原弘

没年月日:1986/03/26
分野:, (デ)

 わが国のグラフィック・デザインの草分けで武蔵野美術大学名誉教授の原弘は、3月26日午前7時、心不全のため東京都新宿の自宅で死去した。享年82。明治36(1903)年6月22日長野県飯田市に生まれ、大正10年東京府立工芸学校を卒業。同校で印刷を学び、タイポグラフィーの研究に従事する。同13年村山知義らの三科公募展に出品。同14年「Die Neue Typographie」を翻訳自費出版する。バウハウスやロシア構成主義に興味を抱き、グラフィック・デザインにおけるエレメントの構成を日本に紹介して日本のモダン・デザインを主導した。昭和5年花王石鹸新製品パッケージ図案指名コンペで採用される。同8年写真家名取洋之助が設立した日本工房に参加。同12年パリ万博、14年ニューヨーク万博の写真大壁画を担当する。16年東方社に参加し、宣伝雑誌「FRONT」の図案、構成に従事。戦後23年より武蔵野美術大学で教鞭をとるほか、日本宣伝美術会中央委員、日本デザインセンター取締役などを歴任した。東京オリンピックのグラフィック計画に参加したほか、書籍装幀にすぐれ、ライプチヒ書籍美術賞のほか、昭和28年には『世界の現代建築』の装幀で文部大臣装幀美術賞を受賞している。著書に『グラフィック・エレメント』などがある。

出 典:『日本美術年鑑』昭和62・63年版(318頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
『日本美術年鑑』に収録されている以下の記事にも「原弘」が含まれます。
to page top