村松乙彦

没年月日:1983/10/13
分野:, (日)

 日本美術家連盟監事、日展評議員の日本画家村松乙彦は、10月13日午前2時45分、腹膜炎のため東京都大田区の東邦大学医学部付属大森病院で死去した。享年71。大正元(1912)年9月26日愛知県北設楽郡に生まれる。静岡県立浜松第一中学校を卒業後、太平洋美術学校油絵科に学ぶが中退、日本美術学校日本画科を卒業する。児玉希望に師事し、昭和16年第4回新文展で「珊瑚礁の渚」が初入選、戦時中は海軍報道班員として活動した。戦後同21年第2回日展より出品し、同24年第5回日展「浮嶋の朝」同26年第7回日展「快晴」は共に特選を受賞する。翌年無鑑査、同28年より依嘱出品となり、同33年第1回新日展で委員、同35年審査員をつとめ、同37年日展会員となった。この後たびたび審査員をつとめたが、同41年より評議員となり、「月の庭」(1969年改組第1回日展)「しれとこ」(1973年5回日展)等を発表している。風景を背景に置いた穏健な人物画をよくした。同36年に1年間渡欧、また日本美術家連盟の監事をつとめた。

出 典:『日本美術年鑑』昭和59年版(317頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
to page top