水野清一

没年月日:1971/05/25
分野:, (学)

 文学博士、京都大学名誉教授水野清一は5月25日、肝硬変のため京大病院で死去した。享年66才。明治38年3月24日神戸市に生れた。昭和3年京都大学文学部史学科卒業。4年4月より6年まで北京留学。6年1月京都市東方文化研究所研究員。同所員として昭和11年ごろから20年まで中国の竜門石窟、大同、雲崗の発掘調査に従事した。23年京都大学人文科学研究所教授。26年雲崗石窟の研究で朝日賞、27年同研究で学士院恩賜賞を受賞。「仏教芸術」編集委員。43年京都大学停年退職。「響堂山石窟-河北河南省境における北斉時代の石窟寺院」(長広敏雄共著、京都、東方文化学院京都研究所 12年)、「竜門石窟の研究」(長広敏雄共著 京都、東方文化学院京都研究所 16年)、「雲崗石窟-西暦五世紀における中国北部仏教窟院の考古学的調査報告、東方文化研究所調査、昭和15年-20年、」(長広敏雄共著、京都、京都大学人文科学研究所 26-30年)など編著書論文の数は多い。詳しくは退官記念論文集「中国の仏教美術」(平凡社、43年)参照。

出 典:『日本美術年鑑』昭和47年版(84頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
『日本美術年鑑』に収録されている以下の記事にも「水野清一」が含まれます。
to page top