大久保実雄

没年月日:1977/11/28
分野:, (洋)

 洋画会、二紀会理事、武蔵野美術大学評議員大久保実雄は、11月28日悪性リンパ腫のため東京立川市の立川共済病院で死去した。享年66。明治42年2月20日佐賀県伊万里市に生まれ、昭和8年帝国美術学校本科を卒業、同12年第8回独立展に「海浜」が初入選した。戦後は、同25年第4回展から二紀展に出品し同32年同人となり、同35年第14回展に「赤牛の群れ」「黒牛の群れ」を出品し同人優賞を受け翌年二紀会委員となった。同46年第25回展には「サーカスの人たち1」「サーカスの人たち2」を出品して鍋井賞を受賞、翌年二紀会理事に加えられ同50年「冬日」「絵のある部屋で」を出品し菊華賞を受賞した。また、この間武蔵野美術大学評議員をつとめた。二紀展への出品作には、他に「曲馬出場」(第11回)、「対話」(第19回)、「夜の家族」(第26回)などがある。

出 典:『日本美術年鑑』昭和53年版(286頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
to page top