回帝展「浜名湖今切」を出品。この年、「日本六十余州名所」の大半が完成。竹杖会の解散に伴い、葱青社を結成。昭和10年 10月、帝国美術院の松田改組により、無鑑査に指定される。昭和11年 5月、京都市立絵画専門学校助教授となる。11月、文展招待展に「日光山」を出品。〈水明会〉を結成、日本画壇の革新を目指す。昭和12年 10月、徳岡神泉らと六人会を組織。第1回文展に「江州日吉神社」を出展。昭和13年 3回目の東海道写生旅行をする。7月、京都で〈池田遥邨・上村松篁新作祇園会展〉が開催される。10月、第2回文展に「日吉三橋」を出品。『東海道五十三次図絵』を芸艸堂から出版。昭和14年 4月、ニューヨーク万国博覧会に「拾翠池」を出品。7月、朝鮮において〈池田遥邨東海道五十三次展〉を開催。10月、中国に渡り、杭州、揚州、蘇州などをスケッチ旅行する。昭和15年 11月、紀元二千六百年奉祝展に「肇国之宮居」を出品し、宮内省買い上げとなる。秋、目黒雅叙園襖絵揮毫のため竹杖会会員とともに東上、1カ月にわたって制作、遥邨は「東海総行脚」を描く。昭和16年 1月、伊勢神宮から熊野三山を巡拝する。12月、葱青社解散。昭和17年 1月、九州の諸神社を巡拝し、出雲大社に参詣。10月、第5回文展に審査員として「三尾四季之図」を出品、政府買い上げとなる。昭和18年 9月、神社を描いた作品を集めた『池田遥邨作品集』を刊行。10月、第6回文展に「吉野拾遺」を出品。昭和19年 11月、戦時特別文展に「伊勢神宮」を出品。昭和20年 11月、第1回京展に「金閣・銀閣」を無鑑査出品。昭和22年 10月、第3回日展に審査員として「雪の神戸港」を出品。昭和23年 10月、第4回日展に「白鷺城を想う」を出品。昭和24年 7月、京都市立美術専門学校助教授を退職する。10月、第5回日展に「鳴門」を出品。昭和25年 第6回日展に「金閣追想」を出品。昭和26年 10月、第7回日展に審査員として「戦後の大阪」を出品。昭和27年 10月、日展参事となり、第8回日展に「幻想の明神礁」を出品。昭和28年 3月、画塾〈青塔社〉を結成、主宰する。10月、日展評議員となり、第9回日展に「灯台」を出品。この年、岡山大学教育学部講師となる。昭和29年 10月、第10回日展に審査員として「瀧」を出品。昭和30年 10月、第11回日展に「銀砂灘」を出品。文部省買い上げとなる。昭和31年 10月、第12回日展に「溪」を出品。昭和32年 11月、第13回日展に審査員として「石」を出品。昭和33年 6月、岡山後楽園延養亭の能舞台鏡板に「松竹」を描く。11月、社団法人となった第1回新日展に審査員として「灯台」を出品。昭和34年 11月、第2回新日展に「波」を出品。昭和35年 3月、前年の日展出品作「波」で昭和34年度日本芸術院賞を受賞。11月、第3回新日展に審査員として「沼」を出品。昭和36年 11月、第4回新日展に「大王崎」を出品。昭和37年 11月、第5回新日展に「古刹庭上」を出品。昭和38年 11月、第6回新日展に審査員として「雪庭」を出品。この年、紺綬褒章を受章。昭和39年 11月、第7回新日展に「雪の神戸」を出品。昭和40年 11月、第8回新日展に「飛石」を出品。昭和41年 5月、岡山で小林和作と二人展(金剛荘)を開催し、日本画のほか模写を出品する。11月、第9回新日展に「叢」を出品。昭和42年 11月、第10回新日展に「明星」を出品。この年、大阪市立美術館運営委員となる。昭和43年 11月、第11回新日展に「海底」を出品。昭和44年 11月、日展が改組され、第1回展に審査員として「堤」を出品。昭和45年 11月、第2回改組日展に「寥」を出品。昭和46年 10月、京都市主催〈京都日本画の精華展〉に10点が出品される。11月、第3回改組日展に「閑」を出品。昭和47年 3月、この年制定された京都府美術工芸功労者の表彰を受ける。10月、『池田遥邨画集』をマリア書房から刊行する。11月、第4回改組日展に「囁」を出品。この年、岡山大学構師を退職する。昭和48年 6月、紺綬褒章を受章。11月、第5回改組日展に「谿」を出品。京都市文化功労者に選ばれる。昭和49年 7月、『池田遥邨集』(現代作家デッサンシリーズ〈1〉)が中外書房から出版。11月、日展参与となり、第6回改組日展に「礎石幻想」を出品。昭和50年 11月、第7回改組日展に「群」を出品。昭和51年 10月、第8回改組日展に「影」を出品。12月、日本芸術院会員に選ばれる。昭和52年 10月、日展顧問となり、第9回改組日展に「海鳴り」を出品。11月、勲三等瑞宝章を受章する。昭和53年 7月、紺綬褒章を受章。11月、第10回改組日展に「川」を出品。昭和54年 10月、第11回改組日展に「堰」を出品。昭和55年 9月、岡山県の文化発展に尽くした功績により、第13回岡山県三木記念賞を受賞。10月、郷里倉敷市に作品、スケッチ489点を寄贈。これを記念して、岡山で〈倉敷市へ寄贈記念-池田遥邨作品展〉開催。11月、第12回改組日展に「錦帯橋」を出品。昭和56年 10月、第13回改組日展に「稲掛け」を出品。昭和57年 3~5月、京都、岡山、大阪、東京で〈池田遥邨回顧展〉開催。10月、第14回改組日展に「朧夜」を出品。11月、『池田遥邨の履歴書 聞き書き・エッセイ』出版(京都書院)。昭和58年 3月、新しく制定された京都府文化賞特別功労賞を受賞。10月、第15回改組日展に「芒原」を出品。紺綬褒章を受章。11月、倉敷市立展示美術館が開館し、遥邨常設展示室で寄贈作品による池田遥邨展開催。昭和59年 4~5月、東京、大阪、京都、岡山(高島屋)において新作個展〈池田遥邨展〉開催。『池田遥邨画集』が京都書院から出版される。11月、文化功労者の表彰を受ける。第16回改組日展に「うしろ姿のしぐれてゆくか 山頭火」を出品。昭和60年 11月、第17回改組日展に「鉄鉢の中へも霰山頭火」を出品。昭和61年 1月、〈池田遥邨展〉(愛媛県立美術館)開催。5月、東京で〈池田遥邨展〉(渋谷東急)開催。11月、京都、神戸、岡山で〈池田遥邨展〉が開催 第18回改組日展に「雪へ雪ふるしづけさにをる 山頭火」を出品。12月、倉敷市名誉市民となる。不整脈を訴え入院、翌年4月まで病床に臥す。昭和62年 11月、第19回改組日展に「あすもあたたかう歩かせる星が出ている 山頭火」を出品。姫路で〈池田遥邨展-城と月のある風景-〉(姫路市立美術館)開催。文化勲章を受章。受章後体調を崩し、心臓疾患のため上京区の京都府立医科大学附属病院に再度入院、翌年5月中旬まで病床に臥す。昭和63年 4月、高島屋美術部創設80年記念〈放浪と行乞の旅に魅せられて-池田遥邨展〉が京都、東京、岡山で開催。8月、風邪のため制作を中断する。倉敷市に作品、スケッチ211点を寄贈。9月24日みたび入院するが、9月26日午前0時55分、急性心不全のため、京都市上京区の相馬病院で死去する。(『池田遥邨遺作展』1989年京都国立近代美術館図録より抜粋)

水田硯山

没年月日:1988/09/07

 日本南画院顧問の日本画家水田硯山は、9月7日午前7時15分、心不全のため京都市左京区の自宅で死去した。享年85。明治35(1902)年12月14日大阪市に生まれ、本名美朗。南画家水田竹圃は兄にあたる。大正6年竹圃に入塾し南画を学び、また藤沢南岳に漢籍を学ぶ。翌7年京都に移ったのち、10年第1回日本南画院展に「雲去来」が入選。11年「山村暁霧」を出品し、日本南画院同人に推挙された。12年中国に旅行し、同地に取材した「紅葉山館」「寒江渡舟」を同展に出品する。また帝展でも、11年第4回帝展に「秋二題」が初入選し特選を受賞。13年第5回帝展に「一路湿翠」「春江暁潮」を出品したのち、14年同第6回帝展「雲散」「水肥」、昭和2年第8回「朝」が再びともに特選となる。翌3年第9回帝展「幽谷」以後、帝展無鑑査となり、帝展に5年第11回「霜林」、7年第13回「桐江新翠」、8年第14回「秋壑雲封」、9年第15回「飛鳳瀑」などを出品。また新文展、日本南画院展にも出品を続けた。南画に後期印象派の画風を加味した山水を得意とした。16年大東南宗院委員となり、戦後日展に依嘱出品する。33年菁々社を創立する一方、35年日本南画院の再興に参加。同展で、同35年「樹」が日本南画院賞、36年「秋」が文部大臣賞を受賞し、35年同院理事、38年監事となった。50年頃より視力が衰え、近年は制作から遠ざかっていた。

羽石光志

没年月日:1988/05/11

 日本美術院理事の日本画家羽石光志は、5月11日午前10時半、肺がんのため東京都千代田区の三井記念病院で死去した。享年85。明治36(1903)年1月1日栃木県芳賀郡に生まれ、本名弘志。大正5年小堀鞆音に師事したのち、同8年川端画学校に入学する。12年卒業し、昭和6年鞆音没後、15年より安田靫彦に師事する。この間、昭和8年第14回帝展に「正岡子規」が初入選、15年紀元2600年奉祝展にも「畑時能」を出品した。靫彦に師してからは、16年第28回院展に「阿部比羅夫」を初出品、以後院展に出品する。翌17年第29回院展「忠度」、21年同第31回「閑日」、22年第32回「片岡山」、23年第33回「古今集撰集の人々」が、いずれも日本美術院賞を受賞。さらに、24年第34回院展「垣野王」、27年第37回「古墳」、29年第39回「黄河」が奨励賞、28年第38回「難波の堀江」が佳作賞を受賞したのち、30年第40回「土師部」が再び日本美術院賞を受賞。31年第41回「正倉院」は日本美術院次賞となり、同年同人に推挙された。この間、昭和19年奥村土牛、村田泥牛とともに東京美術学校講師となり、26年まで後進の指導にあたる。戦後は、新聞、雑誌の挿絵も描き、また時代衣裳の考証のため歴世服飾研究会を組織、世話人をつとめた。43年第53回院展で「いかるがの宮(聖徳太子)」が内閣総理大臣賞を受賞、45年以降日本美術院評議員、理事を歴任する。一方、39年より41年にかけて文化庁の依嘱により「伴大納言絵詞」を模写し、43年の法隆寺金堂壁画再現模写事業でも第2号、第6号壁を模写。46年より翌年にかけては、日光陽明門天井画「双龍図」の復元にあたった。安田靫彦の画風を継ぎながら、歴史や時代、衣裳考証に基づく歴史画を描いた。43年より53年まで名古屋造形短大顧問教授もつとめている。

森村宜永

没年月日:1988/05/04

 日本画院顧問の日本画家森村宜永は、5月4日午後4時37分、直腸がんのため名古屋市中村区の鵜飼病院で死去した。享年81。明治39(1906)年6月10日名古屋市に生まれ、本名行雄。東京美術学校在学中より、画才を見込まれて名古屋の画家森村宜稲の娘婿となり、稲門と号す。昭和4年東京美術学校を卒業し、松岡映丘に師事する。同4年第10回帝展に「砂丘」が初入選し、以後5年同第11回「爽空」、6年第12回「志摩の磯わ」、7年第13回「採鮑」、8年第14回「沼」、9年第15回「雨」と連年入選。海辺や水辺の風景に多く取材した大和絵作品を発表する。11年文展鑑査展に「駿牛」、12年第1回新文展に「新樹」を出品。13年義父宜稲が死去したのち、「實と花」を出品した14年第3回新文展以降、宜永の名で出品している。また昭和10年映丘が盟主となって結成した国画院は、13年映丘が死去したのち展覧会活動を休止、国画院研究会として存続したが、同会にも会員として参加している。戦後、能を多く題材とした作品を制作。日展には24年より出品し、同年第5回「秀吉の能」、25年第6回「海のそよ風」、26年第7回「雲影」、27年第8回「熊野」、28年第9回「隅田川」、29年第10回「寂光院」、30年第11回「楊貴妃」、31年第12回「鏡の間」、32年第1回新日展「花」、33年同第2回「鶴」などを出品している。一方、28年日本美術協会展でやはり能を題材とした「黒塚」により日本美術協会総裁賞を受賞。また日本画院にも出品し、29年新同人に推挙された。のち同院顧問もつとめていた。

高橋常雄

没年月日:1988/05/03

 日本美術院同人の日本画家高橋常雄は、5月3日午後5時20分、肝蔵がんのため神奈川県南足柄市の大内病院で死去した。享年60。昭和2(1927)年10月27日群馬県前橋市に生まれる。戦後21年、岡部神水の勧めで日本画を始め、25年初め望月春江、次いで同年福王寺法林に師事する。28年第9回日展に津根於の名で「春丘」が初入選、続いて29年同第10回「山」、31年第12回「煙突」などが入選する。33年武蔵野美術学校日本画科に編入学し、奥村土牛、塩出英雄らに学ぶ。34年卒業とともに院展に出品し、35年第45回院展に「嬬恋の山」が初入選した。以後連年入選を重ね、37年院友となる。46年第56回院展「和雅の音」、48年同第58回「修羅」がともに奨励賞を受賞。49年、51年のネパール、ヒマラヤ旅行後は同地に取材した作品を多く発表し、50年第60回院展「聖地巡拝記」、55年同第65回「聖地追想」がいずれも日本美術院賞を受賞した。この間、52年第62回院展「クリシュナ神話より」、54年同第64回「ラト・マチェンドラ祭の灯」、さらに57年第67回「無為」、59年第69回「追想」も、奨励賞を受賞。60年同人に推挙された。このほか、山種美術館賞展にも50年第3回展、58年第7回展「浄境」と出品している。仏教文化の淵源を辿り、、堅固な構図の重厚な作風を展開した。

岩田正巳

没年月日:1988/03/09

 日本芸術院会員の日本画家岩田正巳は、3月9日午前5時30分、脳出血のため東京都世田谷区の自宅で死去した。享年94。明治26(1893)年8月11日新潟県三條市の眼科医岩田屯、えつの長男として生まれる。本名同じ。父も愛山と号し日本画を描いた。三条中学校在学中、美術教員秋保親美の影響を受け、44年同校卒業後、翌45年川端画学校で寺崎広業の指導により夜間日本画を学ぶ。大正2年東京美術学校日本画科に入学。小堀鞆音、松岡映丘らに学び、仏画模写に励む。7年卒業後、同校研究科に進み、映丘に師事、10年同科を修了した。同10年映丘、川路柳虹を顧問に、映丘門下の狩野光雄、遠藤教三、穴山勝堂とともに新興大和絵会を結成、同年の第1回展に「写真」を出品する。以後同会を舞台に大和絵の新しい表現を研究、昭和6年の同会解散まで毎回出品した。この間、大正15年には、映丘一門による夏目漱石作「草枕」の絵巻制作に参加している。一方、大正13年第5回帝展に「手向の花」が初入選し、15年同第7回「十六夜日記」、昭和3年第9回「比叡の峯」など、古典や歴史に取材した作品を発表。昭和5年第11回帝展「高野草創」、9年同第15回「大和路の西行」がともに特選となる。その後、新文展にも出品する一方、昭和10年映丘を盟主として結成された国画院の結成に参加、同人となり、12年の第1回展に「聖僧日蓮」を出品した。13年映丘の死去に伴い、国画院は研究会として存続することとなった。が、一方旧同人を中心に翌14年日本画院を結成、会員となり29年まで同会に出品した。この間、11年映丘、服部有恒、吉村忠夫とともに帝室博物館壁画「藤原時代風俗画」を制作している。戦後は日展を中心に活動し、仏教などにも取材し西域に思いを馳せた作品を制作。35年第3回新日展出品作「石仏」により、翌年日本芸術院賞を受賞、37年にはインドに取材旅行している。27年日展参事となって以後、33年同評議員、47年監事、48年参与、54年顧問を歴任した。また戦後間もない24年頃より2年間東劇、27年頃より2年間歌舞伎座の舞台装置や衣裳の時代考証などもつとめた。52年日本芸術院会員となる。 年譜明治26年 8月11日、三条市の眼科医の家に長男として生まれる。明治33年 三条裏館尋常小学校に入学。明治37年 三条裏館尋常小学校を卒業。三条尋常小学校高等科に入学。明治39年 三条尋常小学校高等科を卒業。三条中学校に入学。明治44年 三条中学校を卒業。明治45年 夜間、川端画学校で日本画を学び、寺崎廣業に指導をうける。大正2年 東京美術学校日本画科に入学する。大正3年 第三教室(大和絵)を選び、主任教授小堀鞆音、助教授松岡映丘の指導をうける。この年頃から多くの仏画を模写する。大正5年 「木蘭往戎図」を描く。大正7年 東京美術学校日本画科を卒業する。双幅の「魏の節乳母」を卒業制作する。東京美術学校日本画研究科に入学し、松岡映丘に師事。松岡映丘の指導のもと、東京美術学校倶楽部で月並研究会が開かれる。大正8年 月並研究会の会場が、松岡映丘宅(常夏荘)に移される。大正10年 映丘塾常夏荘同人の狩野光雅らと、四人で新興大和絵会を結成。東京美術学校日本画研究科を終了。第1回新興大和絵会展に「写真」を出品。大正11年 第2回新興大和絵会展「初夏のさえずり」。大正12年 第3回新興大和絵会展「霧たつころ」。石田ミヨと結婚。関東大震災を機に常夏会は一旦解散。大正13年 第5回帝展に「手向の花」が初入選。大正14年 第5回新興大和絵会展「武蔵野の秋」。大正15年 第6回新興大和絵会展「早春浜辺」。映丘一門で夏目漱石作「草枕」の絵巻を制作し、参加。第7回帝展「十六夜日記」。昭和2年 第7回新興大和絵会展「比叡の峯」「金色夜叉」。第8回帝展「春日垂跡」。昭和3年 第8回新興大和絵会展「かげる比叡」「備後の海」「狭井川のほとり」。第9回帝展「比叡の峯」。昭和5年 第10回新興大和絵会展「尾津の一ッ松」、同展はこの回をもって終了。第11回帝展で「高野草創」が特選受賞。昭和6年 新興大和絵会解散。第12回帝展に「神功皇后」を無鑑査出品。昭和7年 第13回帝展「役小角」。昭和8年 第14回帝展「高野維盛」。昭和9年 第15回帝展に「大和路の西行」で特選となる。昭和10年 松岡映丘を盟主とする国画院の結成に参加し、同人となる。昭和11年 松岡映丘らと帝室博物館壁画の「藤原時代風俗画」(4点)のうち1点を制作。新文展招待展に「浜名を渡る源九郎義経」を出品。昭和12年 国画院第1回展に「聖僧日蓮」を出品。第1回新文展に「富士の聖僧日蓮」を無鑑査出品。昭和13年 第2回新文展に「山に住む公時」を無鑑査出品。昭和14年 川崎小虎らと日本画院を創設し、会員となる。第3回新文展に「木下藤吉郎」を無鑑査出品。昭和15年 第2回日本画院展「忠犬獅子」。この年頃から講談社の雑誌を中心に挿絵を描く。昭和16年 第3回日本画院展「忠盛」。昭和17年 第4回日本画院展「降盛出陣」。第5回新文展に「月に躍る」を無鑑査出品。昭和18年 第5回日本画院展「日蓮」。第6回新文展に「上杉謙信」を招待出品。昭和19年 戦時特別文展「吉田松陰」。新潟県加茂市に疎開。昭和22年 第3回日展に「愛犬」を招待出品。昭和23年 第8回日本画院展「初夏」。第4回日展「第一歩」。東京へ帰る。昭和24年 第5回日展の審査員をつとめ「少女」を出品。この年頃から2年間、東劇の舞台装置、衣装などの考証にあたる。昭和25年 第6回日展に「花さす人」を依嘱出品。昭和26年 第11回日本画院展「あみもの」。第7回日展の審査員をつとめ「鳩」を出品。昭和27年 第12回日本画院展「猫」。第8回日展の運営会参事をつとめ「秋好中宮」を出品。この年頃から2年間位、歌舞伎座の舞台装置、衣装などの考証にあたる。昭和28年 第13回日本画院展「牡丹と光琳」。第9回日展「鏡」。昭和29年 第14回日本画院展「幸若」。第10回日展の審査員をつとめ「夢の姫君」を出品。昭和30年 第11回日展「いかづち」。昭和31年 第12回日展「禽舎」。昭和32年 第13回日展の審査員をつとめ「青夜」を出品。昭和33年 社団法人第1回日展の評議員をつとめ「秋苑石仏」を出品。昭和34年 第2回日展「南風舞曲」。昭和35年 第3回日展の審査員をつとめ「石仏」を出品。昭和36年 日展出品作「石仏」により第17回日本芸術院賞を受ける。第4回日展「仁王」。昭和37年 第5回日展「俑4」。インドに取材旅行。昭和38年 第6回日展の審査員をつとめ「黒い服の李さん」を出品。昭和39年 第7回日展「紅床」。昭和40年 第8回日展「熄む」。昭和41年 第9回日展「李さんと七面鳥」。昭和42年 第10回日展「架」。昭和43年 第11回日展「春昼」。昭和44年 改組第1回日展「緑扇」。昭和45年 第2回日展「浴(印度・ベナレス水浴)」。昭和46年 第3回日展「女神」。勲四等旭日小綬章を受ける。昭和47年 第4回日展の監事をつとめ「神祀」を出品する。昭和48年 第5回日展の参与をつとめ「漢拓(漢画像石拓本)」を出品。昭和49年 第6回日展「群飛」。昭和50年 第7回日展「印度新月」。昭和51年 第8回日展「花と漢拓」。昭和52年 日本芸術院会員に推せんされる。第9回日展「宵」。BSN新潟美術館主催で岩田正巳展が開催される。昭和54年 第11回日展の顧問をつとめ「鴬-一将愛鳥鴬の美聲をよろこぶ」を出品。勲三等瑞宝章を受ける。昭和55年 第12回日展「晨」。昭和57年 第14回日展「夢」。昭和58年 第15回日展「供養の女達」。新潟県美術博物館主催で岩田正巳と三輪晁勢展が開催される。(株)美術出版協会から画集刊行記念としてオリジナル石版画「爽」が刊行される。(『岩田正巳画集』美術出版協会より抜粋)

福田青藤

没年月日:1988/01/28

 日本南画院副理事長の日本画家福田青藤は、1月28日午後3時30分、心不全のため大阪府池田市の市立池田病院で死去した。享年91。明治29(1896)年9月29日大阪市福原区に生まれ、本名忠雄。大阪市立西野田尋常高等小学校高等科を卒業後、永松春洋に師事する。大阪美術学校に学び、同校を卒業。春洋門下の矢野橋村に師事し、南画を学ぶ。昭和5年第11回帝展に「秋山夕照」が初入選し、8年第14回帝展に「水濱暮色」が再び入選。11年の文展鑑査展にも「幽翠」を出品し、洋風を加味した繊細な南画作品を制作した。13年第1回日本新興南画院展「幽禽還山」、17年第1回大東南宗院展「秋晨」など、南画をめぐる新たな創作運動にも参加。また南京、揚州、抗州、盧山など2ケ月にわたって中国を遊歴し、風景を探勝した。戦後、35年に再興された日本南画院に参加し、同展で文部大臣賞、桂月賞、南画院賞などを受賞、常務理事、副理事長などを歴任した。また大阪美術協会にも参加し、会長、顧問をつとめている。

梶原緋佐子

没年月日:1988/01/03

 美人画で知られる日本画家梶原緋佐子は、1月3日午後8時10分、老衰のため京都市北区の自宅で死去した。享年91。明治29(1896)年12月22日京都祇園の造り酒屋に生まれ、本名久。大正3年京都府立第二高等女学校卒業後、竹内栖鳳門下で同校で教えていた千種掃雲の勧めにより画家を志望し、菊池契月に入門。木谷千種、和気春光らとともに、契月塾の三閨秀と称される。同7年第1回国画創作協会展に「暮れゆく停留所」を出品し、選外佳作となる。次いで、9年第2回帝展に「古着市」が初入選し、以後10年第3回帝展「旅の楽屋」、13年同第5回「お水取りの夜」、14年第6回「娘義太夫」、15年第7回「矢場」など、下層に生きる女性風俗を題材に社会性の強い作品を描く。昭和に入り、5年第11回帝展「山の湯」、6年第12回「いでゆの雨」、8年第14回「機織」など、師契月の画風を受けた明澄な作風へと移行。戦後、22年第3回日展で「晩涼」が特選、27年同第8回「涼」が白寿賞を受賞する。30年頃より舞妓や芸妓を多く題材に、上村松園亡きあとの京都画壇の美人画の伝統を守り続けた。また昭和5年大阪府女子専門学校の日本画講師となり、8年韓国、10年中国、43年欧州を旅行。43年日展評議員となり、49年より同参与をつとめた。また51年京都市文化功労者となり、54年には画業60年記念「梶原緋佐子展」が開催された。早くより吉井勇に師事して和歌も学び、歌集『逢坂越え』(大正13年)なども出版している。

河野秋邨

没年月日:1987/12/03

 社団法人日本南画院会長・理事長の日本画家河野秋邨は、12月3日午前6時50分、急性心不全のため京都市上京区の自宅で死去した。享年97。明治23年8月8日愛媛県新居浜市に生まれて本名循。明治40年京都に出て、45年京都の田辺竹邨に師事し、南画を学ぶ。大正4年日本美術協会に出品した「赤壁舟遊図」が伏見宮買上げとなった。同6年第11回文展に「夏雨新霽」が初入選、帝展にも15年第7回展より入選し、昭和2年第8回帝展「月下敲門」、3年第9回「山光欲暮」などを出品する。この間、大正10年水田竹圃らと発起し、富岡鉄斎を顧問として、田辺竹邨、山田介堂、池田桂仙ら京都南画壇の元老とともに日本南画院を結成。同人として出品する一方、その運営にあたる。同院は昭和11年に解散となったが、松林桂月、矢野橋村らとともに35年日本南画院を再興、理事長となった。また大正12年中国を巡遊して以後、たびたび中国、朝鮮半島に渡航。戦後43年にはアメリカ各地で講演と実技指導を行なう。日本南画院再興後は、46年パリ、47年ボストン、53年オーストラリアのシドニー、キャンベラ、58年ブエノスアイレスなどで日本南画院展を開催。このほか、57年日中国交回復10周年記念合同展、58年、60年の日ソ合同美術展、61年日中ソ三国合同展の開催など、国際文化交流にも大いに尽力した。「寒影湛」「寒風嶺」(以上40年)、「富獄騰霊」「幻想★湖」など大作を多く描き、近年は「コーカサス紀行」など、ソ連コーカサス地方の風景を描いている。51年日本学士会名誉会員となり、59年京都府文化功労賞を受賞した。没後の同年5月中国東方美術交流協会より最高栄誉賞を受賞した。

麻田鷹司

没年月日:1987/07/01

 創画会会員、武蔵野美術大学教授の日本画家麻田鷹司は、7月1日午後零時6分心不全のため、東京都板橋区の帝京大学附属病院で死去した。享年58。昭和3年8月8日京都市に日本画家麻田弁次の長男として生まれ、本名昂。父に絵を学び、京都市立美術工芸学校絵画科を経て、24年京都市立美術専門学校を卒業。この間、23年第1回創造美術展に「夏山」が入選し、同年より雅号を「鷹司」とした。25年第3回創造美術展で「ボートを造る」が奨励賞を受賞、翌26年創造美術が新制作派協会と合流し、新制作協会日本画部となって以後、同会に出品する。34年第5回日本国際美術展出品作「小太郎落」は文部省買上げとなり、35年第4回現代日本美術展「雲烟那智」は神奈川県立近代美術館賞を受賞した。42年法隆寺金堂壁画再現模写に従事し、第7号壁を担当。49年新制作協会日本画部が同協会を離脱、新たに創画会を結成して以後、同会に出品した。金箔、銀箔、金泥などを多用し、ナイーヴな感性と堅固な画面構成の風景画を制作、47年第36回新制作展「天橋雪後図」、49年第1回創画展「松嶋図」、50年同第2回「厳島図」の日本三景や、佐渡、琵琶湖、沖ノ島など各地に取材した作品を発表する。また、10年がかりの予定の京都シリーズの第1回展として56年「洛中洛外・麻田鷹司展」(洛東編)を京都の何必館・京都現代美術館で開催、洛東風景の新作10点等を発表した。この間、38年ヨーロッパ、54年日中文化交流協会代表団の一員として中国をそれぞれ旅行。54年作「雲崗石窟仏」により第4回長谷川仁賞を受賞している。また、41年武蔵野美術大学講師となって以後、43年同助教授、45年教授となり、後進の指導にあたった。『新潮』の表紙原画(53~54年)や、記念切手(59年「銀閣」、62年「奥の細道シリーズ・華厳」)なども制作。35年以来たびたび個展を開催し、52年日本橋高島屋「麻田鷹司-わが心の京都」、54年銀座松屋「麻田鷹司-今日と明日」を開催。没後63年何必館・京都現代美術館で「追悼・麻田鷹司素描展」が開かれた。画集に『麻田鷹司画集』(50年、講談社)がある。

村山徑

没年月日:1987/01/23

 日展理事の日本画家村山徑は、1月23日午後11時38分、肺気腫のため神奈川県足柄下郡の厚生年金病院で死去した。享年70。大正6年1月21日新潟県柏崎市に生まれ、本名勲。昭和10年児玉希望に師事し、18年第6回新文展に「子等」が初入選する。戦後25年、希望門下の国風会と伊東深水門下の青衿会により組織された日月社に出品、3度にわたって受賞し、委員もつとめた。また27年より日展に出品し、30年第11回日展「たそがれ」、31年同第12回「風景」など、知的で堅固な画面構成の風景画を出品。33年第1回新日展「残雪の高原」、翌34年同第2回「白浜」が、ともに特選・白寿賞を受賞する。続いて、36年第4回新日展「溜」が菊華賞、53年第10回改組日展「朝の火山」が総理大臣賞となり、59年同第16回展出品作「冠」により翌60年日本芸術院賞恩賜賞を受賞した。この間、40年日展会員、47年評議員、60年より同理事をつとめた。

向井久万

没年月日:1987/01/20

 創画会会員の日本画家向井久万は、1月20日午前2時47分、肺気腫のため東京都文京区の日本医大付属病院で死去した。享年78。明治41(1908)年12月14日大阪府泉佐野市に生まれる。大正15年大阪府立岸和田中学校卒業後、京都高等工芸学校図案科に学び、昭和4年卒業する。同年丸紅に勤務し、9年の退勤まで図案を担当した。11年西山翠嶂に入門、画塾青甲社に学ぶ。14年第3回新文展に舞妓を描いた「妓筵」が初入選し、翌15年の毎日新聞社主催紀元2600年奉祝日本画展で「新春」が佳作となる。続いて、16年長男の誕生を描いた「男児生る」が第4回新文展で特選を受賞、18年同第6回「紙漉き」も再び特選となった。戦後23年、新しい日本画の創造を目指して結成された創造美術に参加、創立会員となり、24年「娘達」などを出品する。26年創造美術が新制作派協会と合流して新制作協会日本画部となって以後は同会に出品する。この頃、26年「立像」、30年「堕ちる」など裸婦にとり組む。49年新制作協会日本画部が同協会を離脱し創画会を結成して以後、会員として同会に出品した。近年は、48年「如意輪観音」、54年第6回創画展「星宿」などのほか、「普賢と文殊」「十二天」「准胝仏母」など、古典に学んだ明快な描線による格調高い仏画に、多くの秀作を生んだ。

樋笠数慶

没年月日:1986/09/23

 日本美術院評議員の日本画家樋笠数慶は、9月23日正午、急性心不全のため東京都町田市の自宅で死去した。享年70。大正5(1916)年3月18日、香川県高松市に生まれ、本名数慶。高松第一中学校を卒業後、郷倉千靭に師事する。昭和16年第28回院展に「雨季」が初入選。戦後、日本美術院内部の研究会和泉会で、前衛芸術や抽象芸術なども研究した。31年第41回院展で「夕暉」が奨励賞を受賞し、32年第42回院展「鵜」は日本美術院賞を受賞。続いて、33年同第43回「白映」が日本美術院次賞、35年第45回「華翳」が奨励賞、36年第46回「春雪」は再び日本美術院賞を受賞し、36年日本美術院同人に推挙された。自然の移ろいを静視した風景・花鳥画を描き、37年第47回院展「懼」、38年第48回「神話」などを出品。47年第57回「暉晨」が内閣総理大臣賞、58年第68回「春潮」は文部大臣賞を受賞した。また日本美術院評議員をつとめていた。

to page top