和田金剛

没年月日:1982/12/08
分野:, (彫)

 日展評議員の木彫作家和田金剛は、12月8日心不全のため東京都大田区の田園調布中央総合病院で死去した。享年75。明治40(1907)年7月23日静岡県沼津市に生まれ、静岡県立韮山中学校を卒業。昭和8年第14回帝展に「星河」が初入選し、以後帝展、新文展に出品、同16年の第4回新文展に「海紅」で特選を受けた。戦後は日展に出品し、同45年第2回日展に「幻花」で文部大臣賞を受賞。この間、同33年日展会員となり、同39年日展評議員となる。日展への出品作に、「杜の精」(同21年)、「たそがれ」(同33年)、「人」(同39年)、「祈り」(同53年)などがある。

出 典:『日本美術年鑑』昭和58年版(288頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2016年11月15日 (更新履歴)
to page top