本データベースは東京文化財研究所刊行の『日本美術年鑑』に掲載された物故者記事を網羅したものです。(記事総数 2,817 件)





津高和一

没年月日:1995/01/18

 大阪芸術大学名誉教授の洋画家津高和ーは1月17日の兵庫県南部地震のため倒壊した家の下敷きになって死去したことが、18日に確認された。享年83。明治44(1911)年11月1日兵庫県西宮市高木西町9番6号に生まれる。昭和2(1927)年、詩作を始め、個人雑誌「貌」を創刊。同7年篠山衛生病院に衛生兵として入隊し、翌年ハルピン陸軍病院に派遣される。同11年より13年まで結核のため療養生活を送る。この間同12年詩誌「神戸詩人」の同人となる。同14年頃より絵にも興味を抱き、大阪中之島洋画研究所で学ぶ。同18年召集により満州に派遣される。戦後同21年第1回行動美術協会展に「黄昏の車庫裏」を出品。同25年行動美術関西展に出品して友山荘賞を受賞。同26年第6回行動展に「母子像」を出品して、評論家今泉篤男などにより注目される。同27年第7回行動展に「埋葬」を出品して同会会員となる。翌年第4回秀作美術展に「埋葬」を出品するとともに第1回ゲンビ展(現代美術懇談会)に出品する。同30年大阪大丸で「詩と造形」展を開催し、第3回日本国際美術展に出品。また、同年吉原治良、須田剋太、八木一夫らと国際アートクラブ関西支部を創立。戦後のアンフォルメル運動の隆盛を背景に、書との関連などから国際的に興味を抱かれた津高の作品は同31年東西交流アメリカ巡回展、スミソニアン・インスティテューションをはじめアメリカを巡回した「日本現代美術6人展」にも出品された。同32年第4回サンパウロ・ビエンナーレに出品。同年神戸そごうで「津高和一自選展」を開催する。同33年「日本現代美術展」のヨーロッパ巡回展に出品。また同年第3回現代日本美術展で優秀賞を受ける。同34年中南米に旅行し、サンパウロ、リオデジャネイロ、ブエノスアイレスなど各地で個展を開催。同35年ニューヨークのグッゲンハイム賞美術展に出品する。同37年より56年まで毎年秋自宅の庭で「対話のための作品展」を開く。同37年渡欧しミラノ、トリエステで個展を開催。同40年行動美術協会を退会する。また同年作品・エッセー集『美の生理』(天秤パブリックス)を刊行。同43年大阪芸術大学美術学科教授となる。同44年および45年、ブラジルへ旅行し、各地で個展を開催。同46年ブラジルへ旅行しサンパウロに滞在する。同50年兵庫県立近代美術館で「抽象の四人-須田剋太・津高和一・元永定正・白髪一雄」展、同54年米国ワシントンのフィリップス美術館で「岡田謙三・篠田桃紅・津高和一」展、同年大阪グランドギャラリーで「岡本太郎・元永定正・津高和一」展、同58年和歌山県立近代美術館で「津高和一・泉茂・吉原英雄」展、同63年東京池袋西武百貨店で「透明な抽象空間-津高和一展」が開催される。詩画集『動物の舌』(亜騎保・津高和一共著)(昭和36年)、素描集『架空通信』(同51年、石版画集『無の空間』『対位する空間』(二部集、同51 年)、画と論『騙された時間』(同53年)、詩画集『鳥の眼』(同61年)、画集『津高和一作品集(もうひとつのコスモス)』(同62年)がある。1950年代の初頭までは具象画を措いたが、その頃からすでに対象の形態を簡略に線でとらえ、色面と線による画面構成を行っており、以後、それが独特の詩情ある抽象画へと展開した。同60年大阪芸術大学名誉教授となり、平成3年国立国際美術館で大規模な回顧展を開催。西宮大谷記念美術館で個展を開催する準備を進めている中での被災であった。

清水錬徳

没年月日:1995/01/13

 独立美術協会会員の洋画家清水錬徳は、1月13日午後8時、急性心不全のため新宿区の聖母病院で死去した。享年90。明治37(1904)年2月1日石川県小松市龍助町に生まれる。本名貞吉。大正15(1926)年、上京して本郷絵画研究所で岡田三郎助、満谷国四郎に師事し、昭和3(1928)年同研究所を修了。同4年の第4回一九三O年協会展に「久世山辺」、「郊外」が初入選、また翌年の第17回二科展に「麹町風景」が入選。同7年の第2回独立展に「ニコライ堂を望む」を初出品以来、同展に入選をかさね、同15年の第10回展では、協会賞を受賞。戦後の同25年に同協会会員となり、また東洋美術学校教授もつとめ、平成4(1992)年に同協会会員功労賞を受けた。初期から、日本的なフォーヴィスムといわれるような主観的な自然観賞による風景画を多く描き、独立展最後の出品となった平成6(1994)年の第62回展の「夏山・駒ヶ岳(日野春)」まで、雄大な景観を重厚なマチエールで表現しようとした山岳風景を描きつづけた。

小川光晹

没年月日:1995/01/12

 同志社大学教授、環太平洋学会長の美術史家小川光晹は1月12日午前1時15分、脳こうそくのため京都市左京区の石野病院で死去した。享年69。大正15(1926)年1月3日奈良市登大路59番地に生まれる。父は美術写真家の草分けのひとりで飛鳥園を営んだ小川晴晹。奈良県立師範学校附属小学校、奈良県立郡山中学校を経て、昭和19(1944)年8月第二早稲田高等学院文科を卒業。早稲田大学文学部に入学するが、同21年3月に中退。同志社大学文学部に入学し、同25年に同大学を卒業する。在学中は思想史家、石田一良に師事した。同24年東山高等学校教諭となり、翌年奈良県立奈良高等学校へ移ったが、同26年同志社大学文学部助手となり、同29年専任講師、同34年助教授、同40年教授となった。同41年5月より11月まで外遊し、主に米国ボストン美術館で調査・研究にあたった。主要論文に「法隆寺夢殿救世観音像」(『文化史学』3号、昭和26年)、「白鳳彫刻の成立」(『文化学年報』第6 昭和32年)、「古墳と埴輪」(『文化学年報』第7 昭和33年)、「美術史と時代区分」(『文化史研究』9号 昭和34年)、「古代の肖像彫刻に現われた歴史意識』(『日本における歴史思想の展開』至文堂 昭和36年)、「天平様式の成立について」(『日本文化史論集』 昭和37年)、『奈良美術史入門』(飛鳥園 昭和34年)などがある。文化史的観点から仏像等を中心に日本美術史を論じ、晩年は環太平洋地域という新たな視野での調査・研究に従事したほか、博物館学的見地からの論考も多数ある。著作目録は『博物館学年報』27 号(1995年12月)に詳しい。

吉岡道隆

没年月日:1995/01/02

 筑波大学名誉教授、東京家政学院大学教授のデザイン家吉岡道隆は1月2日午後10時20分肺がんのため東京都港区の病院で死去した。享年70。大正13(1924)年4月22日新潟県高田市大手町250番地に生まれる。昭和21(1946)年東京美術学校工芸科漆工科を卒業して同研究科に進学。同22年第3回日展に「柳文文具飾箱」で初入選、同23年第4回日展には「棚」、同24年第5回日展には「金属漆器盛器」、同25年第6回日展には「漆器装飾壁面」、同27年第7回日展には「PORTABLE RADIO」、同27年第8回日展には「装飾壁面ノ部分 昼と夜」を出品した。また、同22年4月より30年5月まで東京国立博物館学芸部工芸課漆工室に勤務。この間同26年4月より同30年5月まで文化財保護委員会無形文化課工芸技術部員をもつとめる。同29年5月渡米しクランプルック・アカデミー・オブ・アーツに入学して同30年に同校を卒業。同年米国シカゴのイリノイ工科大学大学院で工業デザインを学び、同33年6月同校より工業デザインの修士号を受ける。同34年千葉大学工業短期大学部助教授となり、同35年同大工学部助教授となる。同年11月より翌36年5月までイタリアに滞在してイタリア共和制百年記念国際博覧会日本館の展示にあたる。同37年同大工学部教授となり機器意匠学を担当する。同38年7月より11月まで中国に滞在して同地の工業デザインについて調査し、同40年『中華民国に於ける産業開発と工業意匠の教育の計画』を刊行する。同51年筑波大学芸術学研究科教授となり生産デザインについて講ずる。同63年同大を退職し、同名誉教授となり、また同年より東京家政学院大学人文学部工芸文化学科教授となった。同40年から51年まで日本インダストリアル・デザイナー協会理事、同49年以降日本デザイン学会理事をつとめ、同46年から58年までは優良デザインに与えられるGマーク商品審査をつとめた。

浜口隆一

没年月日:1995/01/02

 建築評論家の浜口隆一は1月2日午後7時心不全のため静岡県掛川市亀の甲の自宅で死去した。享年78。大正5(1916)年3月26日に東京に生まれる。昭和13(1938)年東京帝国大学工学部を卒業して同校大学院へ進学する。近代建築史を中心に研究し、同19年『新建築』に「日本国民建築様式の問題」を発表。同23年東京大学建築学科助教授となり、のち日本大学教授となる。同26年アメリカにわたり、建築雑誌の編集にたずさわる。同27年日本の現代建築に関する著書『ヒューマニズムの建築』を刊行。建築評論家の先駆として注目され、以後建築ジャーナリズムの中心的存在として活躍した。同42年『現代建築の断面』を刊行。日本サイン学会会長、社団法人日本サインデザイン協会顧問をもつとめた。近年はネオンサインや看板などを含めた都市景観について発言していた。

佐藤亜土

没年月日:1995/01/01

 洋画家の佐藤亜土は、1月1日午後0時37分、心不全のため東京都港区の病院で死去した。享年58。昭和11(1936)年神奈川県横浜市に、画家佐藤敬、声楽家美子の長男として生まれ、同35年に慶応大学文学部美学美術史科を卒業。同37年に渡仏、以来パリで創作活動をつづけた。国内では、村松画廊、ギャルリーワタリ等で個展をかさね、同59年開催の吉井画廊の個展では、九州の装飾古墳の文様から触発されたシリーズ「古墳時代」をさらに展開し、土俗的な形態をモチーフに、明快な色彩と曲線による抽象絵画を発表した。また、同年にはグランパレ美術館、東京都美術館で開催された第10回日仏現代美術展においてフィガロ賞第一席を受賞。ほかに、写真家篠山紀信、作家の石川淳とともに版画集『巴里』を制作した。

to page top