田中塊堂

没年月日:1976/02/01
分野:, (書)

 日展評議員、帝塚山学院大学教授文学博士田中塊堂は、2月1日、胃ガンのため大阪市の関西電力病院で死去した。享年79。本名英市。明治29(1896)年2月10日、岡山県小田郡に生まれた。大正11年大阪貿易語学校英専科卒。同13年川谷尚亨に師事し書を学んだが、かなは独学で古筆を研究した。相沢春洋と親しく、田中親美とも交遊があった。昭和6(1931)年泰東書道院第2回展から連続3回特選となり、同13年泰東書道院審査員、日本書道院審査員、14年平安書道会審査員、23年毎日書道展審査員、26年日展審査員を経て32年日展評議員、34年日本書芸院理事長となった。自らは千草会を主宰し、季刊誌「かな研究」を刊行した。その間、大阪女子商業学校、帝塚山学院高等女学校教諭をつとめ、41年帝塚山学院大学教授となった。古写経の研究でも知られ、昭和36年「写経史の研究」によって文学博士(竜谷大学)となった。35年大阪芸術賞、40年芸術院賞、50年勲三等瑞宝章を受賞した。代表作は「浜木棉」(38年毎日展出品)、著書に「日本写経綜鑒」(昭和28年 三明社刊)、「日本書道史」(昭和42年 仏教大学刊)「現代書道教室・田中塊堂」(昭和46年 筑摩書房刊)「日本古写経現存目録」(昭和48年 思文閣)などがある。

出 典:『日本美術年鑑』昭和52年版(271頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
『日本美術年鑑』に収録されている以下の記事にも「田中塊堂」が含まれます。
to page top