古家新

没年月日:1977/11/29
分野:, (洋)

 洋画家、行動美術協会創立会員古家新は、11月29日急性肺炎のため大阪府池田市の市立池田病院で死去した。享年80。明治30年6月19日兵庫県明石市に生まれ、京都高等工芸学校図案科を卒業。大正10年大阪朝日新聞に入社し、学芸部に所属、挿絵、スケッチ等を手がけた他、現在も用いられている週刊朝日の表紙文字を残し、昭和16年退社した。この間、大正15年第13回二科展に「入江」と他1点が初入選し以後同展への出品を続け、昭和12年二科会会友に推挙され、「夕月」他を出品同16年会員となりこの年の第28回展に「桜と城址」他を出品、同16年会員となりこの年の第28回展に「桜と城址」他を出品した。また、昭和3年から翌年にかけて渡欧、仏、伊、蘭等に滞在した。戦後は、同20年11月に結成された行動美術協会に創立会員として参加、翌年の第1回展に「霧」など3点を出品、以後同展へ出品を続けた。同36年には小豆島にアトリエを設け、以後の制作はこのアトリエでなされた。同36年、大阪市民文化賞を、翌37年には大阪府芸術賞を受賞、同51年には紺綬褒章を受けた。また、没後梅田近代美術館主催で遺作展(同53年10月31日-11月19日)が催された。行動展の出品作には、他に「波野」(第10回)、「早春の段々畠」(第18回)、「日の出」(第24回他)などがある。

出 典:『日本美術年鑑』昭和53年版(286頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
『日本美術年鑑』に収録されている以下の記事にも「古家新」が含まれます。
to page top